大人のニキビは老化のしるし?!

一般的には、ニキビの原因は皮脂の出すぎや肌のお手入れ不足だと言われまが、「ニキビの原因は体内の炎症が原因である」と主張する2011年の論文(ソース)が興味深いです。

本当は腸の不調がニキビの原因だということです。

消化器系の不調がニキビの原因

これはニューヨーク州立大の論文で、過去70年のデータをもとに、体内の炎症とニキビの関係を分析したものです。

ポイントは、

  • ニキビに悩む人には、便秘や口臭、逆流性食道炎といった消化器系の病気も多い。
  • 胃酸の分泌が少ない人ほどニキビが多くなる傾向がある。胃酸が少ないと腸内で悪性のバクテリアが増殖し、リーキーガット(腸に細かな穴が開く現象)を引き起こす。
  • リーキーガットが悪化するほどニキビはひどくなっていく。
  • ロシアで行われた研究によれば、ニキビ患者の54%に腸内フローラの異常がみられた。
  • 西洋スタイルの食事は食物繊維が少ないため、腸内の善玉菌が減ってしまい、その結果としてニキビが起きやすくなる。
  • プロバイオティクスにはインスリン抵抗性とニキビを治す効果がある。

となっています。

万病の元リーキーガットって何?

ニキビは体内で老化が進んでいる兆候

以上のことから、ニキビがどうやってできるかと言うと、

  1. 砂糖や脂肪が多くて食物繊維が少ない加工食品を食べる
  2. 腸内で悪性のバクテリアが繁殖
  3. リーキーガットが発生して体内に毒素が流れだす
  4. 全身に慢性的な炎症が起き、同時に酸化ストレスとインスリン抵抗性が増える
  5. 体のストレスに反応して皮脂の分泌が上がる
  6. ニキビができる

という流れになっています。

慢性炎症と酸化ストレスとインスリン抵抗性は全身の劣化を速める3大要素なので、大人のニキビは体内で老化が進行している兆候と言えます。

あらゆる不調を引き起こす「慢性炎症」とは?

ニキビを止めるには炎症と腸内環境を同時に対策

この悪循環から来る慢性炎症を改善するには、体内の炎症を最低限に抑えながら、腸内環境を改善していくのが良いです。

慢性炎症の対策としては、やはり食事からですから、抗炎症効果の高い食品を摂っていくのが一番です。

アンチエイジングに良い食品10選

また、同時に腸内環境の改善については、以下の記事を参照してみてください。

微生物と上手くやっていこう!

とにかく、ニキビができたら体内で老化が進んでいる可能性があるので、早めの対処をおすすめします。

老けた見た目になるストレスはお金の悩みだ!

老化の原因はいろいろありますが、「見た目」へのダメージが大きいのが、紫外線とストレスです。
紫外線による光老化の問題については、アメリカ皮膚学会の見解(ソース)などが参考になりますが、ここではストレスの話です。

当然ながらメンタルと見た目は密接につながってまして、若作りをしたり、自分は若いと思うだけで、実際にカラダの老化が遅くなっていきます。(ソース

若作りはアンチエイジングである!

2016年に出た論文(ソース)では、「もっとも見た目が老けるストレスはお金の悩みである!」研究結果があります。

ストレスといっても、「仕事のストレス」や「対人ストレス」などいろいろありますが、果たしてどれがもっとも見た目によくないのかを調べています。

これはブランダイス大学の研究で、200人の男女を対象にしたものです。1995年と2005年に全員の顔写真を撮影して10年間の老け具合をチェックしたうえで、さらにストレスのタイプとレベルを調べました。

結果は、

  • 金がなくて悩んでいる人ほど見た目が老けやすい!
  • ほかのどのストレスよりも、お金のストレスがもっともダメージが大きい!
  • お金に困ると、実年齢よりも老けてみられがちである!

となっています。

どんなストレスも良くないものの、金銭面のストレスが群を抜いて悪影響が大きかったようです。

この理由としては、

  • 大半の人にとっては、お金に関するストレスがもっとも心理的な負担が大きいから
  • お金に困ってる人は自分の身なりに構わなくなりがちだから

の2つが考えられています。

研究者によれば、

” 経済的なストレスが大きい人は、自分のルックスを注意を払わなくなりがちである。さらに、ストレスそのものが老化を加速させる。

実年齢よりも老けて見られると行動やライフスタイルが変わり、健康にまで悪影響が出てしまう。”

ということです。

見た目が若いお金持ちが多いのは、たんに身なりに金をかけられるだけでなく、ストレスによる老化の影響を受けにくいのが理由なのですね。

やはり経済的な自由はアンチエイジングにも重要ということです。

塩分の摂りすぎで体内が老化する!

そもそも塩のとり過ぎが良くないというのは常識で、昔から高血圧や心疾患の原因になると、言われ続けてきました。

が、ここ数年はさらに「塩分はやばい」というデータが増えてきて、

2015年の研究(ソース)は、ミュンヘン大学などのチームが行ったものです。

国際宇宙ステーションを模した閉鎖環境で実験

この研究がおもしろいのは、「マーズ520」という、将来の火星有人探査のために作られたロシアの実験場で、国際宇宙ステーションに似た環境で8カ月ほど暮らして様子をみるための施設を使って実験しているところです。

「マーズ520」での被験者は6人で、30日から60日ごとに違う塩分量で過ごしてもらっいました。

従来の調査は、アンケート調査から塩の摂取量を推定したものが多いので、そのへんは信頼感がなかったのですが、この実験は参加人数は少ないものの、特殊な環境で条件をコントロールできるので、非常に信頼性は高いと言えます。

1日12gの塩分で体内の老化スピードが激増

この実験では、1日の塩の摂取量を3パターンで調整していて、

  1. 6g
  2. 9g
  3. 12g

という感じで過ごしてもらいました。そのうえで参加者の血液を調べたところ、

  • 1日12gの塩分を摂ったら免疫細胞の数が激増!
  • 逆に1日6gにしたら炎症性サイトカイン(IL-6とかIL-23とか)が激減!
  • さらに、塩分を減らすほど抗炎症作用があるIL-10が増加!

という違いが出たそうです。

つまり、塩を減らせば減らすほど炎症が減ったわけですね。炎症については、昨日記事を書いているので参照してみてください。炎症が慢性的になると、あらゆる病気の元になります。

あらゆる不調を引き起こす「慢性炎症」とは?

塩分の摂りすぎはアレルギー体質も悪化

いまの日本人は男性が平均で1日11.3g、女性が9.6gの塩分を摂ってたりします。

この実験に照らせば、大半の人は塩の摂りすぎで体が老化してる可能性があります

これはたった6人の実験ですが、WHOなども「塩分は1日5gまで!」と言ってるので、減塩を心がけたほうがいいのは間違いなさそうです。

さらに、塩分と炎症の関係については、2016年にクリーブランド クリニックがレビュー論文(ソース) を出していて、研究者によれば、

” 塩分を摂りすぎると、マクロファージ(M2)の活性が妨げられる。M2には組織の炎症をやわらげる機能があり、傷の治りを促進する働きがある。

また、塩分の摂りすぎはIFNγ の産生を増やすため、Tレグの働きが損なわれてしまう。これらの現象が重なって、塩分が多い状況では炎症が進むことになる。”

ということです。Tレグは、免疫の暴走を防ぐ人体システムのひとつで、つまり、アレルギー体質の人にもとくに塩分はよくないってことです。

人体は塩分に対応できていない

狩猟採集民の調査(ソース)によると、大半の部族では1日の塩分量は1g以下で、まったく塩を摂らない日も珍しくないそうです。

人類がこんなに塩を摂るようになったのは最近のことなので、遺伝子が対応してないのかもしれません。

塩は大事なミネラルなので、まったく摂らないのも問題ですが、とりあえず日本人は塩分が多いので減らすことを考えるのがよさそうです。

とりあえず、塩分の多い加工食品を減らすことを心がけてみたらよさそうです。

また、外食が多い場合は、まず1日10gは超えてしまいがちなので、そのときはせめて野菜を大量に食べてカリウムの摂取量を増やすのが良いと思います。

揚げ物で老化したくないならコーヒーを!

コーヒーがアンチエイジング効果があることは以前記事にしましたが、2013年に出た論文(ソース)では、「食後のコーヒーがアンチエイジングに効きまくる!」という結論になっていて、興味深いです。

コーヒーはアンチエイジングに良い!

コーヒーで体の老化が抑えられる?

これはヘブライ大学の実験で、コーヒーとマロンジアルデヒド(MDA)の影響を調べたものです。

MDAは脂質が酸化してできる成分で、老化の大きな原因のひとつと考えられています。

脂質の酸化はアンチエイジングの大敵で、サラダ油は寿命が縮むと言われるのもオメガ6が酸化ダメージに弱いからです。

酸化した脂質は体に炎症を起こして、全身を衰えさせていきます。これは、体に良いと言われるオメガ3でも酸化すると同じことが起こります。

脂質の酸化が30%も減った!

実験は10人の健康な男女を対象にしたもので、全員に以下の3パターンで食事をしてもららいました。

  1. ビーフカツだけを食べる
  2. ビーフカツを食べつつ粗挽きのトルココーヒー(200ml)を飲む
  3. ビーフカツを食べつつグリーンコーヒーパウダーを飲む

一般的に、高温で調理した料理ほどMDAの量は多いので、ビーフカツは老化の原因になりやすいと考えられるわけです。

その後、全員の血中MDAを調べたところ、

コーヒーかグリーンコーヒーパウダーを飲んだ場合は、MDAレベルが平均で最大30%減少!

という結果でした。

コーヒーのポリフェノールが、酸化を大幅に防いでくれたわけです。これは素晴らしいですね。

また、この結果を見る限りは、ハードなエクササイズをした後に体内で作られるMDA対策にも使えるかもしれません。激しい運動後にコーヒーを飲むのも良いようです。

ただし、研究者によれば「インスタントコーヒーじゃ効かないかも」とのことです。

インスタントコーヒーの抽出プロセスだと、有効なポリフェノールが減ってしまう可能性が高いということです。

これは小規模な実験なのですがが、コーヒーのメリットにMDAの抑制が関わっている可能性は高いのではないかと考えられます。

なにせ、コーヒーで消化器系の発がん率が減ったり(ソース)、2型糖尿病にかかりにくくなったり(ソース)するという研究結果がありますから、コーヒーがMDAを抑制する力があっても驚きではないです。

以上のことから、特に揚げ物などMDAの多い食事をするときは、食中か食後にコーヒーを飲むと良いと思います。

この実験ではグリーンコーヒーパウダーでも同じレベルの効果が出ているので、コーヒーが苦手な方はサプリで代用する方法もありです。