ケトダイエットをしても脂肪が燃えやすい体にはならない!

ケトダイエット VS 高炭水化物 痩せるのはどちらか?

ケト(ジェニック)ダイエットは極端な糖質制限を行います。

徹底的に糖質を減らすことでケトン体が作られ、体脂肪がどんどん燃える体になる!という理屈のダイエット法です。

糖質制限ダイエットは確かにそれなりのダイエット効果はあるのですが(ソース)、インスリンのせいで人間は太るのだという根本的な理屈に無理があって、結局は疑似科学としか言えないのでは?と考えられます。

本当に糖質制限ダイエットは痩せるの?

これも、糖質制限ダイエット(ケトダイエット)に不利なデータ(ソース)の紹介です。

これはコロンビア大学の実験で、結論から言うと「ケトダイエットをしても脂肪は燃えやすくならない!」という結果になっています。

続きを読む

緑茶とHIITがアンチエイジングの最強である!

HIITはハードな運動と休憩を交互に行うトレーニング法のことで、「脂肪が燃える」というダイエット効果がとても高い運動法です。

食欲抑制からアンチエイジングまでHIITは素晴らしい

緑茶にふくまれるカテキンには脂肪の吸収をブロックする作用があり、12週間で体脂肪が8%減少(ソース)とかEGCG(カテキンの一種)で代謝が向上(ソース)などのデータがあります。

それならば、「HIITと緑茶を組み合わせたら凄いのでは?」という発想の実験(ソース)があって、おもしろい結果が出ています。

続きを読む

女性が体を引き締めたいなら筋トレが一番

ジムに行っていると気が付くことがあります。

Zumbaなどの有酸素運動には日本人女性を見かけることがあるのですが、Strength Training(筋トレ)やHIITのクラスではほぼ見かけることはないです。

これはもしかすると筋トレをするとむきむきになるからいやだと思っているからか、単に好きじゃないからかなのかなと感じています。

同じアジア人の韓国系や中国系の女性は筋トレのクラスで見かけるので、やはり筋トレに対する抵抗があるのかもしれません。

でも女性こそ筋トレはおすすめです。

1. 女性は筋トレでムキムキにならない

どうやら「筋トレでムキムキになるのは嫌だ」という不安は根深いようで、ハリウッド女優のグウィネス・パルトロウも、筋トレでは1.5kg以上のダンベルを使わないそうです(ソース)。

それでは物を入れたバッグを持つのも大変ですね。

が、これは明確な間違いで、その理由としては、

  • ムキムキなカラダになるにはカロリーオーバーの状態を続けねばならない
  • そもそもテストステロンの量が男女でまったく違う

の2点があります。

続きを読む