10日運動をサボるだけでも脳の血流は激減する!

エクササイズすると 脳神経や機能の発達をうながすタンパク質 であるBDNFが増えて頭がよくなるということが分かってます。(ソース

ただ、「いったん運動を止めたらどれぐらいで効果がなくなってしまうのか?」」というのはまだよくわかってません。

で、メリーランド大学などが行った研究(ソース)は、「運動をやめたら何日ぐらいで脳への影響は消えるのか?」という問題を調べてくれて役に立ちそうです。

これは12人のアスリート(年齢は50才から80才)を対象にした調査で、持久系トレーニングの経験が15年以上ある人だけを選んであります。

みんな平均で週に60km近く走ってるそうで、なかなかの心肺機能の人ばかりです。

長い間エクササイズを続けている人でも運動を止めたら脳には良くないのか?ということが本研究のポイントです。

研究ではみんなに「10日間だけ絶対に運動をやめてください」と指示し、そのうえでみんなの脳の血流をチェックしました。

結果、3人がなんらかのトラブルにより試験から脱落して、最終的には9人が残ったとのことです。ちょっと少ないサンプルですが参考にはなると思います。

その結果は、

  • 8つの異なる脳のエリアの局所的な血流が低下していた(デフォルトモードネットワークを形成する脳のエリア)
  • なかでも海馬の血流が大幅に低下していた
  • ただし、認知機能については低下が見られなかった

だったそうです。

デフォルトモードネットワークは心をぼーっとさまよわせているときに活性化されるエリアで創造性などに関わっています。

年をとったり認知症にかかったりすると、このデフォルトモードネットワークの切り替えがうまく機能しなくなる傾向があるので、ここの血流が下がるってのは気になるところです。

また、海馬は記憶の形成、保存、検索に欠かせない部位で、定期的に有酸素運動をしてる人はこのエリアも大きいことがわかっています。

今回の実験で確認されたのはあくまで血流の減少だけだし認知機能も下がらなかったのですが、週に最低でも4時間の運動を15年続けてるような人でも、たった10日で大幅な変化が出たってのはちょっと怖い感じです。

1ヶ月も運動をやめたらかなりやばそうな結果が出そうです。

研究チームいわく、

” 身体活動が低下すると、加齢とともに認知障害や認知症になる可能性が高くなることはわかっている。”

” わずか10日間運動を止めただけでは認知能力が悪化するわけではないが、本研究が示唆するメッセージはシンプルだ。”

” すなわち、10日間ほど運動をやめると、私たちの脳の血流はすぐに低下する。これは心血管の健康レベルがすぐに低下してしまうのと一緒だ。”

とのことです。

とにかく有酸素運動の効果はすぐに切れてしまうので、私たちは生涯にわたって体を動かし続けねばいけないということなのですね。

ただ、この問題については逆もあって、どんなに普段エクササイズをしてない人でも、少し体を動かせばすぐに脳の血流が増強され、その効果は1日に渡って続くこともわかっています。

そう考えると、やはり運動は少しでも毎日行うのが良いということですね。