腰や肩がずっと痛い人ほど早死にしやすいって本当?

多くの人は腰や肩の痛みを経験していると思いますが、近ごろは「慢性的な痛みに苦しんでいる人ほど寿命が短い」というデータがあって気になります。

理由は明確ではないのですが、慢性的な痛みに悩む人ほど心臓病やガンで命を落とす率が高いとよく報告されています。

2021年に出たシドニー大学の研究 (ソース)は、「どうして慢性痛が早死ににつながるのか?」を調べています。

この研究は、腰痛や首、肩、股関節の痛みといった筋骨格系の慢性的な痛みに悩む人約20万人を対象にしています。

これを参加者のライフスタイルや死亡率などと比べたところ、以下のような傾向が見られました。

  • 痛みのない人に比べて、筋骨格系の痛みを持つ人は、早死にするリスクが非常に高い
  • 痛みのある部位が多ければ多いほど早死のリスクは高くなり、たとえば、肩、首、背中、膝の4つの部位に痛みがある人は、リスクが46%も高くなる

ということで、やはり慢性痛は早死にと結びついているのではないかということです。

続きを読む

痛い時はとりあえずコーヒーを飲め!

痛みを軽減してくれる飲み物とは

痛みを軽減する簡単に手に入る飲み物があります。

筋トレによる痛みや慢性痛といった痛みを軽減してくれたり、鎮痛剤の痛み止めの効果をブーストさせてくれる効果もあります (コクラン共同研究レビュー)

それはコーヒーです。

カフェインが痛み止めの効果をあげる!

カフェインには昔から痛み止めの効果を上げる作用があると言われていましたが、これがコクラン共同研究の大規模な調査でも確認されています。

この研究では、先行研究から72382人のデータをもとに鎮痛剤とカフェインを組み合わせた場合にどうなるのかを調査しました。

その結果、1回に100mgのカフェインを鎮痛剤と一緒に飲むと、痛みを和らげる効果があったと報告した人が5%から10%程度増えたのです。 続きを読む

毎朝の腰の痛み(反り腰)をストレッチで治した!

朝の腰痛の原因

たまに朝腰の痛みがもともとあったのですが、ここ数週間その痛みがひどくなって、土日にズンバを取っている時も結構辛くなってきたので、対策をしました。

朝の腰の痛みは午後になるとなくなるので何もしないままでいたらひどくなってしまったのです。

まず毎朝の腰の痛みがどこからきてるかというと、私の場合反り腰が原因です。

腹筋が弱くなり、前の太ももの筋肉(大腿四頭筋)が強く引っ張りすぎて、反り腰、骨盤前傾になっている状態です。

筋肉がアンバランスになっているせいで骨盤が前に傾いて腰が通常より反ってしまっている訳です。

反り腰だとあお向けに寝ているだけでも腰が痛むという状態で横向きに寝るしかない感じです。ひどい時は寝ていて横向きになるだけでも痛みで大変でした。 続きを読む

慢性腰痛は認知行動療法で治せる!

特に原因のない慢性の腰痛は認知行動療法で治せるという話です。

認知行動療法というのは、

ものの見方を変えてストレスを減らしていく治療法のことです。

たとえば、

仕事で失敗すると、「私はダメな人間だ」といった考え方が自動的に浮かんで気持ちが落ち込む時、

そこで「『私はダメな人間だ』という思考が浮かんだ」と考えて自分を客観視し、「誰でも失敗はある」という現実的な考え方に切り替える

といった手順で進んでいく、シンプルな手法です。

認知行動療法の効果は高い。

オックスフォード大学で行われた、過去に行われた腰痛と認知行動療法の実験1,629件から、質が高いデータだけを29件にまで絞り込んだ後、温熱治療や牽引療法、運動療法といった腰痛定番の治療法との効果を比較しました。(ソース)

その結果は、

認知行動療法は、腰の痛み、障害、生活の質などの面において、安静治療や他のガイドラインに沿った治療法とくらべても、すべての年齢層にたいして長期的に改善したのです

他の治療法にくらべても、認知行動療法の効果はかなり高いということです。 続きを読む