甘いお菓子がやめられないのはなぜ?

「甘いお菓子がやめられないのは腸のせい」という論文データ(ソース)が出ています。

多くの人が砂糖の味を好むのは、腸の影響が大きいのではないかということです。

これはコロンビア大学によるマウス実験で、結論を言うと、

腸は迷走神経を使って「もっと砂糖を!」と脳に指令を出している

ということです。

迷走神経は脳から腸のとこまで伸びる神経で、人間の感覚や運動能力をコントロールしています。

この経路を使って人間の腸が脳に命令を出してるということになります。

具体的な実験内容は、

  1. 「人工甘味料入りの水」と「砂糖水」の2つを用意してマウスたちに自由に飲ませる
  2. 迷走神経の活動をモニターして、腸から脳にどのような情報が伝わっているかを調べる

となってます。

もし人間が舌の味覚だけで砂糖を検知してるなら、人工甘味料で脳をダマすことも可能なはずです。

しかし、舌のほかにも糖分を検知するメカニズムがあるなら、マウスは人工甘味料よりも砂糖を選ぶのでは?と研究チームは推測しました。

すると結果は、やはり、以下のような現象が確認されたそうです。

  • マウスは人工甘味料よりも砂糖水を飲む傾向があった
  • 舌にある甘味センサーを削除しても、マウスは砂糖水を好んで飲んだ
  • 消化管に糖があるときにだけ作動する腸内センサーが、脳に直接信号を送っていた(糖輸送タンパク質を使っていた)
  • 腸と脳の回路を抑制することで、マウスの砂糖好きがなくなった

要するに、マウスの腸内に「本物の砂糖にしか反応しないセンサー」が見つかったわけです。

研究チームによれば、

” ダイエットソーダなどに使われる人工甘味料は、砂糖に味は似ているかもしれないが、脳は違いを見分けることができる。”

” 今回の実験は、本物の糖を感知するために、生物は2つの独立したシステムを持つ可能性を示す。ひとつは舌からの、もうひとつは消化管からの入力である。” 

” 消化管を使った回路をコントロールできれば、糖に対するわれわれの抑えられない衝動を抑制するための、より効果的な戦略が生まれるかもしれない。”

ということです。

動物実験の段階なので人間にも同じことが言えるかは分かりませんが、おそらく人間にも同じような「腸内砂糖センサー」があるのではいかと推測されます。

腸で作られたセロトニンは幸福感に影響する?!

このデータをもとに砂糖への欲望をコントロールするのはまだ難しいですが、現時点では、

  • ハチミツ、メープルシロップ、フルーツジュースなどにふくまれる添加の砂糖、高果糖コーンシロップ、天然糖などは、総摂取カロリーの5%だけというWHOの推奨ガイドラインを守る(1日2,000kcalを食べる人なら約25グラムぐらい)
  • 腸が脳を支配しているのは間違い無いし、ジャンクフードのドカ食いにも関わってる可能性があるので、とりあえず腸内環境を整えておく

などを守っていくしかないようです。

腸で作られたセロトニンは幸福感に影響する?!

腸内細菌がセロトニンを作ってそれが脳に作用し、私たちの幸福感をもたらしてくれるという説があります。

腸で作られた神経伝達物質は幸福感に影響する?!

2015年の研究ではセロトニンの90%は腸で作られるという結果があります(ソース)。

それで、人間の幸福に大事なホルモンであるセロトニンを作ってくれる腸をいたわると幸福になれるという話です。

腸内細菌がセロトニンのような神経伝達物質を作ってくれて、これが脳に作用するのではないかということですね。

ですが、反対に、腸内でセロトニンが作られるのは間違いないが、腸のセロトニンは脳の血液脳関門を通らないので、腸内セロトニンと幸福は関係が無いという考え方もあります。

第一のポイントとして、腸で作られたセロトニンが脳に届かないって話は正しいようです

脳には異物を通さないバリアがあって、関所でブロックされてしまうからです。

ですが、実はそんな単純な話ではなく、腸内環境の悪化とメンタルが連動してるというデータは多くあるので(ソース1ソース2)、2010年代に入ってから「やはり腸内のセロトニンって脳に影響しているのでは?」という研究が進んできました。

腸と幸福をつなぐ3つの経路

その代表例はUCLAのエレン・シアオ博士(ソース)で、「腸と幸福」をつなぐ経路が3つほど見つかっています。

1.セロトニンが腸から脳神経を刺激

腸には迷走神経という神経が出ていて、これが脳につながっています。

2015年の研究(ソース)によれば、どうも腸内で作られたセロトニンが迷走神経に刺激をあたえて、これが脳の視床下部に命令を出しているようです。

視床下部は、メンタルを左右するオキシトシンやエンドルフィン等のホルモンの分泌に関わるエリアです。

つまり、腸内セロトニンは血管を通って脳に行くのではなくて、脳神経に直に刺激してるわけです、いちいち血管を通すより神経を使ったほうが効率がいいですからね。

2.腸内細菌が脳にセロトニンを出すように指示!

もうひとつが、腸内細菌が脳にセロトニンを出すように命令する経路です。ざっくり説明すると、

  1. 腸内細菌が食物繊維を発酵させる
  2. 酪酸とかチラミン等の脂肪酸ができあがる
  3. 脂肪酸が血管を通って脳に作用
  4. セロトニンが増える!

という流れです(ソース)。

3.腸内細菌が免疫システムに指示

最後は、腸内細菌が免疫システムに指示を出し、それが脳まで行く経路です。セロトニンとは関係ないですが

  1. 腸内細菌が免疫細胞にサイトカイン(細胞から分泌される低分子のタンパク質)を出すように指示
  2. サイトカインが血管を通って脳に到着
  3. ミクログリア(脳の免疫系)が変化

といった感じです(ソース)。

ミクログリアは脳の神経とかに異常がないか見張る監視システムで、当然ながらメンタルヘルスには重要なものです。色々と腸内細菌が牛耳っている感じですね。

まとめると、

  • 腸内のセロトニンで幸福に!は正しい
  • 腸内細菌の支配力がすごすぎる

ということで、腸をいたわることがますます必要になってきますね。

腸を良くするとメンタルも改善する。

腸は、迷走神経によって脳につながっていて、このラインを使ってお腹から脳へご飯を食べなさいとか、脂肪を燃やしなさいという命令を出しています。

ここ数年腸内細菌の研究が進み、お腹も調子がメンタルに影響を及ぼすことが分かってます。

上海大学の研究 (ソース)で過去に研究された3334件の「腸とメンタルの関係」から質が高い21件を抜き出してまとめた系統的レビューです。

データ内容は、

1.総サンプル数は1053人
2.21件中14件はプロバイオティクスを使ってメンタルが改善するかどうかを調査
3.残りの7件はFODMAP食(難消化性の成分を排除した食事)やオリゴ糖を使って腸内環境を改善を調査

結果は、 続きを読む