一般人より脳が20才も若いスーパーエイジャーの6つの要素とは?

スーパーエイジャー」と呼ばれる老人たちがいます。

これは80才にも関わらず50〜60才の脳を保ち続けるご老人たちのことで、そういう人が一定数いるようです(ソース1ソース2)。

これらのデータは、スーパーエイジャーになるには、ちょっときついぐらいの勉強や運動をするのが良いという結果でしたが、きつめの勉強や運動って長続きしなさそうです。

2017年に出たデータでは別の経路も指摘されていて、参考になると思います(ソース)。

スーパーエイジャーはテストの得点が高かった

これはノースウェスタン大学の研究で、31人のスーパーエイジャーが対象です。

全員に対して「リフの心理的幸福感尺度(ソース)」という質問紙に答えてもらい、それぞれの幸福度を採点しました。

「リフの幸福感尺度」は42問で構成されるアンケートで、「自分の人生に責任感を持っている」や「他人から思いやりがある人間だと見られやすい」みたいな質問があります。

昔から幸福度研究の世界でよく使われてきたテストです。

結論をざっくり言うと、

スーパーエイジャーの中央値は40点だったのに対して、一般的な高齢者は36点だった

という感じです。

人間の幸福に必要な6つの要素

では、具体的にスーパーエイジャーは何が違ったのかと言うと、以下の点が平均して高くでてました。

続きを読む

仕事にやりがいを見出すには?

2007年のメタ分析(20万人以上のデータ分析)によると(ソース)、

仕事にやりがいを見い出せるには5つのポイントがあります

好きなことを仕事にするというよりはやっている仕事にやりがいを見い出せたらそれが好きな仕事になるということです。

仕事上面倒なことを減らし、やりがいを感じる5つのポイントに集中できることが大切です。

1.自治性
2.対応性
3.困難さ
4.フィードバック
5.全体性

1.自治性

自治性とは、自分の裁量でコントロールできることです。

ただの歯車になっておらず、責任を任されて仕事しているかどうかということです。とある仕事を上司から言われてやるだけなのか、裁量があるかどうかがポイントです。

フリーランスなどは自治性(コントローラビリティ)という点ではほぼマックスに近いですね。

自分の裁量次第でどうにでもなりますから、というか自分しか(!)いないので、誰にも頼れないです。

2.対応性

仕事の内容に幅があるかどうかです。

自分はこれが得意だからこういうことができるとか、得意な能力をどう生かせるか色々挑戦してみて、うまくいったらそれを仕事にする、そういう対応が可能ならばその仕事をやりがいのあるものに変えられることができるはずです。 続きを読む