臭覚は体型を保つのに重要な役割を持つ

スリムな体型を保つのに欠かせない要素はいろいろありますが、オタゴ大学の研究によると(1)、臭覚が体型を保つのに大事であるという結論になっています。

これは、「体型と臭覚覚の関係」について調べた過去のデータから1432人分のデータを抜き出してまとめたメタ分析になってます。「臭覚は人間の体型を左右してるのでは?」という考え方は昔からあって、

研究チームによれば、

” 五感のなかで、臭覚覚はもっとも理解が進んでいない要素である。が、実は臭覚こそが食事の行動に影響をあたえる不可欠なポイントである。さまざまな良い香りと不快な香りを見わけることで、食事の行動を変えていくのだ ”

とのことです。

匂いをかぐ能力によって食べたい食事の内容や量が変わり、そのせいで肥満の原因になっていくのではないかと考えたわけです。

その分析の結果は、

肥満の人が食事の香りをかぎ分ける能力は、スリムな人の嗅覚よりもかなり低い

その結果、食事から得られるさまざまな刺激の広がりがなくなり、肥満の人ほど食事の選択が貧しいものになってしまう。

肥満の人ほど塩気や脂肪分が多いものを選ぶのはそのためかもしれない。

ということでした。

どうも太った人ほど鼻が効かず、「いい香り!」と「嫌な臭い!」ぐらいの雑な嗅ぎ分けしかしないらしいです。

” 臭覚は味覚よりも複雑な感覚である。たとえば、一杯のコーヒーでも、300以上の揮発性物質が組み合わさり、独自の香りを生み出している。その物質のひとつひとつが鼻腔内のレセプターに影響をあたえる。”

よく「食品の味は8割以上が香りで決まる」などと言いますが、実際に毎日の食事に臭覚があたえる影響は大きいのかもしれません。

” あなたがレモンを食べたとき、口のなかで味わったと思うだろうが、実際にレモンを判断しているのは鼻なのである。 

臭覚が衰えれば、食品から得られる喜びも減る。それが、さらに味覚への偏りを生んでしまう。”

つまり、臭覚が減ったせいで料理の微妙な違いを見抜けなくなり、より塩辛いものや、甘いものみたいに味のきついものしか食べなくなっていくわけですね。

ちなみに、臭覚の重要性については、

  • 匂いをかぐ能力が下がると体を壊す(ソース
  • メンタルを病むと嗅覚が衰える (ハインリッヒ・ハイネ大学の論文)

という話もあって、臭覚は体型やメンタルに影響を与えているようです。臭覚が最近落ちたなという人は気を付けてください。