Firebase のデータベース(Firestore)を使ってみた。

以前Firebaseを使ってStaticなWebsiteを作りましたが、今回はFirestoreというクラウドデータベースを使ってみました。出来上がりが以下のようになります。

1.FirebaseでProjectを作成

2.Databaseを作成

3.Databaseへのアクセス設定

1.FirebaseでProjectを作成

firebase.google.comにアクセスしてログインした後

Go to consoleでコンソールにいき、Add project でプロジェクトを作成します。

2.Databaseを作成

プロジェクトを作成した後、データベースをクリックすると、cloud Firestore  かRealtime Databaseの選択が出てくるので最新のCloudの方を選びます。

Continue reading “Firebase のデータベース(Firestore)を使ってみた。”

FirebaseでWebサイトを公開するには

1. Firebaseのベネフィット

2. FirebaseでWebサイトを公開するステップ

2-1. node.js をダウンロード
2-2. node.jsをインストール
2-3. Firebase CLIをインストール
2-4. Projectを作成
2-5. Firebaseへログイン
2-6. ProjectをInitialize
2-7. Deployment

3. まとめ

1.Firebaseのベネフィット

  • ただであること(1GB までの file storage と 毎月10GB のデータトランスファー )
  • 簡単にSecureなWebサイトを作成できる。SSLがビルトインされているのでConfigurationの必要がない。
  • Realtimeデータベース(クラウド):自分のDBを作ったりFrameworkとしてAPIを使わなくてもよい。
  • ストーレージが良い。安全なファイルトランスファーやFirebaseのAppをダウンロードできる。
  • App Indexing:簡単にGoogle searchのIndexが作れる機能
  • Cloud messeging:メッセージの送信にコストがかからない。
  • 注意: Firebase Hostingはサーバサイドのコーディング(PHPの実行)が出来ない(しなくていい)のでWordpressはインストールできないです。

2.FirebaseでWebサイトを公開するステップ

2-1. node.js をダウンロード する。
node.jsとはオープンソースでサーバサイドでjavascriptを実行できます。プラットフォームは選びません。 nodejs.org/en/downloadから自分のプラットフォームに合わせてダウンロードします。私は Windows Installer (.msi) の64ビットを選択しました。

2-2. Node.js のインストール
次にダウンロードしたnode-v10.15.3-x64.msi(私の場合)をダブルクリックしてインストールします。

続きを読む