超常刺激 Superstimulusを減らせば人生が変わる?

私達の脳は大昔の時代の脳とさほど変化していません。でも人間は急速に文化を発展させてきたことで私達の脳が対処できない刺激が多くうまれたと言われます。

太ったり、鬱になったり、糖尿になったりという現代病は昔、狩猟をしていたころにはなかった病気です。

脳が処理できない超常刺激にさらされすぎてしまって脳が必要以上に興奮してしまい休まる時期をうしなって鬱になってり落ち込んだりするのではないかと考えられています。

これらを少しづつでもいいので減らしていけばまた脳が休まり私達の心も落ち着くのではないでしょうか?

以下が減らしたい超常刺激と呼ばれること、ものたちです。

1.ジャンクフード
2.インターネット
3.ポルノ
4.ブルーライト
5.テレビ・ゲーム

1.ジャンクフード

ハーバード大学の教授ディードりバレットさんが「加速する肥満」の中で、人間はこの超常刺激のせいで脳や精神が壊れてしまい太ったり不健康になるのではないかと言っています。

続きを読む