年収1000万円を超えると幸福度は上がらないってほんと?

ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか? 」で有名なカーネマン博士は、「年収75000ドルで人間の幸福は頭打ちになる!」という有名な研究をしています。

物を買って得られる幸福には限度があるので、それ以上はいくら稼いでも無駄ではないのか?ということです。

2018年に出た論文(ソース)は、この有名な研究をさらにくわしく調べています。

これはアメリカ、パデュー大学の研究で、ギャロップ社が164カ国から集めた約170万人のデータを使ったものです。

ざっくり言うと、全員に「人生にどれぐらい満足してますか?」とか「幸福ですか?」と聞いたうえで、それぞれの年収と比較したものです。

これを各国の購買力であわせて最終的な結論を出しています。

カーネマン博士の論文は45万人ぐらいが対象なので、サンプル数はだいぶ増えてますね。

年収1000万が人生の満足度の限度

結論を言うと、

感情の幸福は年収60000から75000ドルで上限に達する!

ということで、これはカーネマン博士の結論とほぼ同じです。

1ドル113円で考えると、だいたい680万〜850万円ぐらいが幸福のマックスということになります。

続きを読む

暗号通貨への投資はどんなものがあるの?

以前暗号通貨への投資の話をしましたが、最近私がやっていることを紹介したいと思います。

CryptoCurrency(暗号資産)に投資する!

Defiでステーキングする

以前にも書いたようにbeefy financeに$CAKE(パンケーキスワップのトークン)を年利72%で預けています。$CAKEの値段が下がってもコイン自体が増えていくので全く問題ないですね。

これはPancakeSwapでPoolというところに預けてもほぼ同じですが、Beefyのほうがやや利率が高いのでBeefyに預けています。

3月ぐらいから始めて2.7倍ぐらいになっています。

BlockFiに預けて利子を得る

これは以前説明しましたが、ビットコインを主に預けて利子を稼いでいます。

残念ながらあれから利率は悪くなって多く預けても大したことないので入れている量は変えていません。

$ETH(Ethereum)を追加しました。年利5%です。$ETHはビットコインについでマーケットキャップが多く、最近ビットコイン同様最高値を更新しています。

他のアルトコインに比べればかなり有望なコインです。

BlockFiへのリンク

KuCoinでレンディングする

KuCoinは暗号通貨の取引所で、ここではコインを預けて利子を稼いだりできます。

私は$CAKEを$USDTにスワップして、KuCoinに移動させたあと、レンディングという$USDTを貸して利子を稼いでいます。

大体20%から30%プラスぐらいの利子です。自分で最低の利子をセットし自動でレンディングしてくれるので便利です。

$USDTというのは、Tether 社がUSドルと同様の価値をバックアップしたコインです。ほぼドルと考えてよいです。

もちろん、皆が$USDTをドルに一気に変換して引き出そうとしたら、できなくなるというリスクもあります。

続きを読む

マインドフルネスは損切りの判断を上手くしてくれる!

マインドフルネスの利点については過去にいくつか記事を書いていますが、 「マインドフルネス瞑想が人間の不合理な判断を減らしてくれる!」って研究(ソース)も面白いので紹介します。

マインドフルネスを生活に取り入れる!

この研究で言う「不合理な判断」というのは、俗にいうサンクコスト(既に投資した事業や物から撤退しても回収できないコスト)のことです。

行動経済学や投資の世界でよく出てくる言葉で、例えば2000円で買った本がすごくつまらなかったのに、せっかく金を出したのだからと最後まで読んでしまって時間を無駄にするような心理のことです。

よく言えば「もったいない精神」、悪く言えば「貧乏人根性」と呼べます。

続きを読む

金融資産のポトフォーリオはどんな割合?

皆さんの金融資産のポトフォーリオはどうなっていますか?

2020年8月の日本銀行調査統計局 の資料によると、日本、アメリカ、ヨーロッパの家計の金融資産の割合は以下のようになっています。

現金・預金 株式・投資託・債券等 保険・年金その他
日本 54% 14% 32%
アメリカ 14% 51% 35%
ヨーロッパ(ユーロ圏) 35% 28% 37%

日本とアメリカを比べると現金と株式・投資信託・債券等の比率が逆転していて、日本の家計資産にしめる株式・投資信託・債券等の割合は、14%とヨーロッパの35%に比べてもかなり低いですね。

日本でも株や投信などに投資している人が増えているとは思いますが、多くの人は預貯金がメインのようです。

基本、株はリスクが高いし、元本が保証されないし、知識もないしやるのが怖いという感じでしょうか。

個別株は、ともかくインデックス型の投信やETFなどは、おまかせパッケージのようなものなので、とりあえず、SP500 などの株式指標が下がったら買いみたいに難しくありません。

なぜ株などに投資するかと言えば、簡単です。

続きを読む