Googleの採用で最重要視される「知的謙遜」とは?

ウォータールー大学から出た論文「どうすれば賢者のような行動が取れるか?」(ソース) によると、

賢者レベルをチェックするのに、3ポイントを採点の基準に使っています。

    1. 知的謙遜:自分の知識の限界を理解し、世の中の不確実性を知り、自己の偏見やバイアスに敏感な状態
    2. 自己超越:自分中心ではなく、引いたところから物事を考えられること
    3. 視点の統合:他者の視点からさまざま視点をまとめて考えられること

知的謙遜」は自分の知識の限界レベルをちゃんと把握した状態のことで、要は「無知の知」ということです。

Googleの人事担当は、「知的謙遜があるかないか」を採用の基準にしてるそうです(ソース)。「ワーク・ルールズ!」のラズロ・ボックによれば、

”(Googleの採用で重要視するのは)謙遜心と責任感だ。(中略)

謙遜とは他人の良いアイデアを受け入れられる状態を指すだけでなく、「知的謙遜」でなければならない。知的謙遜がなければ、人間は学ぶことができなくなってしまうからだ。”

とのことです。

知的謙遜がない人は失敗から学ぼうとしないので、組織内で働くのには向いてないということです。

この現象はいくつかの実験(ソース)でも確認されていて、

知的謙遜のレベルが高い人ほど、

    • 意見が違う人からも学ぶことができる
    • 長期的にみると知的発達のスピードが速い

という傾向があります。 いかにも賢者って感じですね。

というと当たり前のようですが、人間には「自分は平均よりも上だ」と思い込むバイアスがあるので、意外と知的謙遜を維持し続けるのは難しいです。

今のところ、その特効薬はないのですが、ブラウン大の研究(ソース)だと「定期的に自分の知識を他人に説明してみるといいのでは?」とのことです。

実際、このアドバイスを「社会問題」で試してみたところ、実験の参加者は尊大さが減り、極端な政治姿勢を取らなくなったそうです。

確かに、自分こそ正義だと思いこんでしまうと、極端な方向に走りがちですから。

このほか、知的謙遜にはバイアスの問題が大きいので、

  • 帰属エラー(原因を内的要因に過度に帰属させる社会心理学上の問題)を避けるための簡単な質問(ソース
  • 生まれつきの天才よりも上の判断力(偏見にとらわれない判断)をつけるためのトレーニング方法(ソース

 といった点も使えそうです。

新年の目標達成ための心理学的10のポイント

2021年が来ましたね。

イギリスの有名な心理学者リチャード・ワイズマンが、「その科学が成功を決める」のなかで、「新年に立てた目標を達成する心理学的に正しい方法」を10個のポイントにまとめているので参考になります。

1.目標は1つにしぼる

あれもこれもと欲張るとエネルギーが分散するので、変えたい行動は一個だけにしぼった方が成功率は格段に上がる。

これは様々な方向に目標を立てると、それぞれを達成するのに、大変な力がいし、大きな目標は一つに絞るのが良いということですね。

2. 自分が本当に何をしたいのかを2〜3日は考える

新年の目標に失敗した人の大半は、新年の前日になって慌てて来年の目標を立てる傾向にあります。

最低でも数日はかけて自分が本気で達成したいことを考えないと、まず目標は失敗に終わる。

なんとなく新年だから、ダイエットしようとか、エクササイズを増やそうとか安易に設定してしまうと失敗しやすいということですね。

3. 以前に失敗した目標は避ける

過去に失敗した目標は無意識にストレスを与えるので、結果として達成できなくなる可能性が高くなる。

去年失敗した目標を今年こそと思うのは悪くないですが、失敗しているので、もっと違う角度から設定すると良いのかもしれません。

4. 他人の目標に振り回されない

本気で金を貯めたいわけでもないのに、「貯金がいい」という風潮に振り回されて目標にすると絶対に失敗する。

自分が本当にやりたいことだけを目標に設定しよう。

これは2と関係すると思いますが、自分のやりたいことをじっくり考えて設定しないと失敗するということですね。

5. 小さい目標にわける

大きな目標を立てるとまず失敗に終わるので、いったん目標を噛み砕いて小さなサブゴールを作るといい。また、サブゴールには期限を設けること。

大きな目標と小さなサブゴール両方設定するといいと思います。

仕事でも同じですが、プロジェクトを達成するためには小さなゴールを一つづつ達成する必要がありますから。

6. 目標を人に話そう

新年の目標は友人か家族に話しておくと、失敗へのプレッシャーがかかるため成功率が倍になる。

SNSで自分の目標を言っておくというのも一手ですね。

7. 目標を立てた動機を定期的に思い出す

目標を立てた理由をチェックリストにまとめておき、これを定期的に見直して「ゴールを達成したら自分がどう変わるのか?」を思い出すといい。

8. サブゴールを達成したら自分にご褒美を

サブゴールを達成するたびに自分にご褒美をあげてみると、自分が前に進んでいる感覚が得られるためモチベーションアップにつながる。

これは、もう絶対ですよね。前進している感があってとても良いと思います。

9. 達成度を日記に記録する

計画の進行度は必ず日記に記録しておく。形式は手書きでも表計算ソフトでも何でも大丈夫。

実際文字やグラフなどを見ると問題点が見えてきたりするので、良いです。

10. そう簡単に習慣は変わらないことを理解する

どんなに意思が強い人でも、必ず昔の悪い習慣にもどってしまうケースは起こる。

もし失敗しても目標をあきらめる理由にせず、ただの一時的な障害と考えるとよい。

失敗するとあきらめてしまいがちなので難易度が高いですが、自分がやりたいという熱力が高いと乗り越えていけそうです。

以上、「新年の目標」を達成するための心理学的に正しい10のポイントでした。