新型コロナを防ぐには2メートルじゃ足りない?!

新型コロナを防ぐには2メートル(6フィート)離れる!」というのが現在のガイドラインですが、「もしかしたらそれだけじゃ不十分かも?」と指摘するデータ(ソース)が出ています。

これはサニーブルック健康科学センターなどの調査で、新型コロナではなくインフルエンザに感染した人の咳を調査したものです。

人間の咳がどれぐらいの距離まで飛び散るのかを高速カメラとレーザー光で確かめて、拡散力をチェックしました。

結果は、

  • 数メートル離れたところにいる人が咳をした場合でも、その咳は3秒とかからずこちらに届く
  • 咳の飛沫の10%は、咳が終わってから4秒が過ぎた後でも大気中を漂う

だったそうで、たとえ2メートル離れたとしても咳の飛沫は防げないかもしれないようです。

といっても、チームによれば、

” 2メートルが安全だという論理的根拠はないが、1メートルかそれに近い距離よりははるかに良い。明らかに遠くにいるほど感染リスクは減少する。”

とのことです。

2メートルでも安全とは言えないものの、離れるにこしたことはないということですね。

いまのところ新型コロナを防ぐには「少なくとも20秒間は手を洗う!」というのが基本中の基本なのですが、新たに「同じぐらい手を乾燥させる方法も大事だ!」って内容のデータ(ソース)が公表されています。

これはヨーロッパ感染症会議 (ECCMID) で発表されたもので、調査の内容は、

  • ペーパータオルを使って手を乾かすのと、ジェットエアドライヤーを使うのではどちらがいいのか?

点です。

公衆トイレでは、ペーパータオルとジェットドライヤーの両方備えているところが多いと思いますが、果たして感染を予防するにはどちらを使うべきなのか?ということですね。

研究チームは、被験者のに公衆トイレを使うように指示して、手を軽く洗った後でペーパータオルかジェットエアドライヤーのどちらかで手を乾かすように指示しました。

その後、被験者たちが触れたドアノブ、階段の取っ手、電話など11カ所に残ったウイルスをチェックしたところ、結果は、

  • エアドライヤーを使った場合は11カ所がすべて汚染されており、汚染度はペーパータオルの10倍だった
  • ペーパータオルを使った場合の汚染は6カ所だった

ということで、はっきりとペーパータオルの勝利でした。

一部のジェットエアドライヤーには待機中に湿気を放出するものがあり、逆にウイルスや細菌を周囲にまきちらす場合もあったらしいです。

公衆の場で手を拭くのはペーパータオルのほうが良いということですね。持参したハンカチはどうかは定かでないですが、エアドライヤーよりはよさそうです。

新型コロナでこれからの働き方はどうなるの?

新型コロナで在宅勤務が増えて今後の働き方が変わっていくと考えられています。

「GIVE & TAKE」や「ORIGINALS」などの著書で有名なペンシルバニア大学ウォートン校心理学教授のアダム・グラントが、「The Economist」で「新型コロナ危機後の仕事はどうなるのか?」という論文(ソース)を出しています。

グラント教授が過去の不況や危機に関する研究をベースに「新型コロナと今後の仕事」についてまとめたもので、

  1. 仕事への満足度
  2. リーダーシップ
  3. 人と人の間の信頼

に変化が起きるのではないか?と指摘しています。以下まとめると、

1. 仕事への満足度の変化

  • 複数の研究により、失業率が高ければ高くなるほど、10年後から15年後も仕事への満足度は高止まりする。今後の不況でキャリアを始めた場合は、今後の仕事への満足度も高くなる。
  • 新型コロナで不況が加速すると、全体的に感謝の気持ちは高まる。これは仕事の満足度を高めてくれるが、一方でブラック企業による「やりがい搾取」の被害にもあいやすくなる。

2. リーダーシップの変化

  • ストレスが多い時期には、人間の基本的な本能があらわになりやすい。そのため、新型コロナ後のリーダーは、とても寛容になるかとても非情になるかの両極にふれがち。
  • 新型コロナの危機では人材の流動性が高まるため、より倫理的で思いやりのあるリーダーシップが求められやすくなる(スター人材を引き止める必要があるから)。
  • 2000人以上の公開企業のCEOを対象にした調査では、失業率が高い時期に成人期を迎えた人たちは、給料を低く抑える傾向があった。また、失業率が高い時期にはナルシシズムや権利意識も減りやすく、これもまた謙虚なリーダーシップの重要性につながっていく。

3. 信頼の変化

  • 新型コロナの危機により、私たちが同僚や会社に対して抱く信頼のレベルは両極端にふれる可能性が高い。もともと団結していた企業は危機のおかげでさらに結びつきが強くなるが、元から信頼がない組織は新型コロナのせいでさらにばらばらになるかもしれない。
  • 危機が起きると、多くの経営者は「マイクロマネージメント」に走りがちになる(部下のリモートワークを監視したりとか)。が、基本的にマイクロマネージメントは悪影響しか生まないので注意したい。
  • 多くの人は、今回の危機で「職場がなくても仕事ができる!」と気づき始めた。そのため、今後は組織には全く所属せず、「ギルド」のような仕事形態が加速するかもしれない。
  • ただし、多くの研究によると、サラリーマンは週の半分以上はオフィスにいないと同僚との関係が悪化し、コラボレーションが損なわれる可能性がある。個人的な交流が不足すると社員の昇進率が低下するエビデンスもあるので、完全に仕事をリモート化するのは危険。

となります。要は、

  • 不況期は「仕事があるだけありがたい!」って気分になるので、逆に仕事への満足度は高まる。ただしそれだけ「やりがい搾取」も起きやすい。
  • 不況期においては古いタイプのぐいぐい引っ張るタイプのリーダーシップは通じにくい。「謙虚なリーダーシップ」が必要かも。

  • 不況期は助け合いの精神が高まるため、親密度が高い組織は信頼感が高まりやすい。

みたいな感じです。

全体的には「不況におけるマインドの変化が大事」ということに焦点が置かれていて、新型コロナに特有の変化というわけでもなさそうです。

在宅勤務なども新型コロナ前から言われてたことがちょっと加速しただけですから。

「不況になると人間の信頼感は高まる」ということも昔からよく言われることですね。

人生の成功は5才の段階で決まっている?!

人生の成功は5才の段階で決まっている!」ペンシルベニア州立大の実験研究が興味深い結果になっています(ソース)。

これは、まずは1991年に753人の5才児を集めて、幼稚園の先生たちに全員の性格を採点してもらいました。具体的には、

  • 自発的に困った助けているかどうか?
  • 他者の感情を理解するのが上手いか?
  • 他者に物を分け与えることができるか?
  • 指示されなくても友だちと協力できるか?
  • 他人の意見をちゃんと聞けるか?
  • エラそうにならずに自分の意見が言えるか?
  • 他人にフレンドリーに接することができるか?

などの点です。要は共感力の高さを調べたということです。

20年後に再び調査を行ったところ、5才の時点で共感力が高かった子どもほど、

  • 大学の卒業率が高い
  • 若いうちに定職につく確率が高い
  • 正社員である確率が高い

という傾向があったそうです。逆に、共感力が低かった子どもは、

  • 逮捕率が高い
  • 大酒を飲みがち
  • 決まった家を持ってない確率が高い
  • 公的扶助を受けている確率が高い

といった傾向が高かったということです。

心の知能指数が高い人は年収も高くなる」というデータもありますし(ソース)、やはり共感力は重要ということですね。

研究者によれば、

” 共感能力が良い結果を生む理由はわかりやすいだろう。学校でも社会でも、いったん人間関係がうまくいけば、未来に良い影響をあたえることになる。

今回の研究により、子どもたちの社会性と感情の能力を伸ばすことが、彼らの将来にとって非常に大事だとわかった。”

ということです。

いちおう大人になってからも共感力は鍛えられる(ヨガや瞑想など脳の迷走神経を刺激する)ので、子供のころ共感力がなかったとしても大人になってそれを自覚し、修正することは可能です。

在宅勤務は生産性は上がるのか?

100%ではないものの週に2日とか3日ぐらいでWFH(在宅勤務)はありましたが、今はコロナの影響で在宅で仕事できるものは100%在宅になっています。

日本では在宅勤務について結構懐疑的でさぼっているのではないかと上司は気にしていると聞いています。

タスクをこなしている限りどんな働き方をしているかは特にアメリカでは問われることは少ないです。

定期的に会議があり、アサインされたタスクをこなしていく、分からないことや問題は、チャットや会議などで聞いていくという感じです。

ハーバード・ビジネス・スクールが、在宅勤務と生産性ややりがいについて研究(ソース)出してくれて興味深いです。

これは2020年の3月に行われた研究で、アメリカで働く600人強のホワイトカラーを対象に、2週間ごとに以下のポイントを質問しました。

    • 仕事のやりがい
    • 仕事への取り組みは変化したか
    • 自分のパフォーマンスをどう思うか
    • 同僚との仲は変わったか
    • ストレスレベル
    • ネガティブな感情のレベル
    • 生活状況

これに加えて、参加者が仕事中にやり取りしたメールなどのデータを、在宅勤務を始める前と後の2つのポイントで収集し、さらに、それぞれの会社のシニアリーダーなどにインタビューを行い、チームが集めたデータがどれぐらい正しいかったかを検証しました。

結果は,

  • インタビューを行った組織のリーダーは、みんな最初は「100%在宅勤務だと生産性が下がるのでは?」と心配していた
  • が、実際にはほとんどの従業員は予想よりも早く在宅勤務に適応したし、かなりの割合で以前と同じレベルの生産性をとりもどした
  • 仕事の満足度や取り組みのモチベーションは、在宅勤務をスタートさせて2週間で急激に低下する傾向があったが、だいたい2カ月もすれば急激に回復した
  • 在宅勤務が始まってからストレスやネガティブ感情が10%減少した労働者も多かった
  • 自己効力感と仕事に注意を払う能力も約10%向上したケースが多かった

ということで、どうも在宅勤務で生産性が落ちるのは初期のころだけで、少しすれば完全に以前と変わらないレベルにもどっていったし、ストレスが減ったり、自己効力感も上がったりで良い点もあります。

ですが、在宅勤務にもそれなりのデメリットもいくつか確認されています。具体的には、

  • 多くの組織が会議と仕事時間の適切なバランスを見極めるのに苦労しており、「社員の一体感を増すためにネット会議の割合を増やしたものの、そのせいで仕事に使える時間が減った」と答えるケースも多かった
  • 特に難しいのが労働時間の調整で、自宅で仕事から意識を切り替えるのが難しいせいで、1日の労働時間が大幅に増加する傾向も見られた。ロックダウンが始まった直後の数週間では、1日10時間以下で仕事を終えることができた労働者は50%に過ぎなかった(ロックダウン前は80%だった)
  • 子供がいる人はやっぱ在宅勤務に慣れるのは難しいかも

のような報告が出てまして、全体的にみるとワークライフバランスの問題が大きい感じです。

また、この調査では確認されませんでしたが、他にも考えられるデメリットとしては、

  • 在宅だと他のスタッフとの偶然の交流が起こらないので、思わぬアイデアが生まれにくくなる可能性がある
  • 在宅は世間話を減らすので、組織の信頼感は下がるかもしれない
  • 人間関係の育成はしづらい感じがする

などが考えられます。

さらに「在宅勤務に向いてる性格はあるのか?」という点も調査していて、これによると、在宅勤務で高いパフォーマンスをあげられる人は、

ビッグファイブ(性格テスト)のポイントの一つである協調性が高い!

感情の安定性が高い!

という点だったそうです。

昔から仕事で成功する人は誠実性が高いと言われてますが、こと在宅勤務については協調性が有利なのかもしれないですね。

ちなみに、協調性が高いというのは「肯定的な人間関係を維持する」とか「相手に共感する」のがうまい人たちのことを指していて、おそらくこういう特性がオンラインで働く際に良い方向に働くのではと考えられます。

コロナ時代の仕事は協調性が大事かもしれません。

この調査は2カ月ぐらいの変化だけだし、パンデミック前の調査データがないので、比較のベースラインにずれがある可能性もあるかもしれません。が、それでも非常に貴重なデータと言えます。