酒飲みは人の痛みに共感するのが苦手?!

アルコールはやはり脳を老けさせるという記事を以前書いたのですが、今日はまた酒飲みにはマイナスなお話です。

アルコールはやはり脳を老けさせる!

今回は、「飲みすぎる人は共感力が下がる!」という論文(ソース)です。

これは71人の男女を対象にしたテストで、そのうち半分は「酒を飲み過ぎ」に分類されるグループで、残りは「飲み過ぎてない」グループに分類される人たちです。

実験の内容は、

  1. みんなに手足を負傷した人の画像を見せ、「このケガが自分のものだと想像してください」や「このケガが他人のものだと想像してください」と指示する
  2. みんなが想像してる間の脳をfMRIでチェックして、参加者がどういう脳の反応をしてるかを調べる

となってます。

いかにも痛そうな画像を見た場合に、酒飲みとそうでない人は反応が違うのか?ということを調べたわけです。

この研究における「飲み過ぎ」の定義は、

” 過去30日間のあいだに、1回の飲み会で60g以上のアルコール(ワインボトル1本の約4分の3ぐらいの量)を飲んだことがある。”

です。お酒好きでよく飲んでいる人なら、簡単に満たしてしまいそうな基準です。

で、結果は以下のようでした。

  • 「飲み過ぎ」な人たちは、酒を飲まない人に比べて、「他人の痛みを想像する」タスクが苦手だった!
  • 「自分の痛みだと想像する」タスクの成績は両グループで変わらなかった
  • さらに、「飲み過ぎ」な人たちは、体の部位を認識するのに関わる脳の視覚領域が異常に活性化していた(これは、他人の痛みに共感するために、より多く脳のエネルギーを使わなきゃいけないのが原因だと思われる)

要するに、酒をたくさん飲む人は他者への共感性が低下しているのではないかということです。

研究チームによれば、

” この結果は驚くべきである。データによると、酒をたくさん飲む人は、痛みを抱える他者に共感を抱くために、より脳を働かせる必要があるらしい。

日常生活の文脈に置き換えれば、酒をたくさん飲む人は、他人の痛みを感じ取るのに苦労しているかもしれない。”

ということなので、酒好きは他人の痛みに共感する能力がちょっと下がっていていることに注意したほうがいいようです。

アーモンドミルクは健康的は本当か?!

アーモンドミルクは、アーモンドから作られたミルクのことです。アーモンドミルクのメリットはどんなものがあるのでしょうか?

 アーモンドミルクには、以下のような健康成分が含まれています。

    • ビタミンE:抗酸化成分で、お肌にいいとされていますよね。全身の酸化ダメージを減らす効果に関しては、かなりのレベルで実証されています(ソース1,ソース2)。
    • マグネシウム:不足すると体内の酸化が進むため、アンチエイジング的に補給が必須な栄養素です(ソース)。
    • プレバイオティクス:腸内細菌の活動を助ける働きをする成分です。特にアーモンドにふくまれるプレバイオティクスは、腸内の善玉菌のエサになって、美容の助けになることが分かっています(ソース)。
    • 各種ポリフェノール:アーモンドのポリフェノールには、悪玉コレステロールの酸化を防ぐ作用があって(ソース)、美容に非常に良いです。

このメリットだけ見ているとアーモンドミルクは素晴らしいそうです。ですが、市販のアーモンドミルクには難点があります。

せっかくの栄養素が抜けてしまう

難点の1つめが、上にあげた健康成分の多くが、アーモンドの皮に含まれているということです。

ビタミンEやマグネシウムは問題ありませんが、プレバイオティクスやポリフェノールに関しては皮のほうが豊富なのです(ソース)。

市販のアーモンドミルクは、ほとんどが皮を取り去った状態で作られているので、それなら普通にアーモンドを食べたほうがいいのではないか、ということです。

オメガ6の酸化

アーモンドには意外と大量のオメガ6(リノール酸)がふくまれております(ソース)。オメガ6は体内の炎症や老化を促進する成分で、決してアンチエイジングにはよくないです。

もっとも、アーモンドには大量のビタミンEがふくまれているので、オメガ6のダメージに関してはそこまで心配する必要はありません。

ただし、これがアーモンドミルクになると話が変わってきます。

というのも、アーモンドのリノール酸は熱に弱い性質があるので、加熱すると一気に酸化が進んでしまいます。

市販のアーモンドミルクの製造過程は分かりませんが、普通に考えれば高温で殺菌処理をしているでしょうから(ソース)、かなり脂質の酸化が進んでいるのではないかと考えられます。

その他の添加物

市販のアーモンドミルクには、結構な量の添加物がふくまれていたりします。

砂糖が体によくないのはもちろんのこと、増粘剤としてカラギーナンが入ってたりします。

カラギーナンには消化器官の炎症を起こす作用があって(ソース)、リーキーガットの原因となる可能性もあるので、美容にはあまり良くない成分の1つです。

以上のように、アーモンドミルクに関してメリットとデメリットを見てみました。

基本的にアーモンドは健康成分が多いので、もちろんアーモンドミルクも美容と健康には良い飲み物だと言えます。

ですが、市販の製品には酸化や添加物の問題が出てくるので、どうしても飲みたいなら自分で皮ごと作るのがベストのようです。

やはり、アーモンドそのものを食べるのが一番簡単かもしれません。

週4以上のサウナで脳が健康になる!?

サウナが脳に効く?

サウナはアンチエイジングに効果がある

以前、サウナはアンチエイジングに良いという記事を書きましたが、今度は「サウナが脳に効く!」という別の研究(ソース)が出ています。

これは東フィンランド大学の研究で、42〜60才の男性2,315人を対象にしています。

80年代の時点で全員の認知レベルをチェックしたうえで、約20年のフォローアップを行ないました。

週4以上のサウナで認知症リスクが大幅に減少

そのうえで、酒、タバコ、運動の習慣やBMIなどの要素を調整して調査したところ、

  • 週に4〜7回の割合でサウナに入ると、
    • アルツハイマーのリスクが65%下がる!
    • 認知症のリスクが66%下がる!
  • 週に2〜3回のサウナだと、だいたい認知症リスクは20%ほど下がる!

という結果が出ています。

つまり、サウナに入れば入るほど脳が衰えにくくなるということです。

サウナが脳にいいのは血流アップのおかげ

サウナが脳に良い理由は明確には分かりませんが、遠赤外線で血流が上がるからではないか?という説が有力視されています。

ランニング後のサウナで血流があがって持久力があがるという論文(ソース)もありますし、

また、同じデータセットを使った2015年の研究(ソース)でも、「サウナは心疾患のリスクを大幅に下げる」という結論になっていて、どうも血流のアップがいろんなメリットをもたらしてるようです。

血流がよくなれば脳にも良さそうです。

研究者によれば、

” 循環器系の健康が脳にも良いのはよく知られている。さらに、サウナによるリラックス効果と幸福感の上昇も、脳へのメリットに一役買っているのかもしれない。”

とのことです。

これから寒くなってくる時期にサウナで血流をよくするのは健康的ということですね。

ネガティブな感情を処理する感情の擬人化とは?

ストレス解消法として、 「インサイド・ヘッド」という映画がおすすめです。この映画は、人間の感情の働きをうまく可視化しているので、自分の心の動きを客観的に見つめるのに役立ちます。

2019年に出たデータ(ソース)は、この「インサイド・ヘッド」から着想を得た内容になっています。

論文は4つの実験で構成されていて、

  1. すべての被験者に「過去にあった悲しい体験」を思い出してもらう(失恋したとかペットが死んだことなど)
  2. 全体を2つのグループに分けて、一つのグループには、悲しい体験を普通に描写する
  3. もう一つのグループには悲しみを擬人化してイメージし、その悲しみがどのような人物なのかを描写する

という感じになってます。

「インサイド・ヘッド」が、ネガティブな感情をカナシミってキャラで表現したように、辛い気持ちを特定の人物として表現してもらいました。

この実験では、多くの人は「悲しみ」を2パターンの人間として描写していて、

  • 白髪で落ち込んだ感じの老人
  • 下を見ながらとぼとぼ歩く小さい女の子

というイメージを採用する人がほとんどだったそうです。

こういうときには、若い男性を選ぶケースは少ないようですね。

その後、みんなに悲しみのレベルを尋ねたところ、予想どおり「悲しみを擬人化したグループは悲しみのレベルが大きく下がった!」という結果でした。

普通に悲しみを記録したグループも多少は悲しみのれベるが下がりました。

別の調査では、「幸福感」についても似たような実験を行なっていて、ここでもやはり結果は同じでした。

「幸福感」を擬人化したグループは全体的に喜びの感覚が下がってしまったそうです。ポジティブな感情は擬人化しない方がいいってことですね。

さらにこの実験では、「ネガティブな感情を擬人化するとセルフコントロール能力が上がる!」という結果も出てるところが素晴らしいです。

悲しみを擬人化して切り離した人は、その後で「ケーキとサラダのどっちを食べますか?」と尋ねたところサラダを選ぶ確率がはね上がったそうです。おもしろいですね。

研究チームによれば、

”感情を人間として考えてみた被験者は、より悲しみの感情から自分を切り離して見ることができた。

悲しみの擬人化は、感情を制御するための新しい方法だと考えられる。

このようなマインドセットを起動させることにより、私たちはもっと気分良く過ごせるし、長期的なメリットのない誘惑にも打ち勝つことができる。”

ということです。

ネガティブな気持ちに押しつぶされそうな人はもちろん、セルフコントロール能力に悩んでいる人にも「感情の擬人化」は使える方法と言えます。