ディーン&デルーカが次々と閉店に

ニューヨーク発の高級食料品店ディーン&デルーカ(Dean & DeLuca)が、米国内の9店舗のうち3店舗と、最近ミートパッキングエリアにオープンしたばかりのカフェテリアスタイルのレストラン、「ステージ」(STAGE)もクローズしたらしいです。ウエブサイトを見ると今はホノルル店とNY店(2店舗)に減っています。

ディーン&デルーカは1977年にオープンし、2003年東京に進出以来、アジアや中東にも店舗を展開してます。

2014年、タイの富豪で起業家のソラポ・テシャクライシー(Sorapoj Techakraisri)氏が経営する不動産会社ペース・デベロップメント(Pace Development)社が$140ミリオンで買収しました。

日本では株式会社ウェルカムがライセンスを取得し、事業展開してます。

ディーン&デルーカの歴史は40年ちょっと。私がNY界隈に来た時はちょっと敷居が高い感じがして、ドキドキしながら店に入ったのを覚えてます。見たことのない食材や、ちょっとしたものにすごい値段のプライスタグが付いていて何も買えなかった記憶があります。

その後ソーホーの店だけでなくマンハッタンのあちこちに多く見るようになりました。お昼のサンドイッチなど買う人で賑わっていたと思います。

90年代にこの高級食料品店はピークを迎えて$20ミリオンの年間セールスを出してます。そしてニューヨークだけでなくワシントンDCやノースカロライナへと支店を広げていきます。 続きを読む