眉間とまぶたで頭が悪く見えてしまう!

魅力的な人は頭も良く見られがち

睡眠が足りないと頭が悪く見える!」という興味深い論文(ソース)があります。研究者によれば、

” 世の中には、「魅力のハロー効果」という悪名高い心理現象がある。

魅力的な人を見ると、魅力的でない人よりも知性まで優れていると思ってしまう現象だ。”

”そこで我々が知りたかったのは、私たちが他人の知性をどこで判断しているのか?という点である。”

とのことです。

外見が良い人はいろいろと得なことが多いのですが、そこには「魅力的な人は頭も良いはず」と思い込んでしまうバイアスも強く関連しています。

果たして、このバイアスはどこから生まれるのでしょうか。

眉とまぶたの表情が頭を悪くみせる

これはセントアンドリュース大学の実験で、100人の成人と90人の子供が対象となっています。

まずはみんなの「普通の表情」を写真に撮り、200人の第三者に全員の「魅力度」と「どれだけ頭が良さそうか」を採点してもらいました。

そのうえで、すべての写真を顔相処理ソフトにかけたところ、

頭が悪いと思われがちな人は、

    • かすかに眉をひそめがち
    • まぶたが眠たげなことが多い

という結果だったそうです。

ちょっと不機嫌そうな表情の人は、頭が悪く見られがちということなんですね。

” 眠そうなまぶたと、ひそめた眉は、どちらも疲労と不機嫌さを表すサインとしてとらえられる。

そして、疲れて不機嫌な人は認知機能が低下しているケースが多い。”

疲れてる人は頭が回ってないケースが多いので、似たような表情を見ると、無意識のうちに「頭が悪そうだ」と思ってしまうということです。

頭を良く見せたいならちゃんと寝よう!

これは同論文の追試でも確認されていて、同じ参加者たちに対して、

  1. グッスリ寝た状態で写真を撮る
  2. 睡眠を制限した状態で写真を撮る

の2パターンにわけたところ、睡眠不足の写真ほど「知性が低そう」と判定されたそうです。

” 最近の研究により、いかに微妙な表情が他人の判断に影響を与えるかがわかってきた。

睡眠は脳のパフォーマンスに必要なだけではない。他人の判断にも重要なのだ。”

ということで、「頭を良く見せたければちゃんと寝よう!」という結論になっています。

” この研究のポイントは簡単だ。

仕事の面接に行かねばならないときや、授業中に最前列の席に座らなければならないときは、目を開いて眉間をリラックスさせておこう。

もちろん、たっぷりと睡眠を取るのも忘れてはいけない。それだけで、より頭が良いようにみせられる。”

とのことです。重要な日にはしっかりと睡眠をとり、目を開いて眉間をリラックスさせておくと良いですね。

亜鉛が足りないと頭が悪くなってメンタルにも影響する!

2013年に出た「亜鉛とうつ病の関係を調べた論文」 によると、亜鉛が不足するとうつ病にかかりやすくなるそうです。

これは、亜鉛がメンタルに与える影響を調べた臨床実験で、亜鉛はうつ病で脳の細胞が死ぬのを食い止める働きがあり、ストレスによるダメージをおさえてくれるそうです。

統合失調をわずらった人は脳内の亜鉛量が5割も少なくなっていたということです。亜鉛はメンタルに大きい影響を及ぼすということですね。

亜鉛にはBDNFという成分を分泌する働きがあって、これが脳のシナプスやら神経回路の発達スピードをあげてくれます。

BDNFは脳の働きにとても重要で、これが少ないと鬱病やパニック障害の引き金になってしまいます。

「脳を鍛えるには運動しかない!」の中では、軽度の運動をくり返すことでBDNFを増やせると書いてありますが、亜鉛でも分泌量をアップできるということですね。

心理学でいうタイプAの性格(ストレスを感じやすい)の人は亜鉛が足りなくなりやすいので注意が必要です。自分のタイプがわからない人は「タイプA行動パターンチェック」など参考にしてみてください。

研究によれば、ストレスが多い時期は1日に25〜40mgの亜鉛を摂るのが望ましいとのことです。

ストレスに弱い人間は、積極的に亜鉛サプリを飲んだほうが良いようです。