騒々しい所に住んでると太る!

騒音がひどい地域に住むと太る!」という面白いデータ(ソース)があります。

これはスウェーデンのカロリンスカ医科大による研究で、ストックホルム周辺に住む5075人の健康データとアンケートを使って、2002年から2006年までの騒音と肥満の関係を統計処理したもの。その結果、

  • 道路
  • 鉄道
  • 空港

のうち、いずれかの騒音レベルが高いエリアに住む人は、体脂肪の量が多かったということです。

具体的には、

  • 女性は騒音が5デシベル上がるごとにウエストが0.21センチ増える
  • 男性は騒音が5デシベル上がるごとにウエストヒップ比が0.16増える(ウエストヒップ比は1以上でメタボの可能性が高い)

ということになってます。

騒音の原因が増えるごとに脂肪の増え方も上昇していて、たとえば大通りにくわえて線路の近く沿いにも住んでる人は、大通り沿いだけに住む人よりも25〜200%の割合でウエストが増えていくようです。かなりの割合ですね。

この研究では明確な原因については触れられていませんが、推測すると、

  1. 騒音には、無意識のうちに大きなストレスをあたえる作用がある
  2. おなじみ、ストレスホルモンのコルチゾール<の分泌が増える
  3. 先日書いたようにコルチゾールが食欲を増やし、睡眠の質を下げる
  4. 結果、太ってしまう

という感じでしょうか。

研究者によれば、

” 騒音による健康被害は拡大しており、ただのいらいらから、睡眠障害、ストレスホルンの乱れ、心疾患への悪影響を引き起こす。これらの原因が、肥満やウエスト・ヒップ比と騒音の関係につながっているのだろう。”

ということです。

やはり住まいは健康に大きく関わる重要な要因ですので、静かなところに住むのがダイエット的にも良いということですね。