グリーンカード更新しました、後日追記あり

グリーンカードはアメリカでの合法的に働ける永住権を証明するカードです。カードはグリーンじゃないですけど。先日10年ごとの更新に行って来ました。

10年以上前にグリーンカード取りました。大学卒業後、PTからH1ビザ、そしてすぐグリーンカード申請し、1年ちょっとで取得。その当時でも早い方でした。まず幸運だったことは、

1.初めてアメリカで勤めた会社がビザをスポンサーしてくれただけでなく、グリーンカードもスポンサーしてくれたこと。

2.Information Systemsの学位を持ってたのでH1ビザも取りやすかったこと。これが取れなければPTからグリーンカードはきつい道のりだったはずです。

3.日本人のクライアントにサービスする必要があるのでグリーンカードください的な申請だったけれど、会社がちゃんと募集の広告とかだしてくれた(費用は私持ち)。イミグレーションでこの人にグリーンカードを渡す価値があるのかを見るためです。

4.日本人に対するグリーンカードの枠に対して応募する人達が多くなかったので今より取りやすかった。

こういう理由で結構早く取れました。もっとラッキーな人たちもいます。いわゆるグリーンカードLotto(宝くじ)で当たった人たち、結構周りにいました。今はこのLottoを無くす方向にあるとか聞いていますし、グリーンカード取得への道も時間かかるようになってきてるので大変そうです。

グリーンカードの更新ですが、オンラインで申請します。
USCIS Green Card Apply

英語に不自由な人も多いせいか、Immigration Directというグリーンカードや市民権を申請する有料サービスもあります。実は最初こっちで申請しようとしてて、最後にプリントして送らないといけないと書いてあってどうも本当のImmigration Serviceがやってないと分かりやり直しました。

申請はアカウントを作って色々な質問に答えるだけで別に難しくはないです。サイトを見るとスペイン語版もあるようですね。申請してから数日後メールが来てるのでサイトにログインして確認したら、Biometrics appointment(写真や指紋を取ります)が大体2週間後に決まりましたという連絡でした。

先日アポに指定されたApplication Support Centerへ行き手続きをしてきました。

家から車で20分ぐらいのところなので行くのは全く問題なしです。

Support Centerは小さなオフィスで、仕切りはほぼなく、入ってすぐに受付、その前に待合の椅子が置かれています。受付のすぐ横に手続きのデスクが置いてあり、奥に写真と指紋を取る場所、デスク近くに期間延長する部屋があります。

オフィスではスマホは一切使えません。待ってる間はぼーっとするしかないので、本とか持っていくのがいいですね。

1.受付
Support Centerへ着くと政府関係者にしては珍しく愛想よく迎えてくれて、今日はアポがあるの?と聞かれたので、そうだと答えて所定の書類とグリーンカードを見せて、さらにそこで簡単な書類に名前、性別、髪や目の色(これは免許証でも書きますね)、身長、体重等を書いて、椅子に座って待つように言われました。

2.手続き開始
5-10分ほどの待ち時間の後(前のアポの人たちの手続きの終了待ち)呼ばれるので受付のすぐ横のデスクに行きます。書類を渡し、手を見せました。(これはどういう意味か分からないです)そして奥の離れた椅子に座って待つように言われました。他に待っている人達の手続きをするためでしょう。

3.写真と指紋採取
5分ほど待った後呼ばれたので写真を撮り、指紋を採取しました。右手だけだったような気がします。10年前に期限付きのカードに更新した時両手やったからもう必要ないのかもしれません。終わった後、書類にアルファベット札をつけて最初に座っていたところから近い別の椅子で待つように言われました。

4.今あるグリーンカードの期間延長
10分ほど待っていると椅子の横にある部屋に入るように呼ばれたので行くと、担当者が今あるグリーンカードに何か付けている作業をしました。新しいカードが送られてくるまで今あるカードは1年間延長するとのことです。それまでに新しいカードが来るということでしょう。新しいカードの期限はいつになるのか、わからないですが、おそらく7月あたりかな。これで手続き終了です。

10時のアポだったので10時に到着し、その時間帯のアポでは私が一番最初だったので早く手続きが進みました。10時半ぐらいには終わってました。帰る時も日本語でおはようございますとかいいながら最初の受付の人も愛想が良かったですが全体的にフレンドリーでした。政府関係機関で愛想いいのは珍しです。アンケートにもGoodとしておきました。

ちなみに更新の費用は$540です。10年前に比べると2倍以上になってますね。次に更新する時はアメリカ市民権を取るかどうかまた検討するほど値上がりしてるかもしれません。

後日追記:

新しいグリーンカードは結局2020年4月の終わりごろにやってきました。

その前にメールでサイトに行ってStatusをチェックしなさいと言われたのでログインしてみて見ると、承認されたからあとは郵送するよと書いてありました。

それから1週間ほどで届いたと思います。申請から10か月以上かかったということですね。取り合えずあと10年間大丈夫です。

今新型コロナ対策で日本政府、教育機関などのダメさ加減を見ているのでアメリカ市民権をとることを真剣に考えようと思っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *