酒飲みは人の痛みに共感するのが苦手?!

アルコールはやはり脳を老けさせるという記事を以前書いたのですが、今日はまた酒飲みにはマイナスなお話です。

アルコールはやはり脳を老けさせる!

今回は、「飲みすぎる人は共感力が下がる!」という論文(ソース)です。

これは71人の男女を対象にしたテストで、そのうち半分は「酒を飲み過ぎ」に分類されるグループで、残りは「飲み過ぎてない」グループに分類される人たちです。

実験の内容は、

  1. みんなに手足を負傷した人の画像を見せ、「このケガが自分のものだと想像してください」や「このケガが他人のものだと想像してください」と指示する
  2. みんなが想像してる間の脳をfMRIでチェックして、参加者がどういう脳の反応をしてるかを調べる

となってます。

いかにも痛そうな画像を見た場合に、酒飲みとそうでない人は反応が違うのか?ということを調べたわけです。

この研究における「飲み過ぎ」の定義は、

” 過去30日間のあいだに、1回の飲み会で60g以上のアルコール(ワインボトル1本の約4分の3ぐらいの量)を飲んだことがある。”

です。お酒好きでよく飲んでいる人なら、簡単に満たしてしまいそうな基準です。

で、結果は以下のようでした。

  • 「飲み過ぎ」な人たちは、酒を飲まない人に比べて、「他人の痛みを想像する」タスクが苦手だった!
  • 「自分の痛みだと想像する」タスクの成績は両グループで変わらなかった
  • さらに、「飲み過ぎ」な人たちは、体の部位を認識するのに関わる脳の視覚領域が異常に活性化していた(これは、他人の痛みに共感するために、より多く脳のエネルギーを使わなきゃいけないのが原因だと思われる)

要するに、酒をたくさん飲む人は他者への共感性が低下しているのではないかということです。

研究チームによれば、

” この結果は驚くべきである。データによると、酒をたくさん飲む人は、痛みを抱える他者に共感を抱くために、より脳を働かせる必要があるらしい。

日常生活の文脈に置き換えれば、酒をたくさん飲む人は、他人の痛みを感じ取るのに苦労しているかもしれない。”

ということなので、酒好きは他人の痛みに共感する能力がちょっと下がっていていることに注意したほうがいいようです。

化粧品に入ってるアルコールは肌に悪いの?!

基礎化粧品には、アルコール(エタノール)を含むものがありますよね。

特に理由はないですがエタノールのツンとする感じが好きではないのでアルコールフリーを主に使ってますが、このエタノールは肌にとって乾燥などを引き起こすなどで良くないのでしょうか?

このエタノールは酒に入ってるるアルコールとほぼ同じもので、一部では、このエタノールが「肌を乾燥させる」とか「肌荒れになる」みたいに言われているようです。

化粧品にエタノールを入れる理由は、

  • フレグランスオイルなど水で分解できない物質を分解させるため
  • 皮膚から脂質、油分、ワックスを取り除くため
  • 保存剤として使うため
  • 成分を肌に浸透させるため

などです。

では、どうしてエタノールが良くないと言われるケースが多いのでしょうか?

  • なんかアルコールを使うと肌が炎症を起こしている感じがする(赤くなったりとか)
  • アルコールを肌に塗ると逆に乾燥するような気がする

といった証言が多かったりするからです。実際、いくつかの”生体外”研究(ソース1,ソース2)では、「エタノールが皮脂の分泌を乱す」といった結果もでていて、可能性としてはあるかもしれません。

これらの結果はあくまで人間の細胞を使ったもので、実際に生きた人間の肌で同じことが起きるかどうかは別の話です。

人間を対象にしたテストの結果は、

アルコールで肌は乾燥しやすくなるか?

  • 80%エタノールを5分間に50回ほど肌に塗りつける作業を1日に2回ずつ7日間続けたところ、水を塗った場合と肌の水分量の変化は変わらなかった(R)
  • 60〜80%エタノールを1日20回ぐらい手にすり込んでも、特に肌の水分量に有意な変化はなかった(R)

といった結果が大半で、どうも大量のアルコールをつけまくっても、水とくらべて特に乾燥しやすくなるわけではないということです。アルコールは肌につけてもすぐに揮発するので、そこまで影響がないのかもしれません。

アルコールで肌は炎症するか?

  • 70%のエタノールは、1日に20〜100回ずつ14日間続けて塗ったが、特に肌の赤みは水と変わらなかった(ソース)
  • 80%エタノールを塗りまくっても、やっぱり肌の赤みに変化はみられなかった(ソース)

というわけで、肌の赤みにつていも、やはり水と比べて特に大差はないってのが大方の結論のようです。

以上の話を見てると「アルコールは心配しなくて大丈夫」と判断できそうですが、なかには「でもアルコールを肌に塗ると嫌な感じがする」と私みたいに感じる人もいると思います。

この現象は、

  1. アルコールが肌の微細な傷から入り込む
  2. アルコールが神経の末端を刺激する
  3. 嫌な感じが起きる

という結果のようです、決してアルコールのせいで肌にダメージが起きてるわけでもないいということですね。

私みたいになんか嫌な感じがする人はアルコールフリーの化粧水などを使うといいと思いますが、基本的にアルコールは肌に乾燥や肌荒れなどの害はないということです。

お酒はたった一杯でも寿命を縮めるかも!

酒は体にいいのか悪いのかは難しい問題で、「1日2杯ぐらいなら心臓病のリスクを下げてくれる」という話は聞いたことがあると思います。

でも最近ではどちらかというと反対の意見が強くなってきて、例えば、2016年のメタ分析(ソース)「酒の健康効果は実際はなくて、あったとしても超少ない」という結論が出ています。

お酒は一杯だけでも寿命に影響がでる

そして2016年に新たに出たメタ分析(ソース)では、「酒は1杯でも寿命を縮める!」という結論になってて、驚きです。

これはワシントン大学の研究で、1990年から2016年のあいだに行われた694のデータを分析したものです。

世界195の地域から集めたサンプルを使っていて、心疾患のリスクや、酒と癌の発症率や事故死の可能性まで含む内容です。酒の健康調査というと、だいたい心疾患との関係だけをチェックしたものが多いので、質量ともにとても良い内容になっています。

結論ですが、

” 酒による健康への悪影響を最小化するためには、1週間の酒量をゼロユニットにしなければならない。”

だったのです。

つまり、週に1杯の酒を飲むだけでも、なんらかの悪影響が出る可能性があるということです。

酒の1ユニットはアルコール10g分で、具体的には、週にビール1缶、グラスワイン1杯、ウイスキーのワンショットぐらいなので、まさにほんの一杯でも悪影響が出るということです。怖いですね。

酒の健康効果はデメリットをカバーできない

その他の研究結果としては、

50歳以上になると、酒は癌リスクの大きな原因になる。あとは事故、自傷、肺結核などとも関連がある

全年齢において、酒によるダメージは、おもに心疾患か癌の形で現れる

「1日2杯の酒」で心疾患と糖尿病リスクの低下も見られたが、その他の健康リスクをカバーできるほどのインパクトはない

ということになっています。

確かにアルコールが健康に良い側面もなくはないんだけど、あまりにも影響が小さすぎて意味がないということです。ちょっと悲しいですね。

では、酒を止めるとどうなるかと言いますと、

酒を長期にわたって止めると、40歳までに寿命が1〜2年増える

みたいな感じです。結構長くなる感じがします。

研究者によれば、

” この研究から得られる教訓は、「健康に良い」と思って酒を飲んではいけないということである。そして、酒を飲むことを選んだら、今後の寿命と幸福のためにアルコール量を最低限に減らすようにすべきだ。”

ということです。

結局お酒は思ったより健康に良くないし、どちらかといえばデメリットが多いという結論になってしまいましたね。

アルコールはやはり脳を老けさせる!

最近の研究ではやはりお酒はちょっとでも脳を老けさせるという結果があって、恒常的に飲んでいる人には要注意です。(ソース

これは南カリフォルニア大学などの研究で、UK Biobank( 英国の健康機関)の参加者1万1651人の脳画像を分析しながら、全員のアルコール摂取量と比較したものです。

普段の酒量がどれだけ脳の変化と相関してるのかを調査したところ、

  • 1日あたりのアルコール消費量が1g増えるごとに、脳年齢は0.02歳ずつ老けていく
  • 酒を毎日飲んでいる人は、ほとんど飲まない同年代の人と比べて、脳の老化が0.4年ほど進んでいた(つまり、飲酒の習慣により脳の老化が加速する可能性がある)
  • ただし、もちろん脳の老化には遺伝的な要素も大きい。

という結果でした。

言い換えれば「1日1gのアルコールで脳は7日間老けていく!」ということです。

この脳の変化がどれぐらい生活の質に影響するのかは不明ですが、怖い感じですね。

さらに、この研究者はタバコの影響についても調査を行っていて、以下のような結果がでています。

  • タバコはさらに激しく脳を老けさせる可能性があり、毎日タバコを一箱ずつ吸うと、脳の老化がさらに約11日間(0.03年)進む
  • 毎日タバコを吸っている人の脳は、まったく喫煙していない人と比べて、平均して0.6年ほど脳が老化していた

タバコの方がさらにお酒よりかなり脳の老化が進むということですね。

研究チームによれば、

” 0.4年と0.6年の相対的な脳年齢の差は小さいように見えるかもしれないが、これらの数字は実際には重要だと思われる。このような違いは認知機能の悪化と関連しているから。”

ということです。数字が小さいように見えても長いこと蓄積すると、大きな違いになる可能性はあるというわけですね。酒は悪だと言えるレベルではないものの、注意は必要です。

ちなみに、この研究では脳の老化には遺伝の影響もかなり大きいようですが、2019年の研究(ソース)だと、遺伝子に恵まれてない105人を調べたところ、

  • たとえ不運な遺伝子を持っていたとしても、「エクササイズ」や「脳を使う活動」を行っていれば、認知機能の低下を劇的に防ぐことができる(具体的には、何もしない人より55%ほど認知の低下率が低い)
  • ただし、これは脳の容量が増えたわけではなく、残った脳の機能が向上したのが原因である(つまり、リソースの有効活用ができるようになった)

みたいな結論もあります。 ちなみに「脳を使う活動」ってのは、読書、パズル、アートなど、ですね。

お酒のダメージを相殺する方法

ちなみに以前書いた記事でエクササイズはお酒による肝臓へのダメージを相殺してくれるので、お酒をよく飲む人は脳を使う活動とエクササイズはやっておいた方が脳の老化を防げるのではと思います。