CPC(塩化セチルピリジニウム)を含むマウスウォッシュで新型コロナを予防!

つい最近発表されたカーディフ大学の研究によると、最低でも0.07%のCPC(塩化セチルピリジニウム)を含むマウスウォッシュを使う事で、30秒で新型コロナを口内から殺菌できるという結果が出ています。(ソース

CPCは強い殺菌、抗カビ作用をもったカチオン界面活性剤で、マウスウォッシュなどに使用されています。

歯周治療専門医であるクレイドン医師によると、

“ このポジティブな結果がカーディフ大学の臨床試験を反映したものであるなら、CPCを含むマウスウォッシュは新型コロナを予防するための人々の手洗い、マスク、ソーシャルディスタンスなどのルーティンに加えられる重要なものになるだろう。”

ということです。

今後マスクや手洗いに加え、CPCを含むマウスウォッシュで口内をゆすぐことも予防するのに必要になってくるということですね。

この研究によれば、CPCが最低でも0.07%含むマウスウォッシュで研究室で新型コロナの菌にさらされた際、菌を根絶できる兆候を示すことができたと言えます。

まだこの研究は同僚からのレヴューをされてませんが、別の研究によると、やはりCPCを含むマウスウォッシュがウィルスの量を減らすのに効果的だということが分かっています。

この研究者によれば、

” 歯周病に効く一般に出回っているマウスウォッシュは新型コロナの菌を不活性にすることができる。

これは口内や鼻腔を試験管で似せた環境の研究室でテストしていて、この研究結果は新興文学に追加できるといってもいいだろう。”

とのことです。

実際にカーディフの病院の新型コロナ患者の唾液に存在する菌のレベルを減らせるかどうかの臨床試験は来年にも出る予定になっています。

研究室での良い実験結果が実際の患者でどういう効果が出るのかまだ分かりませんが、とりあえず、外から帰ってきたら手洗いはもちろん、CPCを含むマウスウォッシュで口もゆすぐという習慣を付け加えてもいいのではないでしょうか。

発酵食品が新型コロナに効果がある!

発酵食品はメンタルにも効くし、消化活動や心臓にも良いという記事を以前書いています。

発酵食品は体にも心にもいい。

で、今度は、2020年にフンボルト大学から「発酵食品で新型コロナに強くなるのでは?」という興味深い研究(R)が発表されています。

まず研究チームの問題意識は、

” COVID-19の死亡率には、それぞれの国とそれぞれの地域で大きな違いが存在する。

東アジア、中央ヨーロッパ、バルカン半島などの死亡率が非常に低い国は、発酵食品の摂取量が多いという特徴が共通している。”

ということからきています。

ご存じのように、日本をふくむアジア諸国は新型コロナの死亡率が低いんですけど、それって発酵食品をたくさん食べてるからでは?と考えたわけです。

過去にヨーロッパ諸国で行われた研究でも、発酵食品は全体的な死亡率の低下と相関していて、ならば新型コロナでも同じ傾向があるのではないかと考えるのは自然です。

研究チームは、発酵食品の効果を確かめるために、欧州食品安全局(EFSA)が作ってる食品消費データベースを使い、

  • 発酵させた野菜
  • ピクルス
  • マリネした野菜
  • ヨーグルト

などをヨーロッパの各国がどれぐらい消費してるかをチェックし、これをそれぞれの国の新型コロナの死亡者数と比べたところ、

発酵野菜の消費量が1日1g日増えるごとに、新型の死亡リスクは35.4%減少する!

という数値が出たそうです。これはすごい数値ですね。

さらに、ここでは野菜ごとの死亡率の違いもチェックしてまして、アブラナ科の野菜(ブロッコリー、カリフラワー、キャベツなど)を、ほうれん草、キュウリ、レタス、トマトなどと比べています。その結果は、

キャベツとキュウリの消費量が国民平均で1日あたり1g増えるごとに、新型コロナの死亡リスクは11分の1に減少する

だったそうで、こちらも結構な数値が出てて驚きです。

ちなみに、発酵野菜が新型コロナに効く理由には諸説あるありますが、簡単にまとめると、

  1. 発酵野菜にふくまれる乳酸菌などが、Nrf2の強力な活性化因子として働く
  2. 活性化したNrf2がAT1R軸をブロックし、COVID-19がこの受容体に結合するのを防ぐ
  3. おかげで酸化ストレスが低下し、肺や内皮の損傷という新型コロナの怖い症状も減る

みたいな流れが推定されています。

Nrf2とは体内の酸化を防いだり、細胞を保護するのに役立つ転写因子(遺伝子の働きを制御するタンパク質)で、発酵食品にはNrf2の働きをアップさせる働きがあるということです。

さらに、このNrf2は炎症を抑制させる働きも明かになっていて(ソース)、 発酵食品はアンチエイジング 効果もすごいという感じです。

もっとも、今回の研究はヨーロッパ諸国が中心なので、納豆や豆腐、漬物といった日本独自の発酵食品でも同じ機能を持つのかはわかりませんが、普通に考えれば同じはずですね。

また、このデータでキャベツの成績が良いのは、中央ヨーロッパ諸国では発酵キャベツが定番メニューだからで、決してザワークラウトが最強ということではないです。

発酵食品が新型コロナに効くかも?というデータは初めてなので、今後ももっと研究が進むかと思います。

どちらにせよ、いいことばかりの発酵食品を食べない理由はなさそうです。

ホラー映画好きな人は新型コロナのストレスに強い!

先日老人の方が若者より新型コロナによるストレスに強いという記事を書きましたが、今日は、ホラー映画好きも同様だという話です。

シカゴ大学などから「ホラー映画好きは新型コロナのストレスに強い」という論文(ソース)が出ていて、面白い感じです。

この調査は、310人の男女を対象に「怖い映画は好きか?」と尋ねた上で、新型コロナに対するストレス耐性をチェック(PPRS:Pandemic Psychological Resilience Scale )しました。

これに加えて、

  • 「新型コロナのパンデミックに対して、映画や小説で得た知識を使っている」みたいな質問をぶつけて、どれだけ心構えができているかを調査
  • 「もしあなたが中世にタイムスリップしたら、公開処刑を見てみたいですか?」みたいな質問をぶつけて、もともとネガティブなことへの興味が強いかどうかを調査

といった点もふくめて、参加者の趣味嗜好とパンデミックへの対応レベルを調べました。

 この研究をした理由は、

人間が怖いものを好むのは、架空の恐怖体験によって現実世界のシミュレーションができるからでは?

という考え方からきています。

あらかじめ怖い映画を見ておくと、脳内で恐怖をモデル化できるんで、そのぶんだけ現実のマイナスな体験に強くなるのではないか?ということです。

要は、ホラー映画は恐怖の脳トレになっているのでは?という話ですね。

結果は、

  • 予想どおり、ホラーやパンデミック系の映画を見ている人や、ネガティブなことへの興味が強い人は新型コロナのストレスに強かった
  • なかでも「プレッパーもの」(ゾンビとかエイリアンの襲撃とか大災害とか人類の終末を描いた系統の映画)が好きな人は新型コロナへの心構えができていて、ストレスにも強い傾向があった

だったそうです。

やはり怖いフィクションを見ると、恐怖への耐性が高まるみたいです。

研究チームによれば、

” ホラー映画を長く見続けると感情コントロールスキルの育成に役立ち、不快な出来事にともなう心理的苦痛を改善しやすくなるかもしれない。”

ということから、ネガティブな状況に強くなりたければホラー映画を見て耐性を鍛えると良いという感じです。

ゾンビ系はいやですが、大災害や人類の終わりみたいな映画なら大丈夫なので、見て鍛えたいところです。

新型コロナのストレスは若者よりもご老人のほうが強い?!

新型コロナは高齢者の方が重症化するリスクが高いのは知られている事実ですね。

それなら、「高齢の方は多大なストレスを抱えているのでは?」と思われますが、「実際には若い人の方が新型コロナでメンタルをやられてるのでは?」という研究が2つ出ています。

一つ目はジョージア大学などの研究(ソース)で、アメリカに住む60歳以上の成人833人を集めて、皆が自粛期間中にどういう風に過ごしてたかを調査しました。

自粛期間の平均は17日ぐらいで、参加者の回答をまとめると、

  • 60~70歳の回答者は、約40%が「中から大レベルのストレスがあるし、自分の人生をコントロールできない感じが強い」と答えた。これは、自粛期間中に運動の量が減り、酒を飲む量が増えたからだと思われる
  • ところが、71歳以上の回答者に限った場合は、74%が「ほとんどストレスを感じない!」と答えた

という感じです。

なぜか60代よりも70を過ぎた方々のほうがストレスフリーで暮らしてるケースが多かったそうです。

その理由は明確ではないのですが、回答のなかには「この自粛期間は戦争に比べたらどうってことない」という答えが多かったということです。

研究者によると、

” 経験こそが高齢者の強みだ。高齢者は人生経験が豊富だが、私たちはしばしばその価値を低く見積りがちだ。

だが、実際には彼らの知恵はストレスの対処メカニズムとして有効である。

私たちは、人生の悪い時期をよりよく生き抜くための例として、高齢者に目を向けるべきだろう。”

ということで、高齢者のストレスに対する抵抗性が高いのは、シンプルに経験値の差なのかもしれません。

もうひとつはブリティッシュコロンビア大学などの調査(ソース)で、こちらはカナダとアメリカで暮らす 18〜91 歳の男女776人に対して、「パンデミックの数週間でストレスや幸福度がどれだけ変化したか」と日記をつけるように頼みました。

上の研究よりもさらに若い層がふくまれてるのでもっと参考になりそうです。

その後、日記の内容をまとめた傾向は、

  • 若者より高齢者のほうがパンデミック中でも幸福感を得てるし、ストレスや不安の感情も少ない
  • 高齢者ほどパンデミックの最中にリモートのコミュニケーションなどポジティブな出来事を経験していた

だったそうです。

研究者によれば、

” 一般的に「高齢者は弱い」と言われることが多いが、実際は感情的な回復力が高いという新たな証拠が得られた。

逆に、若い成人はパンデミックの間に孤独と心理的苦痛を覚えやすい可能性が分かった”

ということです。

若者と高齢者ではライフスタイルが違うし、特に若者は仕事の環境が激変したので、これだけで「若者はメンタルが弱い」とは断言できませんが、「高齢者のストレスに対する抵抗性がすごい」ということが言えそうです。