男性が家事をしない本当の理由は?

男性の一人暮らしの部屋が散らかっていたり、綺麗でなかったりするには理由があります。

日本やお隣の国ではその傾向が強い、とある歪んだ考えが染みついてます。この理由を聞くと女性にとってはちょっとショックかもしれませんが、男性にとっては女性との関係をよくしていくためにも改善ポイントです。

男性は女性に比べて30%しか家事をしない。

日本に限らず海外でも基本的に男性はあまり家事をしない傾向が強いです。日本やお隣の国に限らずどの国でも大体同じであることが分かっています。

どれくらい家事をしないのかというと、男性が家事を行う割合は30%しかありません。女性を100としたら(女性でもしない人はいると思いますが)男性は30ということです。

ではなぜ男性は家事をしないのでしょうか?

2019年のカリフォルニア大学の研究で男性327人、女性295人を対象に全員に散らかった部屋の写真を見てもらい、それぞれに部屋がどれくらい汚いと思うのか、どれくらい掃除が必要だと感じるのかを調査しました。

というのも男性は散らかっていても汚いとか掃除が必要とか思わないのではないかという仮説を立てて調べてみたのです。

結果、男性も女性も部屋の汚さに対する認識は同じだったのです。男性も汚い散らかっている部屋をみたら、女性同様汚いな、掃除が必要だなと思っているということです。

女性と同じく掃除が必要と感じてるのにしないのはなぜ?

これはアメリカの研究で、ちょっと衝撃的なのですが、男性の大半は女性が仕事をしているとか子供がいるとか関係なく女性が家事をするべきだという認識を持っていたのです。

日本に比べたら、アメリカでは男性がもっと家事に協力的というイメージがありますが(子育てには協力的だと思いますが)男性の大半は、掃除や料理、洗濯などの家事は女性がするべきしごとだと考えているのです

男性は部屋が散らかっていて汚い時、女性同様散らかっているし、掃除が必要だなと認識するにも拘わらず、掃除や洗濯などの家事は自分たちの仕事じゃなくて女性の仕事だと考えているということです。

男性がもてたいなら、家事を積極的にする。

男性にとっての改善ポイントは、家事を出来る男になることです。すると女性にとってとても魅力的にうつるしモテます。

人間は子孫を残すために進化してきたので、女性にとっては家庭をもっていくうえで自分に協力的な伴侶となる男性を見抜いて好きになるように進化してきた訳です。

犬を連れて散歩している男性の方がそうでない男性より魅力的にうつり、女性の連絡先を聞きやすいという研究もあります。犬を可愛がってる姿を見ると将来子供を世話してくれそうに見えるからです。

それから子供と楽しく遊んでる姿もまたその男性の魅力度があがるということも研究で分かっています。

まとめると、男性の70%は家事は女性のするべきことだと考えていますが、女性は30%の家事をする男性を見つけた方が将来家庭がスムーズに築けます。男性は家事を積極的に行うことで女性に魅力的に映りモテる確率が上がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *