メールでの頼み事は対面よりやはり効果が低い

メールでの頼みごとは驚くほど効果が低いというデータ(ソース)があります。

ちょっと考えてみると、メールよりは対面で頼みごとをしたほうが成約率が高そうな印象がありますけど、その影響力の差はびっくりほど違うということです。

メールより対面で依頼するほうが30倍効果が高い

これはコーネル大学などの研究で、45人の男女に対して「見知らぬ人たち10人に声をかけて、アンケート調査を頼んでみてください」と指示しました。その際に全体を2つのグループに分けて、

  1. メールで依頼する
  2. 対面で依頼する

という感じでどんな違いが出るのか調査しました。どちらのグループも、同じ内容の依頼をするように指示してあります。

それで、どのような結果になったかと言うと、

  • どちらのグループも、最初は「10人のうち5人くらいはアンケートに答えてくれるだろう」と考えていた
  • メールで依頼した場合は平均して10人中0.3人しかリクエストに応じなかったが、対面リクエストの成功率は10人のうち8人だった

という大きな相違がでたのです。

この研究では、似たような実験をいろいろ行っていて、「見知らぬ人に文書の校正作業を頼む」などの指示も出したのですが、結果はいずれも同じでした。メールよりも対面で依頼したほうが、30倍近く成功率が高かったそうです。

人は対面で頼まれると断りにくい

かなり大きな差ですが、その理由はメールで断るよりも対面で断るのが気まずいからです。対面で相手の依頼を断るにはエネルギーを使いますから。

研究チームによれば、

”初対面の人と接するときは、気まずさや恥ずかしさを避けたいものです。しかし、メールではその感覚を回避することができます。

実際、友人とのやり取りでさえ、参加者の50%が頼みごとには電子メールを使うと答えています。”

「見知らぬ人に対面で頼む」と「メールで友人に頼む」という2つの手法を比べた場合は、前者の方がはるかに効果的だと考えられる

対面をやめて電子メールを使おうと決めた瞬間、友人の人に頼もうが初対面の人に頼もうが、成功率は低くなってしまいます。”

ということです。

とにかく対面でものごとを頼まれると、人間は断りにくくなってしまうのですね。

メールの効果が低いのは、信頼間を築くのに向いていないから

メールで頼みごとをされると、多くの人は『本当に真剣な頼みなのだろうか? なぜ直接私に尋ねてこないのだろうか?』と思ってしまい、最後は無視してしまうのです。信頼は共感につながり、それは対面でしか培われないものなのです。

”メールで依頼する方が便利で楽なことが多いですが、その有効性を過大評価してしまうと、マイナス面を認識せずに、影響力の弱い手段を選ぶことになってしまいます。”

学生だけを対象にした研究なので、ビジネスのセッティングなどでも実験する必要はあるでしょうが、対面とメールでは30倍以上の効果の差があるのかもと思っておいても損はない筈です。

自然、重要な依頼は対面で行うのが一番ということです。

ただ最近はFace timeやSkypeなど顔を見ながら会話する手段もあって実際の対面と同様の効果があるのか気になるところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *