Googleの採用で最重要視される「知的謙遜」とは?

ウォータールー大学から出た論文「どうすれば賢者のような行動が取れるか?」(ソース) によると、

賢者レベルをチェックするのに、3ポイントを採点の基準に使っています。

    1. 知的謙遜:自分の知識の限界を理解し、世の中の不確実性を知り、自己の偏見やバイアスに敏感な状態
    2. 自己超越:自分中心ではなく、引いたところから物事を考えられること
    3. 視点の統合:他者の視点からさまざま視点をまとめて考えられること

知的謙遜」は自分の知識の限界レベルをちゃんと把握した状態のことで、要は「無知の知」ということです。

Googleの人事担当は、「知的謙遜があるかないか」を採用の基準にしてるそうです(ソース)。「ワーク・ルールズ!」のラズロ・ボックによれば、

”(Googleの採用で重要視するのは)謙遜心と責任感だ。(中略)

謙遜とは他人の良いアイデアを受け入れられる状態を指すだけでなく、「知的謙遜」でなければならない。知的謙遜がなければ、人間は学ぶことができなくなってしまうからだ。”

とのことです。

知的謙遜がない人は失敗から学ぼうとしないので、組織内で働くのには向いてないということです。

この現象はいくつかの実験(ソース)でも確認されていて、

知的謙遜のレベルが高い人ほど、

    • 意見が違う人からも学ぶことができる
    • 長期的にみると知的発達のスピードが速い

という傾向があります。 いかにも賢者って感じですね。

というと当たり前のようですが、人間には「自分は平均よりも上だ」と思い込むバイアスがあるので、意外と知的謙遜を維持し続けるのは難しいです。

今のところ、その特効薬はないのですが、ブラウン大の研究(ソース)だと「定期的に自分の知識を他人に説明してみるといいのでは?」とのことです。

実際、このアドバイスを「社会問題」で試してみたところ、実験の参加者は尊大さが減り、極端な政治姿勢を取らなくなったそうです。

確かに、自分こそ正義だと思いこんでしまうと、極端な方向に走りがちですから。

このほか、知的謙遜にはバイアスの問題が大きいので、

  • 帰属エラー(原因を内的要因に過度に帰属させる社会心理学上の問題)を避けるための簡単な質問(ソース
  • 生まれつきの天才よりも上の判断力(偏見にとらわれない判断)をつけるためのトレーニング方法(ソース

 といった点も使えそうです。

新年の目標達成ための心理学的10のポイント

2021年が来ましたね。

イギリスの有名な心理学者リチャード・ワイズマンが、「その科学が成功を決める」のなかで、「新年に立てた目標を達成する心理学的に正しい方法」を10個のポイントにまとめているので参考になります。

1.目標は1つにしぼる

あれもこれもと欲張るとエネルギーが分散するので、変えたい行動は一個だけにしぼった方が成功率は格段に上がる。

これは様々な方向に目標を立てると、それぞれを達成するのに、大変な力がいし、大きな目標は一つに絞るのが良いということですね。

2. 自分が本当に何をしたいのかを2〜3日は考える

新年の目標に失敗した人の大半は、新年の前日になって慌てて来年の目標を立てる傾向にあります。

最低でも数日はかけて自分が本気で達成したいことを考えないと、まず目標は失敗に終わる。

なんとなく新年だから、ダイエットしようとか、エクササイズを増やそうとか安易に設定してしまうと失敗しやすいということですね。

3. 以前に失敗した目標は避ける

過去に失敗した目標は無意識にストレスを与えるので、結果として達成できなくなる可能性が高くなる。

去年失敗した目標を今年こそと思うのは悪くないですが、失敗しているので、もっと違う角度から設定すると良いのかもしれません。

4. 他人の目標に振り回されない

本気で金を貯めたいわけでもないのに、「貯金がいい」という風潮に振り回されて目標にすると絶対に失敗する。

自分が本当にやりたいことだけを目標に設定しよう。

これは2と関係すると思いますが、自分のやりたいことをじっくり考えて設定しないと失敗するということですね。

5. 小さい目標にわける

大きな目標を立てるとまず失敗に終わるので、いったん目標を噛み砕いて小さなサブゴールを作るといい。また、サブゴールには期限を設けること。

大きな目標と小さなサブゴール両方設定するといいと思います。

仕事でも同じですが、プロジェクトを達成するためには小さなゴールを一つづつ達成する必要がありますから。

6. 目標を人に話そう

新年の目標は友人か家族に話しておくと、失敗へのプレッシャーがかかるため成功率が倍になる。

SNSで自分の目標を言っておくというのも一手ですね。

7. 目標を立てた動機を定期的に思い出す

目標を立てた理由をチェックリストにまとめておき、これを定期的に見直して「ゴールを達成したら自分がどう変わるのか?」を思い出すといい。

8. サブゴールを達成したら自分にご褒美を

サブゴールを達成するたびに自分にご褒美をあげてみると、自分が前に進んでいる感覚が得られるためモチベーションアップにつながる。

これは、もう絶対ですよね。前進している感があってとても良いと思います。

9. 達成度を日記に記録する

計画の進行度は必ず日記に記録しておく。形式は手書きでも表計算ソフトでも何でも大丈夫。

実際文字やグラフなどを見ると問題点が見えてきたりするので、良いです。

10. そう簡単に習慣は変わらないことを理解する

どんなに意思が強い人でも、必ず昔の悪い習慣にもどってしまうケースは起こる。

もし失敗しても目標をあきらめる理由にせず、ただの一時的な障害と考えるとよい。

失敗するとあきらめてしまいがちなので難易度が高いですが、自分がやりたいという熱力が高いと乗り越えていけそうです。

以上、「新年の目標」を達成するための心理学的に正しい10のポイントでした。

年収を左右する要素のトップ8とは?

見た目がいい人は金持ちや性格がいい人は金持ちなど、いろんなデータがありますが(ソース)、2018年に「年収を左右するトップ8を調査した」という面白いデータ(ソース)が出ています。

これはテンプル大学の研究で、2564人の男女に2つの選択肢を与えました。

  1. 500ドルをいますぐもらう
  2. 1000ドルを1年後にもらう

ということで、行動経済学の世界ではよく見る「目の前の欲望を遅らせる能力があるかどうか?」をチェックしたわけです。

いわゆる「遅延割引」と呼ばれます。

この研究は機械学習を使ってるとこがポイントです。

たとえば、これまでの研究でも「遅延割引」や「性別」などが収入と関係があるのはわかっていましたが、「どちらのほう稼ぎへの影響力が強いのか?」ということは分かりませんでした。

ところが、機械学習を使うと従来より多くの変数を扱えたり、非線形の要素も取り込めたりできるので、より正しい影響度が見られると考えられます。

年収を左右する要素のトップ8とは?

その結果、「収入を左右するポイント」のランキングは以下通りです。

  1. 職業
  2. 教育
  3. 住んでいる場所
  4. 性別
  5. 遅延割引
  6. 人種
  7. 身長
  8. 年齢

ということで、1位が「職業」なのは当然で、良い仕事につくと年収も高いということですね。

同じく教育レベルが高ければ良い職業につくケースも多いですし、良い仕事は特定のエリアに集中しているので、「住む場所」が大事なのも納得だと思います。

残りの要素としては、性別、人種、年齢あたりは差別問題がからんでそうな感じです。イメージとしては、白人、男性、20代で高身長が、年収が高そうな感じです。

また、高身長な人ほど収入が高い理由については、以下のように推測されています。

” 身長が高いと自尊心が高まり、主観的にも客観的にも仕事のパフォーマンスが上がるのかもしれない。そのせいでキャリアも成功し、給与に反映されるのだろう。”

「遅延割引」は人生のネガティブを避けるのがメインの能力

気になる「遅延割引」は5位にランクインしてます。

2018年に「マシュマロテスト(セルフコントロールテスト)が間違ってたのでは?」というデータもありますが(ソース)、教育や住む場所より下位に入ってるのを見ると、目先の欲望を我慢する能力は、やはり大事なのだと思います。

研究者によれば、

” 目の前の喜びを遅らせる能力の低さは、人生の好ましくない選択と相関していた。”

とのことです。

遅延割引率が大きい人ほどアルコールやドラッグにはまったり、ギャンブルに依存しやすく、知性も低い傾向があったそうです。

” 遅延割引の大きさは、良い教育などから自分を遠ざけるような悪い行動の連鎖を生み、稼げる職業につくのを妨げてしまうのだろう。”

ということで、目先の欲望を我慢する能力は、人生のネガティブを避ける方向で働くのではないか?ってことですね。

いまさら身長は変えられないので、後からでもコントロールできる「遅延割引」を小さくするように心がけとくのが良いようです。

教育については、後からいつでも大学院に行ったりできる機会の多いアメリカだと、まだチャンスはありそうですね。

何もやる気が起こらない精神疲労に立ち向かうには?

精神疲労は思ったよりもやばい?

メンタルが疲れると運動のパフォーマンスが落ちるということは、なんとなく理解してると思います。

頭を使う仕事でぐったり疲れたら、そもそも運動なんてやる気がしませんから。

ですが、「精神疲労と運動」に関する研究が増えていて(ソース)、思った以上にメンタルの疲れは良くないのが分かっています。

たとえばウェールズ大学が16人のサイクリストを対象にした実験(ソース)だと、参加者を2つのグループにわけて、

  1. 90分ほどコンピューターで頭を使う作業をする
  2. 90分ほど自然のドキュメンタリー映像を見る

ということをやってもらいました。

その後、エアロバイクをこいでもらったら、頭脳作業をしたグループは「いつもより辛い!」と言い出す確率が高くなり、ドキュメンタリーグループより15%も早くギブアップしたそうです。

90分の精神疲労のダメージはボックスジャンプ100回分

この「15%の疲労感」ってのがどれほどパフォーマンスの低下につながってるのかと言えば、

約35センチの箱の上に100回ジャンプで飛び乗るのと同じぐらいの疲労感

なのだそうです。これは結構つらいですね。

本題についてですが、2018年に出た「精神疲労に立ち向かうにはどうすればいいのか?」というレビューが参考になると思います(ソース)。

精神疲労はなぜ起きるのか?

これはキャンベラ大学が行ったレビューで、過去に行われた精神疲労と運動パフォーマンス(おもに持久系のエクササイズ)に関するデータをまとめたものです。

第一に、「精神疲労ってどうしてで起きるのか?」という問題については、

  1. 頭を使う作業をすると脳内でブドウ糖が燃える
  2. これがアデノシンの分泌を促進する
  3. アデノシンがドーパミンの分泌をブロックする
  4. モチベーションが下がる!

といった流れになっています。

アデノシンは疲労物質で、適度にモチベーションを落として人体を休ませる働きを持っています。

ずーっと頭を使ってると疲労物質がたまっていっってしまうわけです。

精神疲労に立ち向かう4つの戦略

精神疲労を癒すにはアデノシンをどうにかするしかないのですが、ここで取れる対策は4つあります。

具体的には、

  • カフェイン摂取:カフェインは一時的にアデノシンをブロックする働きがありますが、一方使いすぎると耐性ができてしまい、逆に疲労感が増してしまう諸刃の剣です。

    効き目には個人差もあるので、うまく使いこなすのは意外と難しいかもしれません。

  • そもそも本番の前に頭を使わない:これは当然ですが、とりあえず大事なことの前には瞑想でもしてアデノシンの増加を抑えてしまう作戦です。
  • 逆に激しい運動をする:これはちょっと面白いのですが、どうもスプリントぐらい負荷が高い運動であればアデノシンの増加を一時的にやり過ごすことができるそうです。

    研究によれば、ジョギングレベルの運動だと精神疲労には勝てないので、バーピーやHIITのような運動を試すのが良いとのことです。

    食欲抑制からアンチエイジングまでHIITは素晴らしい

  • 普段から小さな精神疲労を味わっておく:これは日ごろの心がけですが、日常的に細かく精神疲労を味わっておけば、頭脳がどんどんアデノシンに強くなっていくみたいです。

    筋トレと同じで、使えば使うほど脳も疲れにくくなってくわけです。ですから、1日に1回は「徹底的に頭脳を追い込む時間」みたいなのを持っておくといいかもしれません。

    それは認知パズルみたいなものでもいいですし、普通に勉強で難問を解いてみるのもありかもしれません。

という感じになっています。

とりあえず日ごろから「頭脳を酷使する時間帯」みたいなのは設定して脳をアデノシンに強くしつつ、それでも精神疲労を超える必要があれば激しい運動をしてみると良いということですね。