130億ドルを稼ぐ企業の社長の時間の使い方とは?

ここ数年優秀な社長はどんな人なのかという点を調べる研究が多いようです。

など報告があります。

優秀なリーダーには一定の共通点があるみたいですね。

2018年にHBRに出た研究(ソース)は、「すごい社長はどんな時間の使い方をしてるのか?」という点を調べています。

これはハーバード大学の研究で、27人のCEOが対象で、男性が25人で女性が2人となっています。

すべて貿易系の会社のトップで、平均で年に130億ドルぐらいの収益がある企業を選んでいます。

研究ではCEOのアシスタントに協力を頼み、全員の1日の行動を15分刻みで記録し、それを12年ほど続けて60000時間のデータを集めたというかなりの労作です。

続きを読む

やる気と作業効率アップに激しく効くメタ認知とは?

メタ認知は「自分の思考についての思考」のことで、自分の状態をモニタリングしたり、現状を評価したりといった時に使う能力のことです。

つまり、メタ認知が低いと、なにが現在の問題なのかすらわからないので、まともな計画が立てられず、ひたすら泥のなかでもがき続けるようなっちゃうわけです。

2012年にでた「学生のメタ認知を育てよう!」という論文(ソース)は、学校の先生が生徒のメタ認知を育てる方法をまとめたレビューですが、大人にも十分使える内容かと思います。

メタ的に問題に取り組む4つのステップ

具体的には、まず以下の4つのステップで問題に取り組むのが基本になります。

  • ステップ1.事前評価:「新しいことを学ぶにあたって、自分はすでにこのトピックについて何を知っているだろう?」という質問で、自分の「現在の思考」を深掘りするように働きかけます。
  • ステップ2.混乱ポイント:「今日学んだことのなかで、もっとも自分にとって意味不明だった点はどこだろう?」」といった質問で、「何がわからないのかがわからない!」状態を抜け出します。
  • ステップ3.「事前評価」の評価:事前評価の段階と現在で、自分の考え方がどう変わったかを深掘りする。「このテキストを学ぶ前は◯◯だと思ってたけど、いまは◯◯だと思っている」「自分の考え方の、このポイントが変化した」みたいな感じになります。
  • ステップ4.思考の記録:ステップ1〜3までを記録に残しておく。「自分がテストのために準備したことは◯◯で、次には何をすべきかを考えた。事前の準備でうまくいったのは◯◯で、次に変えるべきポイントは?」みたいな感じです。

このガイドラインは役に立ちそうです。

新たな仕事に取り組むときに使ってもいいですし、1冊の本を読むときに実践しても理解レベルがアップしそうです。

続きを読む

Googleの採用で最重要視される「知的謙遜」とは?

ウォータールー大学から出た論文「どうすれば賢者のような行動が取れるか?」(ソース) によると、

賢者レベルをチェックするのに、3ポイントを採点の基準に使っています。

    1. 知的謙遜:自分の知識の限界を理解し、世の中の不確実性を知り、自己の偏見やバイアスに敏感な状態
    2. 自己超越:自分中心ではなく、引いたところから物事を考えられること
    3. 視点の統合:他者の視点からさまざま視点をまとめて考えられること

知的謙遜」は自分の知識の限界レベルをちゃんと把握した状態のことで、要は「無知の知」ということです。

Googleの人事担当は、「知的謙遜があるかないか」を採用の基準にしてるそうです(ソース)。「ワーク・ルールズ!」のラズロ・ボックによれば、

”(Googleの採用で重要視するのは)謙遜心と責任感だ。(中略)

謙遜とは他人の良いアイデアを受け入れられる状態を指すだけでなく、「知的謙遜」でなければならない。知的謙遜がなければ、人間は学ぶことができなくなってしまうからだ。”

とのことです。

続きを読む

新年の目標達成ための心理学的10のポイント

2021年が来ましたね。

イギリスの有名な心理学者リチャード・ワイズマンが、「その科学が成功を決める」のなかで、「新年に立てた目標を達成する心理学的に正しい方法」を10個のポイントにまとめているので参考になります。

1.目標は1つにしぼる

あれもこれもと欲張るとエネルギーが分散するので、変えたい行動は一個だけにしぼった方が成功率は格段に上がる。

これは様々な方向に目標を立てると、それぞれを達成するのに、大変な力がいし、大きな目標は一つに絞るのが良いということですね。

2. 自分が本当に何をしたいのかを2〜3日は考える

新年の目標に失敗した人の大半は、新年の前日になって慌てて来年の目標を立てる傾向にあります。

最低でも数日はかけて自分が本気で達成したいことを考えないと、まず目標は失敗に終わる。

なんとなく新年だから、ダイエットしようとか、エクササイズを増やそうとか安易に設定してしまうと失敗しやすいということですね。

続きを読む