成功するための要素、グリットって何?

グリットって何?

グリットとは、やる気や根性などの意味ですが、心理学上では、「忍耐力」「意志力」「やり抜く力」「長期的な目標へ向かう情熱」などの意味があります。

「成功する子 失敗する子」「モチベーション3.0」「究極の鍛錬」などの本で奨められていて、いずれの本でも「成功のために知性や創造性はさほど必要はなく、本当に大事なのはグリットである」という点が強調されています。

で、この考え方の元になってるのが、2007年の論文(ソース)です。

学生や陸軍学校の生徒を対象にグリットの有効性を調べた研究で、研究者によれば、

” 専門職で成果を残すためには、知性の高さが重要だ。しかし、成功のためには、もっと必要な能力があることは知られていない。われわれは、その大事な能力の1つである「グリット」について調査した。

グリットとは、忍耐力や長期目標をやり抜く情熱のことだ

グリットはIQの高さとは関係がないが、性格のビッグファイブにおける「誠実性」と高い関連があった。

IQや性格よりも、グリットは成功の可能性を予測する良い指標になりえる。

これは、困難な目標を達成するためには、才能だけではなく、個人の能力を集中して持続できるほうが大事だということを示している。”

とのことです。

性格が最も正確に分かる10の質問

天才を目指すよりも、とにかく粘り強く続けることが一番大事だということですね。

エビデンスとしては弱いですが、何度も試せば試すほど成功の確率は高くなりそうです。

グリットを高めるためには?

では、グリットを高めるにはどうすれば?という話ですが、グリットは「意志力」や「セルフコントロール」という能力と関係しているので、

  • 多くの科学者が賛成する定番の意志力トレーニング法(瞑想、エクササイズなど)
  • ヨガの「片鼻呼吸法」で意志力がアップする(ソース

などのテクニックが使えるかと思います。

また、アンジェラ・リー・ダックワース博士のTEDトーク(ソース)によると、

” これまで聞いた中で、子どものやり抜く力を育てるのに一番よいのは「成長思考」と呼ばれます。

スタンフォード大学のキャロル・ドウェックが 見出したもので、成功思考とは、学習する能力は固定しておらず、努力によって変えられると信じることです。”

この「成長思考の重要性」については、「やってのける」で有名なハイディ・グラント・ハルバーソン博士も推しているポイントで、

” つねに「より良いゴール」を目指していれば、絶対に負けることはない。

なにごとにおいても、スキルを学ぶつもりで挑むのが大事だ。

そうすれば、ミスや失敗を受け入れる余裕が生まれ、いかなる問題が起きてもモチベーションを保つことができる。

「より良いゴール」を目指す人たち(例えば、試験を「新しい問題解決のスキルを学ぶチャンス」としてとらえる)は、どんな誘惑にも影響されないし不正もしない。

どんなに道のりが困難でも、つねにやる気を高めて上手くやるからだ。”

(「 Nine Things Successful People Do Differently 」)

と強調しています。

ちなみに、グリットが高い人(誠実性も高い)は、成功率が高まるほかにも、太りにくくなったり(ソース)、病気にかかりにくくなったり(ソース)、配偶者の出世率を高めたりと(ソース)、とにかくいいことばかりです。

ぜひとも身につけたい特質の1つです。

新型コロナでこれからの働き方はどうなるの?

新型コロナで在宅勤務が増えて今後の働き方が変わっていくと考えられています。

「GIVE & TAKE」や「ORIGINALS」などの著書で有名なペンシルバニア大学ウォートン校心理学教授のアダム・グラントが、「The Economist」で「新型コロナ危機後の仕事はどうなるのか?」という論文(ソース)を出しています。

グラント教授が過去の不況や危機に関する研究をベースに「新型コロナと今後の仕事」についてまとめたもので、

  1. 仕事への満足度
  2. リーダーシップ
  3. 人と人の間の信頼

に変化が起きるのではないか?と指摘しています。以下まとめると、

1. 仕事への満足度の変化

  • 複数の研究により、失業率が高ければ高くなるほど、10年後から15年後も仕事への満足度は高止まりする。今後の不況でキャリアを始めた場合は、今後の仕事への満足度も高くなる。
  • 新型コロナで不況が加速すると、全体的に感謝の気持ちは高まる。これは仕事の満足度を高めてくれるが、一方でブラック企業による「やりがい搾取」の被害にもあいやすくなる。

2. リーダーシップの変化

  • ストレスが多い時期には、人間の基本的な本能があらわになりやすい。そのため、新型コロナ後のリーダーは、とても寛容になるかとても非情になるかの両極にふれがち。
  • 新型コロナの危機では人材の流動性が高まるため、より倫理的で思いやりのあるリーダーシップが求められやすくなる(スター人材を引き止める必要があるから)。
  • 2000人以上の公開企業のCEOを対象にした調査では、失業率が高い時期に成人期を迎えた人たちは、給料を低く抑える傾向があった。また、失業率が高い時期にはナルシシズムや権利意識も減りやすく、これもまた謙虚なリーダーシップの重要性につながっていく。

3. 信頼の変化

  • 新型コロナの危機により、私たちが同僚や会社に対して抱く信頼のレベルは両極端にふれる可能性が高い。もともと団結していた企業は危機のおかげでさらに結びつきが強くなるが、元から信頼がない組織は新型コロナのせいでさらにばらばらになるかもしれない。
  • 危機が起きると、多くの経営者は「マイクロマネージメント」に走りがちになる(部下のリモートワークを監視したりとか)。が、基本的にマイクロマネージメントは悪影響しか生まないので注意したい。
  • 多くの人は、今回の危機で「職場がなくても仕事ができる!」と気づき始めた。そのため、今後は組織には全く所属せず、「ギルド」のような仕事形態が加速するかもしれない。
  • ただし、多くの研究によると、サラリーマンは週の半分以上はオフィスにいないと同僚との関係が悪化し、コラボレーションが損なわれる可能性がある。個人的な交流が不足すると社員の昇進率が低下するエビデンスもあるので、完全に仕事をリモート化するのは危険。

となります。要は、

  • 不況期は「仕事があるだけありがたい!」って気分になるので、逆に仕事への満足度は高まる。ただしそれだけ「やりがい搾取」も起きやすい。
  • 不況期においては古いタイプのぐいぐい引っ張るタイプのリーダーシップは通じにくい。「謙虚なリーダーシップ」が必要かも。

  • 不況期は助け合いの精神が高まるため、親密度が高い組織は信頼感が高まりやすい。

みたいな感じです。

全体的には「不況におけるマインドの変化が大事」ということに焦点が置かれていて、新型コロナに特有の変化というわけでもなさそうです。

在宅勤務なども新型コロナ前から言われてたことがちょっと加速しただけですから。

「不況になると人間の信頼感は高まる」ということも昔からよく言われることですね。

人生の成功は5才の段階で決まっている?!

人生の成功は5才の段階で決まっている!」ペンシルベニア州立大の実験研究が興味深い結果になっています(ソース)。

これは、まずは1991年に753人の5才児を集めて、幼稚園の先生たちに全員の性格を採点してもらいました。具体的には、

  • 自発的に困った助けているかどうか?
  • 他者の感情を理解するのが上手いか?
  • 他者に物を分け与えることができるか?
  • 指示されなくても友だちと協力できるか?
  • 他人の意見をちゃんと聞けるか?
  • エラそうにならずに自分の意見が言えるか?
  • 他人にフレンドリーに接することができるか?

などの点です。要は共感力の高さを調べたということです。

20年後に再び調査を行ったところ、5才の時点で共感力が高かった子どもほど、

  • 大学の卒業率が高い
  • 若いうちに定職につく確率が高い
  • 正社員である確率が高い

という傾向があったそうです。逆に、共感力が低かった子どもは、

  • 逮捕率が高い
  • 大酒を飲みがち
  • 決まった家を持ってない確率が高い
  • 公的扶助を受けている確率が高い

といった傾向が高かったということです。

心の知能指数が高い人は年収も高くなる」というデータもありますし(ソース)、やはり共感力は重要ということですね。

研究者によれば、

” 共感能力が良い結果を生む理由はわかりやすいだろう。学校でも社会でも、いったん人間関係がうまくいけば、未来に良い影響をあたえることになる。

今回の研究により、子どもたちの社会性と感情の能力を伸ばすことが、彼らの将来にとって非常に大事だとわかった。”

ということです。

いちおう大人になってからも共感力は鍛えられる(ヨガや瞑想など脳の迷走神経を刺激する)ので、子供のころ共感力がなかったとしても大人になってそれを自覚し、修正することは可能です。

趣味に取り組むと仕事がはかどる!

人生において、「趣味は大事!」ってポイントに異を唱える人は少ないかと思います。
もしかしたら仕事が何より大事なんて行動している人はどこかの国にいそうですが。

「勉強ばかりさせて遊ばせないと子供はだめになる」(All work and no play makes Jack a dull boy)ということわざもあるように、働いてばっかりではメンタルを病んでしまいます。

2019年の論文データ(ソース)も趣味に関する調査で、「趣味は大事、それどころか趣味のおかげで仕事もはかどる」みたいな結論になっています。

これはシェフィールド大学の研究で、趣味に真剣に取り組んでいる129人の男女を対象にしています。

各自の趣味の内容はクライミングとかお笑いとか様々で、具体的に以下のポイントを調べました。

  • みんなが普段どれぐらいの時間を趣味に費やしているのか?(7ヶ月間趣味の時間を記録してもらいました)
  • 趣味にどれぐらい真剣に取り組んでいるか?(「定期的に趣味のためにトレーニングをしていますか?」みたいな質問で調べました)
  • 仕事に対して自己効力感があるか?(仕事でトラブルに出くわしても「まぁなんとかなるだろう」と思える能力)
  • 仕事のパフォーマンスはどうか?

要するに、趣味と仕事のパフォーマンスが連動しているかどうかを調べたわけです。

すべてのデータをまとめたところ、結果は、

いつもより趣味に時間を使ったあとは、仕事のパフォーマンスが増加する!

ということになっています。

何か大事な趣味を持っている人には、非常に良い話じゃないでしょうか。

ただし、ここにはいくつかの注意点もありまして、

  • その趣味が仕事の内容と離れていないと、仕事のパフォーマンスは上がらない
  • もし趣味が仕事の内容に近いものだった場合は、趣味を気楽にやらないと仕事のパフォーマンスは上がらない
  • 趣味の内容が仕事に近く、さらにその趣味へ真面目に取り組んでいた場合は、逆に仕事のパフォーマンスは低下する

だったそうです。

これらの現象については、

  1. 仕事とは離れた趣味をする
  2. リフレッシュされて脳のリソースが回復する
  3. 仕事のパフォーマンスが上がる!

という点が趣味のいいところなのに、

  1. 仕事と似たような趣味をする
  2. 趣味にリソースが費やされ、仕事に使う分のリソースが減る
  3. 仕事のパフォーマンスが下がる!

みたいになってしまうということですね。

研究チームによれば、

” ロッククライミングが好きな科学者のことを考えてみよう。クライミングはあまりにも彼の日常の仕事とはかけ離れているため、仕事のプレッシャーからも自分を切り離すことが可能となる。”

ということです。

仕事とはまったく異なる趣味に時間を費やすのが一番良いということですね。たとえ仕事に近い趣味だったとしても気楽に行えば大丈夫だということです。

ちなみに私の趣味はズンバ、筋トレ、観葉植物で仕事とは関係ないので全く大丈夫だということになりそうです。