寝る前に白米を食べるとよく眠れるようになる?!

寝る前に炭水化物(糖質)を食べるとよく眠れるようになることは昔からよく言われています。(ソース

糖質のおかげで脳内のセロトニンやメラトニンといったホルモンの量があがるのが原因ではないかとされています。

2014年にPLoS ONEに出た論文(ソース)は、「どの炭水化物が睡眠にはベストなのか?」という疑問について調べていておもしろいです。

被験者はみな日本人で、20才から60才の男女1848人に対して、米、パン、パスタの3種類が睡眠にあたえる影響を調べました。

その結果は、

白米  睡眠の質がアップ!

パン  睡眠の質がダウン!

パスタ 睡眠の質がダウン!

ということでした。

米だけが睡眠の質を上げたというのは不思議ですね。

ちなみに、この実験では、GI値が高いほど睡眠の質が向上する傾向が見られたということです(統計的にはゆるい数値ですが)。

糖質が血中に流れこむスピードが速いほど、よく眠れるようになるということですね。

確かに、極端な低糖質ダイエットをしている人が不眠傾向があるケースは意外と多いので、この結果は納得できるところです。

もちろん、だからといって「寝る前に炭水化を物食べよう!」という話にはならないわけですが、低糖質ダイエットが原因で不眠が起きている場合は、

” 寝る2時間前までにお茶碗半分から1杯分の白米を食べる ”

という対処法を実践してみるのはいいかもしれません。

メラトニンはダイエットに最適サプリ

それでも、どうしても糖質を摂りたくないという人は、5-HTP(幸せホルモンであるセロトニンを増やして、ストレス性の食べ過ぎを防いだり、眠りにつきやすくしてくれるサプリ)とメラトニンを補充すると良いかと思います。

メラトニンはダイエットに最適サプリ!

いわゆるやせ薬は存在しません。

飲むだけで痩せるということをうたったサプリなどがよくありますが、かなり怪しくネガティブな影響が出るものもあり得ますのでやめておいた方がいいということをアメリカ食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)も発表しています。

そんな中で、一般的にあるサプリの中で痩せるために使えるのではないかとされているのは、カフェインとヨヒンビンというものがあります。

ですが、ヨヒンビンは自分の体重から使用量を割り出す必要があり、人によっては動悸が早くなったり血圧が上昇したりする副作用があるのであまり勧められません。

現状として使えるものは、カフェイン不耐性がなければですがカフェインが有効でないかと考えられます。

カフェインが脂肪を燃えやすくするのではという研究結果は多くあります。

メラトニン

カフェインが苦手な方でも使いやすくて、かつ、副作用も少なく体にも良いサプリがあります。

それは睡眠を助ける時によく使うメラトニンです。

続きを読む

つま先や指先をちょっと出して寝るとよく眠れる?!

体温を上手に下げる

人間の体がどのようにすればよく眠ることができるのかというと、いくつかの方法が確認されていますが、体温調整が非常に重要だということが分かっています。

ポイントとしては体温がうまく下がることが重要です。

寝る前にお風呂にゆっくり入り体を温めておいて、しっかり体が温まった状態から体温が落ちやすい状況で眠れば良いということになります。

以前記事で寝る前どれくらいでお風呂やシャワーをしたらいいかということを書きましたが、大体寝る90分前ぐらいにお風呂に入って体温を上げて、その体温が落ちる時に眠くなり自然と眠るようにするといいと思います。

睡眠の質を上げるのに寝る前のお風呂は何時がベストなの?

続きを読む

もしサプリを摂るならこれだけあればオッケー!

食事から必要な栄養素、ビタミンを摂取するのが良いですが、ちゃんとした時間がなくて食事が摂れてないとか、ふだんの食事からどうも足りてない時は、以下のサプリを摂ってみてください。

食事で摂れない分を補う以上の役目を果たしてくれます。

1.ホエイプロティン
2.メラトニン
3.クレアチン
4.ビタミンD
5.マグネシウム

1.ホエイプロティン

以前の記事で紹介したように、食欲を抑制してダイエットに向いています。

タンパク質なので肌や髪の質も改善してくれる優れものです。

ホエイプロテイン、飲むだけで痩せるって本当?

続きを読む