寝る前に白米を食べるとよく眠れるようになる?!

寝る前に炭水化物(糖質)を食べるとよく眠れるようになることは昔からよく言われています。(ソース

糖質のおかげで脳内のセロトニンやメラトニンといったホルモンの量があがるのが原因ではないかとされています。

2014年にPLoS ONEに出た論文(ソース)は、「どの炭水化物が睡眠にはベストなのか?」という疑問について調べていておもしろいです。

被験者はみな日本人で、20才から60才の男女1848人に対して、米、パン、パスタの3種類が睡眠にあたえる影響を調べました。

その結果は、

白米  睡眠の質がアップ!

パン  睡眠の質がダウン!

パスタ 睡眠の質がダウン!

ということでした。

米だけが睡眠の質を上げたというのは不思議ですね。

ちなみに、この実験では、GI値が高いほど睡眠の質が向上する傾向が見られたということです(統計的にはゆるい数値ですが)。

糖質が血中に流れこむスピードが速いほど、よく眠れるようになるということですね。

確かに、極端な低糖質ダイエットをしている人が不眠傾向があるケースは意外と多いので、この結果は納得できるところです。

もちろん、だからといって「寝る前に炭水化を物食べよう!」という話にはならないわけですが、低糖質ダイエットが原因で不眠が起きている場合は、

” 寝る2時間前までにお茶碗半分から1杯分の白米を食べる ”

という対処法を実践してみるのはいいかもしれません。

メラトニンはダイエットに最適サプリ

それでも、どうしても糖質を摂りたくないという人は、5-HTP(幸せホルモンであるセロトニンを増やして、ストレス性の食べ過ぎを防いだり、眠りにつきやすくしてくれるサプリ)とメラトニンを補充すると良いかと思います。

メラトニンはダイエットに最適サプリ

いわゆるやせ薬は存在しません。

飲むだけで痩せるということをうたったサプリなどがよくありますが、かなり怪しくネガティブな影響が出るものもあり得ますのでやめておいた方がいいということをアメリカ食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)も発表しています。

そんな中で、一般的にあるサプリの中で痩せるために使えるのではないかとされているのは、カフェインとヨヒンビンというものがありますが、ヨヒンビンは自分の体重から使用量を割り出す必要があり、人によっては動悸が早くなったり血圧が上昇したりする副作用があるのであまり勧められません。

現状として使えるものは、カフェイン不耐性がなければですがカフェインが有効でないかと考えられます。
カフェインが脂肪を燃えやすくするのではという研究結果は多くあります。

メラトニン

続きを読む

美肌にも育毛にも効くメラトニンの6つの効果

メラトニンは夕方日が暮れてくると自然と分泌されるホルモンで、何等かの理由でメラトニンの分泌が阻害されていると(スマホやPCなどから発せられるブルーライトなど)夜寝付けなくなったりします。

そういう睡眠を助けるサプリとしてとても有効です。が他にもメラトニンの効果はあります。

1.抗酸化作用
2.抗ガン作用
3.逆流動性食道炎の改善
4.美肌効果
5.育毛
6.脳のダメージを守る

1.抗酸化作用

インドの研究者達によると(ソース)、SODやグルタチオンという抗酸化能力の強い酵素を増やし細胞やミトコンドリアから活性酸素を取り除いてくれるということが分かってます。

さらにメラトニン自体が活性酸素と結合して無害化する作用を持っています(ソース)。 続きを読む

睡眠の質を上げるサプリは?

夜型の人は何時に寝てますか?12時過ぎて1時や2時でないと眠れないとかありませんか?

深夜2時過ぎてから寝ても深い眠りに入れないということが証明されています。最低でも12時ぐらいにはベッドに行かないとたとえ7,8時間寝ることができたとしても睡眠の質は大きく変わります。

深夜2時過ぎに寝ると、睡眠時間が無駄に長くなってしまったり、すっきり起きれなかったり日中頭がもんやりしたりすることになります。

夜勤で働いている人達を対象に調査した研究では早期死亡率が高くなるという結果が確認されたり、通常の勤務と夜勤でシフトで働く方達は睡眠の質が下がるというデータも多く出てます。

つまり、健康のためには最低夜12時までには寝るようにした方がいいということです。

でも普段夜更かししてた人が12時寝ると言っても眠くない、寝れないと思います。
私も使用してますが、すっと睡眠に入っていけるサプリを説明します。 続きを読む