寝てる間に成長ホルモンを出すには?

よく「夜10時〜深夜2時までが睡眠のゴールデンタイム」なんて言いますが、「8時間睡眠のウソ。」という本によると、

” 女性誌などでは夜10時から深夜の2時までを「ゴールデンタイム」や「シンデレラタイム」と呼んで、この時間帯に眠るのが美容にいいと言うことがありますが、これは完全な間違いです。”

” 確かに、大人でも肌の修復には成長ホルモンが関係しているので、その点では正しい、ですが、成長ホルモンが出るのは深い睡眠の間です。深い睡眠は眠りはじめの3時間ぐらいまでに出るわけで、何時から何時までというリズムは関係ありません。”

ということです。

ということで、成長ホルモンを出すためには寝つきを良くするのが重要です。そのための簡単なガイドラインを簡単にまとめてみると、

やったほうがいいこと

  1. 血糖値を下げる:血糖値が高いと睡眠は深くならないので、とりあえず寝る前の高血糖は避ける。というか、寝る前にものを口にしない。2時間前までに食事は最低終わらせておくのが良いです。
  2. 体温を上げておく:寝たあとに体温が下がるほど眠りは深くなるので、ベッドにはいる直前に風呂かシャワーで体を温めると良いです。あと、電気毛布でふとんを温めておかない方が良い。
  3. メラトニンなどサプリを飲む:グリシンやマグネシウムもお勧めです、寝つきの良さはメラトニンの分泌量に左右される面が大きいので、寝る1時間ぐらい前に飲むと良く眠れます。

    睡眠の質を上げるサプリは?

やってはいけないこと

  1. 30分以上の昼寝をしない:昼寝が30分を超すと深い眠りに移行するので、夜の睡眠の質が下がってしまいます。15分から30分ぐらいの昼寝がもっともパフォーマンスを上げてくれるようです。
  2. 夜にカフェインは飲まない:これは当然。カフェインの効果は最低でも4時間は続くので、寝る時間の6時間前には完全にカットしたほうが良いですね。
  3. 寝る前に酒は飲まない:寝酒は本当に睡眠の質を下げる。入眠には役にたつものの、眠りは浅くなるので、酒を飲むならベッドに入る2時間前までにすませた方がいいですね。また、飲んだあとにすぐ寝ると、内臓の働きが落ちてアルコールが代謝できなくなるんで、二日酔いにもなりやすいです。

以上が、睡眠で成長ホルモンを出すためのガイドラインです。

このなかでは、やはりメラトニンがもっとも手軽で効果を実感しやすいと思います。

あと、カフェインやアルコールなども寝る前はカットすると効果が出てくると思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *