年収を左右する要素のトップ8とは?

見た目がいい人は金持ちや性格がいい人は金持ちなど、いろんなデータがありますが(ソース)、2018年に「年収を左右するトップ8を調査した」という面白いデータ(ソース)が出ています。

これはテンプル大学の研究で、2564人の男女に2つの選択肢を与えました。

  1. 500ドルをいますぐもらう
  2. 1000ドルを1年後にもらう

ということで、行動経済学の世界ではよく見る「目の前の欲望を遅らせる能力があるかどうか?」をチェックしたわけです。

いわゆる「遅延割引」と呼ばれます。

この研究は機械学習を使ってるとこがポイントです。

たとえば、これまでの研究でも「遅延割引」や「性別」などが収入と関係があるのはわかっていましたが、「どちらのほう稼ぎへの影響力が強いのか?」ということは分かりませんでした。

ところが、機械学習を使うと従来より多くの変数を扱えたり、非線形の要素も取り込めたりできるので、より正しい影響度が見られると考えられます。

年収を左右する要素のトップ8とは?

その結果、「収入を左右するポイント」のランキングは以下通りです。

  1. 職業
  2. 教育
  3. 住んでいる場所
  4. 性別
  5. 遅延割引
  6. 人種
  7. 身長
  8. 年齢

ということで、1位が「職業」なのは当然で、良い仕事につくと年収も高いということですね。

同じく教育レベルが高ければ良い職業につくケースも多いですし、良い仕事は特定のエリアに集中しているので、「住む場所」が大事なのも納得だと思います。

残りの要素としては、性別、人種、年齢あたりは差別問題がからんでそうな感じです。イメージとしては、白人、男性、20代で高身長が、年収が高そうな感じです。

また、高身長な人ほど収入が高い理由については、以下のように推測されています。

” 身長が高いと自尊心が高まり、主観的にも客観的にも仕事のパフォーマンスが上がるのかもしれない。そのせいでキャリアも成功し、給与に反映されるのだろう。”

「遅延割引」は人生のネガティブを避けるのがメインの能力

気になる「遅延割引」は5位にランクインしてます。

2018年に「マシュマロテスト(セルフコントロールテスト)が間違ってたのでは?」というデータもありますが(ソース)、教育や住む場所より下位に入ってるのを見ると、目先の欲望を我慢する能力は、やはり大事なのだと思います。

研究者によれば、

” 目の前の喜びを遅らせる能力の低さは、人生の好ましくない選択と相関していた。”

とのことです。

遅延割引率が大きい人ほどアルコールやドラッグにはまったり、ギャンブルに依存しやすく、知性も低い傾向があったそうです。

” 遅延割引の大きさは、良い教育などから自分を遠ざけるような悪い行動の連鎖を生み、稼げる職業につくのを妨げてしまうのだろう。”

ということで、目先の欲望を我慢する能力は、人生のネガティブを避ける方向で働くのではないか?ってことですね。

いまさら身長は変えられないので、後からでもコントロールできる「遅延割引」を小さくするように心がけとくのが良いようです。

教育については、後からいつでも大学院に行ったりできる機会の多いアメリカだと、まだチャンスはありそうですね。

休日に仕事をすると仕事の意味が失われる!

休みの日に働くと内発的モチベーションがなくなる!」という論文がハーバードビジネスレヴュー(HBR)に出ています(ソース)。

内発的モチベーションは「この仕事は楽しい」とか「この仕事は意味がある」「興味深いな」と思えることで、高いパフォーマンスを維持するために欠かせない心理状態です。

これは1298人のアメリカ人を対象にした調査で、FWIの調査データを使っています。

ここでは、

  • 週末にどれぐらい働いたか?
  • 内発的なモチベーションはどれぐらいあるか?

といった点を調べたうえで、収入や教育レベル、生活満足度などの要素を調整しています。休日仕事とモチベーションの関係にしぼって関係を見ると、

休日にも働いている人ほど仕事の内発的モチベーションが低い!

という傾向があったということです。

つまり、休みの日も働くと「自分の仕事には意味がある」とか「自分のスキルを仕事に生かしてる」という気持ちが失われやすくなるというわけです。

また、ここでは学生にも似たような調査をしたところ、こんな結果も出ています。

その日が祝日だとわざわざ告げられた状態で勉強した学生は、その日が祝日だと強調されなかった学生に比べて内発的モチベーションが低下した(「勉強の内容が楽しくない」と答える割合が大きくなったらしい)

要するに、

「いまほかの人は遊んでるんだな」という意識がモチベーション低下の原因

ということです。

アメリカの祝日はすべてのオフィスがクローズになるクリスマスのようなものと、一部開いているコロンバスデイみたいなものがあって、その一部開いてる祝日にオフィスに行くときの気分はバスや地下鉄はほぼがらがらの状態でまさにこれでした。

このような現象が起きる理由について研究チームは、以下のようなメカニズムを推定しています。

  1. 大抵の人は、個人が持つ時間を「仕事」または「余暇」のどちらかに心の中で割り振っている
  2. しかし休日に仕事をすると、心の中の割り振りに矛盾が生まれる
  3. 予想と現実に食い違いが生まれたせいで、いまの仕事に魅力を感じられなくなる

予想と現実の差異によってメンタルが負荷を感じるのでは?みたいな考え方です。

ちなみに、こういった「脳内が自動的に分類する現象」はお金の世界でもあって、

  • 給料はかたくなに貯金して使わないのに、予期せぬタイミングで手にした保険金は散財してしまう
  • トイレットペーパーは少しでも100円でも安いものを買うのに、旅先のディナーは1000円の追加料金も考えずに払う

みたいな現象が良く見られます。

要するに心の中で「生活費」と「それ以外の好きに使うお金」を自動的に分類してて、気づかないうちに行動が左右されてる状態です。

いわゆるメンタル・アカウンティングと呼ばれますが、私たちは「時間」に対しても似たようなことをしてるということなんですね。

さらに、研究チームは、この「休日仕事でモチベーション下がる問題」については、

休みの日でも「これは仕事の日なのだ」と自分に言い聞かせればいいのでは?

という手軽な提案をしています。

本来は休日はちゃんと休むのがベストですが、どうしても働かねばならないときは認知を変えるしかないってことかもしれません。

趣味に取り組むと仕事がはかどる!

人生において、「趣味は大事!」ってポイントに異を唱える人は少ないかと思います。
もしかしたら仕事が何より大事なんて行動している人はどこかの国にいそうですが。

「勉強ばかりさせて遊ばせないと子供はだめになる」(All work and no play makes Jack a dull boy)ということわざもあるように、働いてばっかりではメンタルを病んでしまいます。

2019年の論文データ(ソース)も趣味に関する調査で、「趣味は大事、それどころか趣味のおかげで仕事もはかどる」みたいな結論になっています。

これはシェフィールド大学の研究で、趣味に真剣に取り組んでいる129人の男女を対象にしています。

各自の趣味の内容はクライミングとかお笑いとか様々で、具体的に以下のポイントを調べました。

  • みんなが普段どれぐらいの時間を趣味に費やしているのか?(7ヶ月間趣味の時間を記録してもらいました)
  • 趣味にどれぐらい真剣に取り組んでいるか?(「定期的に趣味のためにトレーニングをしていますか?」みたいな質問で調べました)
  • 仕事に対して自己効力感があるか?(仕事でトラブルに出くわしても「まぁなんとかなるだろう」と思える能力)
  • 仕事のパフォーマンスはどうか?

要するに、趣味と仕事のパフォーマンスが連動しているかどうかを調べたわけです。

すべてのデータをまとめたところ、結果は、

いつもより趣味に時間を使ったあとは、仕事のパフォーマンスが増加する!

ということになっています。

何か大事な趣味を持っている人には、非常に良い話じゃないでしょうか。

ただし、ここにはいくつかの注意点もありまして、

  • その趣味が仕事の内容と離れていないと、仕事のパフォーマンスは上がらない
  • もし趣味が仕事の内容に近いものだった場合は、趣味を気楽にやらないと仕事のパフォーマンスは上がらない
  • 趣味の内容が仕事に近く、さらにその趣味へ真面目に取り組んでいた場合は、逆に仕事のパフォーマンスは低下する

だったそうです。

これらの現象については、

  1. 仕事とは離れた趣味をする
  2. リフレッシュされて脳のリソースが回復する
  3. 仕事のパフォーマンスが上がる!

という点が趣味のいいところなのに、

  1. 仕事と似たような趣味をする
  2. 趣味にリソースが費やされ、仕事に使う分のリソースが減る
  3. 仕事のパフォーマンスが下がる!

みたいになってしまうということですね。

研究チームによれば、

” ロッククライミングが好きな科学者のことを考えてみよう。クライミングはあまりにも彼の日常の仕事とはかけ離れているため、仕事のプレッシャーからも自分を切り離すことが可能となる。”

ということです。

仕事とはまったく異なる趣味に時間を費やすのが一番良いということですね。たとえ仕事に近い趣味だったとしても気楽に行えば大丈夫だということです。

ちなみに私の趣味はズンバ、筋トレ、観葉植物で仕事とは関係ないので全く大丈夫だということになりそうです。

生産性が非常に高い人達の特徴とは?

ゼンガー・フォークマンというコンサルティング会社が、「生産性が高い人の特徴はこんな感じ」という本を出していて私たちの生産性に参考になります。

これは約7000人の労働者を対象にした観察研究で、参加者は、

上司から「生産性が高い」と評価されている
平均11人の同僚や部下にもアンケートを行って、さらにくわしく生産性をチェック

して、だいたい生産性が「上位10%に入る」と判断された人を選んだそうです。
具体的には、

プログラマーの場合、1日に書くコード量が平均の9倍!
販売員の場合、1日に売りさばく商品の量が平均の8倍!

などかなりのレベルの人達です。

分析の方法は、

生産性が高そうな人の行動を48パターンに分類して
参加者の行動を記録してパターンとの相関を見る

という形です。

では、生産性がとても高い人がどんな行動を取っていたのでしょうか?

1. 生産性が一定している

生産性が高い人は、とにかく作業ペースが安定してます。

特定の時期だけ大量に仕事をしたり、急に仕事をしなくなったりする時期がないということです。

一定のペースがあるので、当然、作業を先延ばしにすることもないし、徹夜をすることもありません。

とにかく決まった作業スピードを維持するのが大事ということでしょうか。

2. 目標が大きい

生産性が高い人は、「1ヶ月で売り上げを倍に」とか「1週間でアプリを作る」みたいに大きいい目標を持ってる傾向が多いです。

ストレッチ目標のことで、このタイプは目標が大きいほど作業ペースが上がり、集中力も高まっていく傾向があるそうです。

ハーバードビジネススクールの論文などでは、「たいていの人はストレッチ目標でモチベーションが下がる」という傾向も確認されているので、普通の人が真似すると痛い目を見るかもしれません。

おそらく生産性が高い人は、

ストレッチ目標の過剰なプレッシャーに耐えられるメンタルを持ってるか、
ストレッチ目標を細かい目標にブレイクダウンしていくのがうまい

のどちらかなのかもしれません。

3. やはり専門知識は必須

生産性が高い人は、仕事に関する専門知識を多く持ってます

もっとも、心理系の研究では「専門知識のせいで創造性が下がる」というデータも多いので、専門知識があればいいというわけでもなさそうです。

決まった仕事の枠内で生産を高めるには知識は必須ですが、いつもの仕事を上まわるアイデアを出したいときは注意が必要かもしれません。

ちなみに、このデータでは、生産性が高い人ほど「ためらわず他人に助けを求める」という傾向も出てます。

4. ToDoリストが大好き

生産性が高い人は、とにかくToDoリスト好きです。細かいタスクを終えてリストにチェックを入れると、他人よりも過度な喜びをえる傾向があるそうです。

さらに仲間との競争も大好きで、過去の自分の記録を塗り替えるとうれしくなってたまらないらしいです。 面白い傾向ですね。

5. トラブルを組み込んで行動する

生産性が高い人は、つねに「どんなトラブルが起きるのだろうか?」と考えて行動します

自分が達成したい目標だけでなく、そこで起こりうるトラブルを想定して動くということです。

これは過去のデータでも実証されていて、「心理対比」などと呼ばれています。心理対比は目標を達成したイメージを細かく思い描き、脳がイメージをダイレクトに受け取り、目標達成可能だと脳に思い込ませる手法です。

6. 許可を取らずに行動する

生産性が高い人は、とにかく行動が早いので、指示をもらう前に行動する傾向が大きいです。

ただし、周囲が納得する前にプロジェクトに取りかかることもあるので、トラブルのもとにもなります。生産性が高い人は、リスクも抱えてるということです。

7. ただし協調性も非常に高い

生産性が高い人は他人の許可を取らないものの、意外と同僚といっしょに働くのもうまいです。他人を怒らせることがないので、許可を取らずに行動しても上司から怒られることがないそうです。

以上が、「生産性がとても高い人」が持ってる7つの特徴です。生産性の高さには生まれ持った気質が重要なポイントになってることもありますが、自分のできること、「心理対比」などから試してみるのがいいと思います。