生産性が非常に高い人達の特徴とは?

ゼンガー・フォークマンというコンサルティング会社が、「生産性が高い人の特徴はこんな感じ」という本を出していて私たちの生産性に参考になります。

これは約7000人の労働者を対象にした観察研究で、参加者は、

上司から「生産性が高い」と評価されている
平均11人の同僚や部下にもアンケートを行って、さらにくわしく生産性をチェック

して、だいたい生産性が「上位10%に入る」と判断された人を選んだそうです。
具体的には、

プログラマーの場合、1日に書くコード量が平均の9倍!
販売員の場合、1日に売りさばく商品の量が平均の8倍!

などかなりのレベルの人達です。

分析の方法は、

生産性が高そうな人の行動を48パターンに分類して
参加者の行動を記録してパターンとの相関を見る

という形です。

では、生産性がとても高い人がどんな行動を取っていたのでしょうか?

1. 生産性が一定している

生産性が高い人は、とにかく作業ペースが安定してます。

特定の時期だけ大量に仕事をしたり、急に仕事をしなくなったりする時期がないということです。

一定のペースがあるので、当然、作業を先延ばしにすることもないし、徹夜をすることもありません。

とにかく決まった作業スピードを維持するのが大事ということでしょうか。

2. 目標が大きい

生産性が高い人は、「1ヶ月で売り上げを倍に」とか「1週間でアプリを作る」みたいに大きいい目標を持ってる傾向が多いです。

ストレッチ目標のことで、このタイプは目標が大きいほど作業ペースが上がり、集中力も高まっていく傾向があるそうです。

ハーバードビジネススクールの論文などでは、「たいていの人はストレッチ目標でモチベーションが下がる」という傾向も確認されているので、普通の人が真似すると痛い目を見るかもしれません。

おそらく生産性が高い人は、

ストレッチ目標の過剰なプレッシャーに耐えられるメンタルを持ってるか、
ストレッチ目標を細かい目標にブレイクダウンしていくのがうまい

のどちらかなのかもしれません。

3. やはり専門知識は必須

生産性が高い人は、仕事に関する専門知識を多く持ってます

もっとも、心理系の研究では「専門知識のせいで創造性が下がる」というデータも多いので、専門知識があればいいというわけでもなさそうです。

決まった仕事の枠内で生産を高めるには知識は必須ですが、いつもの仕事を上まわるアイデアを出したいときは注意が必要かもしれません。

ちなみに、このデータでは、生産性が高い人ほど「ためらわず他人に助けを求める」という傾向も出てます。

4. ToDoリストが大好き

生産性が高い人は、とにかくToDoリスト好きです。細かいタスクを終えてリストにチェックを入れると、他人よりも過度な喜びをえる傾向があるそうです。

さらに仲間との競争も大好きで、過去の自分の記録を塗り替えるとうれしくなってたまらないらしいです。 面白い傾向ですね。

5. トラブルを組み込んで行動する

生産性が高い人は、つねに「どんなトラブルが起きるのだろうか?」と考えて行動します

自分が達成したい目標だけでなく、そこで起こりうるトラブルを想定して動くということです。

これは過去のデータでも実証されていて、「心理対比」などと呼ばれています。心理対比は目標を達成したイメージを細かく思い描き、脳がイメージをダイレクトに受け取り、目標達成可能だと脳に思い込ませる手法です。

6. 許可を取らずに行動する

生産性が高い人は、とにかく行動が早いので、指示をもらう前に行動する傾向が大きいです。

ただし、周囲が納得する前にプロジェクトに取りかかることもあるので、トラブルのもとにもなります。生産性が高い人は、リスクも抱えてるということです。

7. ただし協調性も非常に高い

生産性が高い人は他人の許可を取らないものの、意外と同僚といっしょに働くのもうまいです。他人を怒らせることがないので、許可を取らずに行動しても上司から怒られることがないそうです。

以上が、「生産性がとても高い人」が持ってる7つの特徴です。生産性の高さには生まれ持った気質が重要なポイントになってることもありますが、自分のできること、「心理対比」などから試してみるのがいいと思います。

作業前の5分で仕事がはかどる行為とは?

焦りや不安で仕事に集中できない。

年末が近づいてきて、仕事が忙しい人も多いと思います。私もクリスマス前から休暇を取るのでこの2週間ほどちょっと忙しかったです。

休み前までに終わらせないといけない仕事や、クリスマスパーティや、プライベートもたてこんで、何かと焦ったりする季節です。

このような不安や緊張、焦りやストレスなどで仕事が手につかなくなってしまう人もいるかと思います。

集中力を維持するためや、仕事をさっと終わらせるためにも、最も気をつけなくてはいけないのが、ストレスコントロールや不安感のコントロールです。

不安や焦りは、それが適度なものであれば問題ないですが、基本的には私たちのパフォーマンスを下げてしまうことにもなります。 続きを読む

好きな仕事であってもなくても最終的には幸福度は違わない。

好きな仕事をしても幸福にはなれない

よく自己啓発本では「好きを仕事に」など書かれてますが、好きな仕事をしても幸福になるとは限らないようです。

おそらく「幸福を追いかけると逆に不幸になる」って研究(ソース)と同じ心理が働くので、「好きなことで食べていく」と意気込むほど、現実の仕事とのギャップに苦しむからかもしれません。

実際、過去には「夢や情熱を追っても『天職』は見つからない」(カル・ニューポートによると天職は偶然の産物)や「情熱は後からついてくるから、とりあえず働け!」という研究(ソース)もあります。

学問の世界でも「好きを仕事に?」みたいな状況かと思います。

では、「嫌な仕事は受け入れるしかないの?」って話になりそうですが、それを調査したのがミシガン大学による実験(ソース)です。 続きを読む

仕事にやりがいを見出すには?

2007年のメタ分析(20万人以上のデータ分析)によると、
ソース

仕事にやりがいを見い出せるには5つのポイントがあります。好きなことを仕事にするというよりはやっている仕事にやりがいを見い出せたらそれが好きな仕事になるということです。

仕事上面倒なことを減らし、やりがいを感じる5つのポイントに集中できることが大切です。

1.自治性
2.対応性
3.困難さ
4.フィードバック
5.全体性

1.自治性

自治性とは、自分の裁量でコントロールできることです。ただの歯車になっておらず、責任を任されて仕事しているかどうかということです。とある仕事を上司から言われてやるだけなのか、裁量があるかどうかがポイントです。
フリーランスなどは自治性(コントローラビリティ)という点ではほぼマックスに近いですね。自分の裁量次第でどうにでもなりますから、というか自分しか(!)いないので、誰にも頼れないです。

2.対応性

仕事の内容に幅があるかどうかです。自分はこれが得意だからこういうことができるとか、得意な能力をどう生かせるか色々挑戦してみて、うまくいったらそれを仕事にする、そういう対応が可能ならばその仕事をやりがいのあるものに変えられることができるはずです。 続きを読む