アラームなしで思った時間に起きる方法は?

毎朝アラームで目が覚めてますか?私もアラーム代わりのラジオを時間になったらオンにするように設定してますが、ラジオが鳴る前に目が覚めることはたまにあります。

起きようと思った時間に自然と目が覚める方法があるので紹介します。

狙った時間に目覚めるためには?

アラームで起きるともともと自然界で動物が音で起きるというのは敵の攻撃があった時だけなので、敵から逃れるための最低限の能力しか起動しておらず、頭はあまり働きません。

実は単に規則正しい生活をして決まった時間に寝て決まった時間に起きるということを一週間ほど続けるだけで人は自然と起きれるようになります。

この現象について1999年にドイツのリューベック大学での実験研究があります。(ソース)

15人の被験者を2つのグループに分けて研究室で寝てもらいました。

1つのグループは朝の6時になったら起こしますと伝えられ、

もう一つのグループは朝の9時になったら起こしますと伝えられました。

研究者はどちらのグループも朝の6時に起こしました。グループ2は9時に起こすと言われていたのに6時に起こされたことで体内にどんなことが起こったのか調べたのです。

結果は、グループ1は大体4時半ぐらいから脳内のコルチゾールなどのストレスホルモンのレベルが上がり始め体が起きる準備を始めてました。コルチゾールの分泌で体を目覚めさせる仕組みです。
しかしグループ2は4時半になっても6時になってもその起きるためのホルモン、コルチゾールの分泌はありませんでした。

グループ1は体が起きる準備をはじめていたのですっきる起きることができたのに、グループ2はコルチゾールの分泌による準備ができてないので起こされてから脳が驚いてそこから準備を始めるので寝起きはすっきりしなかったのです。

この人間の機能を利用すると何時に朝起きようと決めて毎日規則正しい生活を続けることで自然と目が覚めるようになるのです。

Perというたんぱく質

この規則正しい習慣により目覚ましなしでも体起きる準備をしてくれる機能にはPerという脳が作っているタンパク質が関係してます。

これは夜になると分泌量が減ることで眠くなり、起きる時間になると分泌量が増えて目覚めさせてくれる覚醒のタンパク質です。このPerが減ると血圧や心拍数も下がるので眠りの質もよくなります。

決まった時間に寝て決まった時間に起きるということを続けていると、体はそのタイミングを覚えてPerやコルチゾールの分泌をコントロールし、起きたい時間に起きられるようになるということです。(ソース)

アラームなしに目覚めることの効用は?

起きたい時間にアラームなしで起きることができるようになると集中力が上がります。

アラームに頼って自分が目が覚めなくてもアラームが起こしてくれるから大丈夫だと考えると脳は怠けてしまってPerやコルチゾールの分泌をする機能がうまく動かなくなってしまいます。

このPerんお機能は週末だからといって起きる時間や寝る時間を変えてしまったりすると狂ってしまう繊細な機能なので、週末だからとお昼まで寝ていたり夜更かししたりは避けて週末も規則ただしく生活するのが一番です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *