夜にパソコンやスマホを使うと太りやすい!

2013年に出た論文(ソース)によれば、「夜にパソコンやスマホを使うと太る!」という結果がでています。

これは、11〜18才の若者632人を対象にした研究で、夜にパソコンやスマホを使う頻度が高い人ほど体重が重い傾向が高かったそうです。

これは単なる統計データなので、明確な原因は分かりませんが、研究者はバックライトから出るブルーライト(睡眠の質を下げる原因の一つ)が睡眠ホルモンの分泌を減らし、その結果、脳に異常が起きて食欲が異常に増えてしまう仕組み(不規則な睡眠が体重増加につながる)と予想しています。

” もし、この仮設が正しいならば、睡眠を正常にもどせば肥満も上手く改善できるかもしれない。”

とのことです。

控えめな表現ですが、パソコンやスマホのブルーライトが睡眠に良くないというデータ(ソース1,ソース2) や、 睡眠不足で肥満が加速するって研究(ソース1,ソース2,ソース3)も多いので、かなり仮説としての信頼性は高そうです。

具体的には、睡眠不足でレプチン(食欲を減らすホルモン)が減り、逆に食欲を増すグレリンの量が増えてしまい、妙に夜中にジャンクフードが食べたくなったりするって感じでしょう。

以上のことから、できるだけ夜にはパソコンやスマホを使わないほうが良いようです。

どうしてもパソコンやスマホを使いたいときは、最低でも顔から36センチは離したらよいようです(メイヨークリニックの調査(ソース))。

私も夜iPadを見ながらソファでごろごろしたりするので、気を付けなければと思いました。

食品添加物はどこまで体に悪いの?

カラギーナン

添加物が嫌いな人の間では「発がん性がある」と言われて、恐らくもっとも嫌がられている物質です。

ドレッシングや乳製品、加工肉、ジュース、ゼリーなどに幅広く使われていて、成分表には「増粘多糖類」や「乳化剤」などと書かれています。

これが危険だと言われてるのは、動物実験のデータの結果によります。

2001年の論文(ソース)によれば、マウスに大量のカラギーナンを摂取させたところ、大腸に潰瘍とガン細胞が出現したそうです。

ただし、これらの実験では、いずれも成分が分解したカラギーナンが使われていて、食品添加物に使われているものとは構造が違います(ソース)。

また、豚を使った実験(ソース)では、83日間にわたってカラギーナンを飲ませても、なんの潰瘍や腫瘍も出なかったとのことです。

どうやら、カラギーナンの発がん性はマウスに特有の分解酵素によるもので、他の動物にはあまり関係ないようです。

ただし、人間を対象にした実験(ソース)では、発がん性とまではいかないですが、腸内の炎症が悪化する可能性は十分にある結果が出ています。

他の研究(ソース)でも、腸内の酵素が弱るというデータが出ていて、発がん性とまで行かないけれど、健康に良いとはいえない感じです。

続きを読む

冬にうつ病が増えるのは、砂糖の増加と日光不足のせい?

精製された砂糖は、中毒性があって摂取しすぎるのはよくないことは知られていると思います。

2019年のカンザス大学のデータ(ソース)によると、

砂糖の取りすぎで鬱になるかもしれない!

という結果が出ています。

これは「砂糖の消費とメンタル」に関する先行研究を調べたレビューで、大きな結論分を引用すると、

” 甘いものは、私たちにドラッグのような作用を及ぼす。

砂糖はすぐに気分を高揚させる効果があるが、食べすぎると逆に長期的には有害な結果をもたらし、気分の悪化、幸福感の低下、炎症の増加、体重の増加を引き起こす。”

みたいな感じになっています。

続きを読む

キーウィの抗酸化パワーがすごい!

キーウィって、ビタミンC豊富で優秀なフルーツというのはよく聞く話です。

このブログでも「キーウィを食べると睡眠の質が上がる」とか「メンタルの改善によい」という記事を書いていますが、そもそもキーウィはビタミンCやEなどの抗酸化成分が豊富なので、うなずける話です。

寝る前にキーウィを食べると睡眠の質が上がる

女子栄養大学などによる2021年の調査(ソース)では、「サンゴールドが運動のパフォーマンス改善にいいのでは?」という結果が出ています。

サンゴールドは、見た目が黄色タイプのキーウィで、緑色よりビタミンCとEの量が多いことで知られています。

ここでは2つの調査が行われていて、具体的には以下のようになってます。

実験1
  1. 陸上競技メインのアスリート男性30人
  2. 全体を2グループに分けて、一方にはサンゴールドを1日2個ずつ食べてもらい、もう一方に普通の食事を続けてもらう
  3. 1ヶ月後の酸化ストレスをチェックする
実験2
  1. 長距離走メインのアスリート男性20人
  2. 全員にサンゴールドを1日2個ずつ食べてもらい、2ヶ月後の酸化ストレスをチェックする

どちらの実験でも1日2個のキーウィが使われて、抗酸化成分の摂取量はビタミンCが261mg、ビタミンEが2.3mgとなっています。

長距離ランナーは酸化ストレスがたまってることが多いので、これは確かに効きそうです。

続きを読む