新型コロナを防ぐには2メートルじゃ足りない?!

新型コロナを防ぐには2メートル(6フィート)離れる!」というのが現在のガイドラインですが、「もしかしたらそれだけじゃ不十分かも?」と指摘するデータ(ソース)が出ています。

これはサニーブルック健康科学センターなどの調査で、新型コロナではなくインフルエンザに感染した人の咳を調査したものです。

人間の咳がどれぐらいの距離まで飛び散るのかを高速カメラとレーザー光で確かめて、拡散力をチェックしました。

結果は、

  • 数メートル離れたところにいる人が咳をした場合でも、その咳は3秒とかからずこちらに届く
  • 咳の飛沫の10%は、咳が終わってから4秒が過ぎた後でも大気中を漂う

だったそうで、たとえ2メートル離れたとしても咳の飛沫は防げないかもしれないようです。

といっても、チームによれば、

” 2メートルが安全だという論理的根拠はないが、1メートルかそれに近い距離よりははるかに良い。明らかに遠くにいるほど感染リスクは減少する。”

とのことです。

2メートルでも安全とは言えないものの、離れるにこしたことはないということですね。

いまのところ新型コロナを防ぐには「少なくとも20秒間は手を洗う!」というのが基本中の基本なのですが、新たに「同じぐらい手を乾燥させる方法も大事だ!」って内容のデータ(ソース)が公表されています。

これはヨーロッパ感染症会議 (ECCMID) で発表されたもので、調査の内容は、

  • ペーパータオルを使って手を乾かすのと、ジェットエアドライヤーを使うのではどちらがいいのか?

点です。

公衆トイレでは、ペーパータオルとジェットドライヤーの両方備えているところが多いと思いますが、果たして感染を予防するにはどちらを使うべきなのか?ということですね。

研究チームは、被験者のに公衆トイレを使うように指示して、手を軽く洗った後でペーパータオルかジェットエアドライヤーのどちらかで手を乾かすように指示しました。

その後、被験者たちが触れたドアノブ、階段の取っ手、電話など11カ所に残ったウイルスをチェックしたところ、結果は、

  • エアドライヤーを使った場合は11カ所がすべて汚染されており、汚染度はペーパータオルの10倍だった
  • ペーパータオルを使った場合の汚染は6カ所だった

ということで、はっきりとペーパータオルの勝利でした。

一部のジェットエアドライヤーには待機中に湿気を放出するものがあり、逆にウイルスや細菌を周囲にまきちらす場合もあったらしいです。

公衆の場で手を拭くのはペーパータオルのほうが良いということですね。持参したハンカチはどうかは定かでないですが、エアドライヤーよりはよさそうです。

ビタミンDが不足するとコロナ感染リスクがあがる

ビタミンDはホルモンの一種で、とても大事なわりに無視されがちな栄養素のひとつです。

具体的な働きとしては、

  • 細胞に増殖するよう命令を出す:細胞の入れ替えに使うので、美肌をキープするためにも欠かせません。
  • 免疫システムを正常に保つ:ビタミンDが足りないと風邪は引くし、アレルギーも悪化することになります。
  • メンタルと脳の働きに必須:記憶力や意思力アップなどにも欠かせず、ビタミンD不足はうつ病やアルツハイマーと関連しています。

などがあります。以前書いた記事では脳の働きの大きな影響があることを伝えています。

不足すると脳の働きが悪くなるサプリって?

人間がまともに動くために欠かせない機能を持ってるわけで、美容やアンチエイジングにも必須です。

ですが、現代人は陽の光を浴びる量が少ないので、ビタミンDが慢性的に不足しているケースが多めです。ビタミンDのサプリで原因不明の不調が治ってしまう人も多いはずです。

ビタミンDが不足すると、コロナウィルスはもちろん、他の感染症にかかりやすくなります。

トリニティ・カレッジ・ダブリンから最近出たレポート(ソース)は、

ビタミンDが足りない人は新型コロナの感染に弱くなる!

という結論になっています。

ビタミンDは免疫システムにとって重要な働きをしているので、感染症に対する身体の防御メカニズムを改善したり、抗生物質の必要量を減らしてくれたりと、有効な結果がいろいろ出ています。

この研究では、アイルランドに住む50歳以上の男女8172人を対象にしています。ポイントは、

  • アイルランドで50歳以上の成人の8人に1人は1年中にわたってビタミンDが不足している
  • ずっと家にいて太陽の光を浴びない人は、ビタミンD欠乏症のリスクが大いにある
  • ビタミンDレベルが低い高齢者の胸部感染症をサポートするには、サプリが有効だと考えるにたるエビデンスがある(ある研究では、ビタミンDサプリで胸部感染症のリスクが半分に減った)
  • COVID-19(新型コロナ)対策で自宅で自粛している人には、ビタミンDのサプリを推奨する

などです。

気候が良くなってきたとは言え、新型コロナで自粛が続いてるので、外に出る機会はかなり減っていると思います。

毎日一定時間太陽の光を浴びてないなあと感じているならサプリで摂ったほうがいいのではないでしょうか。

免疫系に重要な役割を果たしてるので、普段よりビタミンDの摂取を気にしておいたほうがいいと思います。

以前書いた記事にどれくらい摂取したらいいか説明してあるので参考にしてください。(ビタミンDが不足すると脳の働きが悪くなる)

コロナでお疲れの皆さんへおすすめなハーブ5選

ようやくNY界隈でも新型コロナウィルスはピークを越えつつあるようです。それでも家にこもりっきりなので皆ストレスが溜まってきていると思うので、ストレスに効くハーブを紹介します。以前書いたストレスに効くサプリも参考にしてください。

コロナウィルスのせいで不安を感じてる人に最適なサプリ

ホーリーバジル

ホーリーバジルは私たちがイタリアンやタイなどで使うバジルとは異なり、南東アジアで生息するアーユルヴェーダなどで使われてきたハーブです。

ビタミンA, C, カルシウムなど豊富でハーブの女王とも呼ばれています。

研究では、1日500mgを飲むと不安やストレスが減り気分が良くなったという効果が確認されています(ソース)。さらにナチュラルキラー細胞も増えて、免疫力も高めてくれます(ソース)。

チョウセンゴミシ Schizandra

マツブサ科の植物の一種でこの果実は五味子(ゴミシ)という日本薬局方に収録された生薬で、強壮作用などがあるとされていて、アジアでは昔からストレス解消に使われてきたハーブでもあります。

日ごろからストレスの多い人を対象にした実験(ソース)では、不安やイライラが減ったほか、認知機能がアップしたり、注意力が上がったというデータもあります。

↓はストレスにも効くし疲れもとれるロディオラを含んでいて便利です。

ロディオラについては以前書いた記事を参考にしてみてください。ストレスに効くだけでなく疲れもとれ頭の回転もよくなるという効果があります。

ストレスに強くなり疲れもとれる神サプリ

エゾウコギ

別名シベリア人参とも呼ばれるハーブの一種です。昔から運動能力を高める効果で知られてます。

免疫力アップのほかにもストレス解消の効果も研究されています(ソース)。

エゾウコギは脳のなかの神経ペプチドYを増やして、ストレスを減らしてくれるということです(ソース)。

ちなみに、この神経ペプチドは、長生きやアンチエイジングにも関係があるということが分かっていて気になるところですね(ソース)。

赤霊芝(あかれいし)

霊芝は高湿度の山地の樹木や切り株に自生するマンネンタケ科の担子菌類のキノコで漢方では有名です。

実証データが豊富なハーブで、多くの実験では1日に6mgの霊芝を飲むと、疲労感やストレスが大幅に減ったことが確認されています(ソース1,ソース2,ソース3)。

日本書紀に献上品として記述されているくらい古くから使われているのには、ちゃんと理由があるようです。

ロディオラ

以前「ストレスにも強くなり疲れもとれるサプリ」という記事で紹介しましたが、ストレスにきっちりと効いてくれます。

基本的には、1日に300〜600mgを飲むとストレスが減ったというデータが豊富にあります(ソース1,ソース2)。

以上、実証データが多い抗ストレス系ハーブをまとめてみました、気になる方はチェックしてみてください。

コロナウィルスによる自宅待機はいつまで続くのか?

自宅待機が正式に始まってからほぼ一か月になります。私が住んでるNJとすぐお隣のニューヨークシティはコロナケース、死亡者数はかなり多くまだこの自宅待機が続きそうです。

やはりあまりに死亡者数が増えているので、外出はスーパーへの買い物のみ、それもできるだけ速攻で終わらせるように気を付けています。

自宅待機はいつまで続く?

自宅待機がどれくらいになるのかUSCなどが調べた研究があって参考になりそうです。 (ソース)

これは世界の36カ国におけるウイルスの感染パターンを研究したもので、具体的には、

  1. ウイルスの日次増殖率
  2. 累積症例の倍数までの時間

という2つの指標を使ってます。一つ目の指標は日ごとの症例数の増加率(%)で、二つめは感染者数が倍になるまでにかかる時間の長さを表してます。

この2つは感染パータンを把握するためのかなり信頼度が高い指標だそうです。

ここから研究チームは専門家に向けて3つのベンチマークを設定していますが、私たちの日常に関係するようなポイントとしては、

  • 国による積極的な介入が最適な結果を得るためには、少なくとも44日間は必要になる
  • 積極的な介入で感染ペースがやわらぐまでには3週間を必要とする
  • コントロール段階に到達するまでに約1カ月かかる
  • 封じ込めを達成するまでには約45日かかる

ということになっています。「積極的な介入」とは、ロックダウン、外出禁止、隔離などのことで、ここまでやっても完全に封じ込めるまではおよそ1カ月半はかかるということになります。

この理論で行けばあと私が住んでるエリアは最低あと半月はかかるということになりますね。それもどれくらいの人が自宅待機できているかにもよります。

自宅待機はどれくらいの人が出来ていれば効果があるのか?

「人に近づかないこと」というのがが新型コロナに立ち向かう基本ですが、では「この対策は全体の何割が実践すれば効果あるのか?」ということを調べたデータ(ソース)が出ています。

当然、自分だけが行動を自粛してても意味はなく、自宅待機が効果を発揮するためにはみんなの協力が必要です。

これはシドニー大学の研究で、数理モデルを使い「オーストラリアにおける新型コロナの拡大と隔離対策の効果」を計算した内容になっています。

そこから分かった傾向は、

  • 全体の90%が自宅待機を守れば、新型コロナは3カ月で制御可能になる
  • 自宅待機の割合が80%の場合は、制御可能になるまで4カ月かかる
  • 自宅待機の割合が70%、またはそれ以下になった場合、コントロールは不可能になる

だったそうです。70%以下で自宅待機が無駄になるというのは、なかなか厳しい話ですね。

研究チームによれば、

” 感染が拡大する早い段階で厳しい措置を課すのには十分な理由がある。

ピークを遅らせれば遅らせるほど、医療システムがICUのベッド、人工呼吸器、抗ウイルス剤、訓練を受けた医療従事者などを備える時間を増やすことができる。”

ということです。

オーストラリアのリアルなデータをもとにしているので参考になると思います。
とりあえずみんな家で過ごすこと!でないと全く意味がない」ということは心に留めておきたいと思います。