いつも文句ばかり言ってる人はどんな心理なの?

文句ばかり言ってると嫌われる!というのは世の真理で、すぐ愚痴をこぼす人や常に不満を漏らす人からは、いつの間にか誰もいなくなってしまうのは当たり前な感じです。

俗に「嫌悪強化」と言われる現象です。

ですから、嫌われ者にならずに心穏やかに過ごしたいなら、文句ばかり言う性質は修正したほうが良いわけです。

2021年に出た研究(ソース)は「そもそも文句ばかり言う傾向はどうして生まれるのか?」というポイントを深掘りしてくれてて役に立つと思います。

これはアラバマ大学などの調査で、実験の内容は、

  1. 110人の大学生(平均年齢20歳、90%が女性)を集めて、毎日朝8時と夜8時にアンケートを実施
  2. 参加者がどれぐらいストレスを感じているか? その日に体験しそうなストレスのレベルはどれぐらいだと思うか? などを1週間調べる

となっています。

要するに、朝目が覚めて「今日はこんなトラブルがあるのだろう?」と思う気持ちが、その日の気分や実際のストレス度を左右するのではないか?と研究チームは考えたわけです。

実験の結果は、

  • 「今日はこんな1日になりそうだ」という朝の予測が、その日の夜の幸福度と大きく関係していた。朝の予測が外れて、日中のストレスが予想よりも大きかった人は、1日の終わりに気分や体調が悪くなった
  • 朝に予測したストレスと幸福度の関係には、レジリエンス(ストレスからの回復能力)も影響していた。レジリエンスが高い人は、その日に待ち受けているストレスを過大評価する傾向があったが、同時に「自分はそのストレスをちゃんと対処できる」と判断しており、その結果として思ったよりストレスの影響を受けなかった
  • 朝のストレス予想が外れ、レジリエンスがない人ほど不平不満を言いやすい

となっています。

続きを読む

メンタルの病が脳に及ぼす影響とは?

心理的ストレスが脳に悪い影響を及ぼすことは知られていますが(ソース)、具体的にどれぐらい脳の大きさに影響するのかを調べた研究(ソース)が出ています。

これは合計112件のデータを精査したメタ分析で、健康な成人4911人とうつ病と診断された5934人を比べて、メンタルと脳サイズの関係について精度が高めの結論を出しています。

その結果は、

  • うつ病のみで他の合併症には悩んでいない人は、海馬の大きさが6.8%減少していた(海馬は記憶力や認知能力にも関わる脳のエリア)
  • 遅発性うつ病患者と複数回のうつ病エピソードを持つ患者ほど、脳の大きさが小さくなる傾向があった
  • うつ病と不安障害を同時に患っていた人では、扁桃体の体積が逆に大きかった(扁桃体は感情のコントロールに関わるエリア)。このような人の扁桃体の体積は、健康な成人に比べて平均3.6%も大きかった

だったそうです。

続きを読む

人の匂い(臭い?)でストレス軽減!

臭いについての「ストレス対策」に関する論文(ソース)が2018年に出ていて、面白いです。

これはブリティッシュコロンビア大学の実験で、96人の女性を対象にしています。

実験では、まず全体をランダムに以下の3つのグループに分類しました。

  1. 自分の恋人が着たTシャツの臭いを嗅ぐ
  2. 知らない人が着たTシャツの臭いを嗅ぐ
  3. 誰も着てないTをシャツの臭いを嗅ぐ

そのうえで、みんなににせの職業面接や暗算テストなどをしてもらってストレスを高め、最後に血液サンプルを調べたそうです。

ちなみに、この実験で女性だけが選ばれたのは、男性よりも嗅覚の刺激に敏感だからだそうです。

すると、結果は、このような違いが出ました。

恋人の臭いを嗅いだ女性は主観的なストレスが低く、ついでにストレスホルモン(コルチゾール)の量も少なかった!

コルチゾールは、ストレスに反応して量が増えるホルモンです。

続きを読む

15分だけストレスに対する考え方を変えると?

「考え方によってストレスの悪影響が変わる」って話は聞いたことがあると思います。

ストレスが人体にダメージをおよぼすかどうかには個人的な認知の影響が大きくて、

  • 「ストレスは自分の集中力を高めてくれる!」と思っているとストレスのダメージは出にくくなる
  • 「ストレスは百害あって一利なし!」と思っているとストレスの悪影響は出やすくなる

という違いがあります。

もちろん、だからといって「会社でのストレスも考え方を変えれば大丈夫」とか「上司がパワハラしても良い方向に考えれば問題ない」ということにはなりません。

ですが、たとえば「テスト本番のストレス」とか「プレゼン前の緊張」のように、失敗することへの恐怖からくる心理的な負荷に対しては考え方を変えた方がいいのではないかということです。

続きを読む