人の匂い(臭い?)でストレス軽減!

臭いについての「ストレス対策」に関する論文(ソース)が2018年に出ていて、面白いです。

これはブリティッシュコロンビア大学の実験で、96人の女性を対象にしています。

実験では、まず全体をランダムに以下の3つのグループに分類しました。

  1. 自分の恋人が着たTシャツの臭いを嗅ぐ
  2. 知らない人が着たTシャツの臭いを嗅ぐ
  3. 誰も着てないTをシャツの臭いを嗅ぐ

そのうえで、みんなににせの職業面接や暗算テストなどをしてもらってストレスを高め、最後に血液サンプルを調べたそうです。

ちなみに、この実験で女性だけが選ばれたのは、男性よりも嗅覚の刺激に敏感だからだそうです。

すると、結果は、このような違いが出ました。

恋人の臭いを嗅いだ女性は主観的なストレスが低く、ついでにストレスホルモン(コルチゾール)の量も少なかった!

コルチゾールは、ストレスに反応して量が増えるホルモンです。

ざっくり言えば、恋人の臭いでストレスに強くなるという現象が、客観的も正しいことがわかったわけです。

研究者によれば、

” 若い年代のころから、人間は見知らぬ他者を恐れる傾向がある。

特に見知らぬ男性には恐怖感が強い。

そのため、知らない男性の体臭を嗅ぐと、私たちの神経には「闘争逃走反応」が起こり、コルゾールが分泌されてしまう。”

とのことです。

人類は長年小さな集団で暮らしてきたので、見知らぬ人を見るとストレスが増えるわけです。

となれば、当然、体臭についても同じことがおきる!という話です。

実際、見知らぬ人のシャツを嗅いだグループは、体内のコルチゾールレベルがアップしてたとのことです。

また、この実験では、ストレスの下がり方に個人差が出ていて、

「このTをシャツは恋人が着てたものだ」と見抜いた人ほどストレスは低かった

という傾向があったそうです。

” 多くの人は、自分のパートナーのそばで寝たり、ときにはパートナーの服を借りることもあるだろう。

しかし、この行為により大きな安心感を得ていることにはあまり気づいていない。”

ということで、意外と多くの人は、パートナーの体臭を安心装置として使ってるということですね。

” 社会の国際化が進むとともに、私達は新しい街へ度々移動することが増えてきた。

今回の調査でわかったのは、あなたが好きなパートナーが着た服の臭いを嗅ぐだけで、自宅から遠い場所にいてもストレスを下げられるということだ。”

” パートナーの体臭さえあれば、本人が目の前にいなくても、ストレスに立ち向かう強力なツールとして使うことができる。 ”

ということで、出張などの多い女性の方はパートナーのTシャツや、子供の服(でもよいはず)などを持っていくと、見知らぬ土地で過ごすことからのストレスから解放されるのではないでしょうか。

15分だけストレスに対する考え方を変えると?

「考え方によってストレスの悪影響が変わる」って話は聞いたことがあると思います。

ストレスが人体にダメージをおよぼすかどうかには個人的な認知の影響が大きくて、

  • 「ストレスは自分の集中力を高めてくれる!」と思っているとストレスのダメージは出にくくなる
  • 「ストレスは百害あって一利なし!」と思っているとストレスの悪影響は出やすくなる

という違いがあります。

もちろん、だからといって「会社でのストレスも考え方を変えれば大丈夫」とか「上司がパワハラしても良い方向に考えれば問題ない」ということにはなりません。

ですが、たとえば「テスト本番のストレス」とか「プレゼン前の緊張」のように、失敗することへの恐怖からくる心理的な負荷に対しては考え方を変えた方がいいのではないかということです。

2019年に出たデータ(ソース)では、「ストレスに対する考え方を変えるとこういうメリットがある!」という点を調べてくれています。

これはペンシルバニア州立大学の研究で、59人の男子学生に対してストレスがありそうな暗算などのタスクを指示しました。

そして、その際に全体を以下の3つのグループに分けています。

  1. 「ストレスはいいものである!」という考えをリフレーミングで叩き込む
  2. イメージトレイニングで「ストレスのおかげでパフォーマンスが向上した自分」を頭に思い描く
  3. なにもしない

それぞれ15分の介入を行ったあとで、ストレスタスクをやってもらったところ、以下の違いが確認されました。

  • リフレーミングを行ったグループは、ストレスホルモン(コルチゾール)が低下していた(つまり、あまりストレスを感じにくくなったと思われる)
  • リフレーミングとイメージトレイニングのグループは、なにもしなかったグループよりもDHEAの量が増えた(DHEAはコルチゾールの悪影響をやわらげる働きがある)

ということで、ちょっとストレスへの考え方を変えただけで、ホルモンレベルでちゃんとした変化が確認されたということです

思い込みじゃなくて、ちゃんと客観的な違いが見られたのはすばらしいです。

本番の15分ほど前にやるだけでも効果があるようなので、なんか緊張する状況にいる人はやってみてもいいと思います。

具体的な方法としては、

  • リフレーミング: ストレスに対する自分の心持ちを変えてみる。たとえば「この仕事は辛そうだな。嫌だな」と思ったら、「これは大変だけど、新しいことを学ぶチャンスだな」と自分に言い聞かせてみる感じです。
  • 「運動のやる気がない」「ジャンクフードを食べたい」を少し解決するイメトレの考え方:自分が取りたい行動を現実的に想像するイメージトレイニング

などが役に立つと思います。

アーユルヴェーダの最強ハーブアシュワガンダの効能とは?

アシュワガンダは、アーユルヴェーダの世界では昔から健康と長寿に効くと言われています。

2014年の研究(ソース)では、不安やストレスに効果があるという結果や、2015年の研究(ソース)によると、筋肉が増加するという結果もあります。

2020年のデータ(ソース)では、アシュワガンダが、「睡眠に効果があるのでは?」という結論になっています。

実験は、65歳から80歳の男女50人を対象にしていて、

  1. 参加者の半分に1日600mgのアシュワガンダを飲んでもらう
  2. 残り半分にはニセのカプセルを飲んでもらう
  3. 12週間ほど続けて、睡眠がどう改善するかをチェックする

などになっています。

アシュワガンダは昔からストレスに効くって報告が多いので、睡眠の質も上げてくれるのではないか?と考えたわけです。

この研究では、睡眠の質だけかなくて生活の質(QOL)の変化も調べていて、WHOQOL-BREFっていうWHO(世界保健機関)が使用する質問標を使ってます。

体と心の健康だけでなく、「どれぐらい自立した生活ができているか?」とか「社会関係は良好か?」などのポイントもチェックして、アシュワガンダがどれぐらい広範囲な効果もたらすかを調べています。

12週間後の結果は、

  • プラセボのカプセルを飲んだ参加者と比べて、アシュワガンダを飲んだグループ、有意に人生の質がアップした(140.53 [8.25] vs 161.84 [9.32])
  • アシュワガンダを飲んだグループは睡眠の質が上がり、目を覚ました後の注意力も上昇した(睡眠の質はP <.0001、注意力はP <.034)
  • アシュワガンダに目立った副作用は確認されなかった

だったそうです。

WHOQOL-BREFの数値に結構な違いが出てまして、これは確かに「使ってもいいのではないか?」と思えます。

これは高齢者がメインの研究なんで、果たして違う年齢層にも同じことが言えるのかは不明です。

が、2019年には、18-29歳、30-44歳、45-64歳という年齢層に1日300mgのアシュワガンダを飲んでもらったテスト(ソース)があって、

  • アシュワガンダを10週間飲んだグループは、眠りに入るまでの時間が有意に短かった
  • 睡眠の質や不安の感情についても有意な改善が見られた

という結果が出ています。

そもそもアシュワガンダが不安とストレスに効くという報告は昔から多いので、そのおかげで睡眠の質も上がるかもしれません。

不安とストレスで眠りが浅いような方はお試したらいいかもしれません。

ちなみに、アシュワガンダについてはKSM-66というブランドが高評価ですので、気になる方はチェックしてみてください。

ホラー映画好きな人は新型コロナのストレスに強い!

先日老人の方が若者より新型コロナによるストレスに強いという記事を書きましたが、今日は、ホラー映画好きも同様だという話です。

シカゴ大学などから「ホラー映画好きは新型コロナのストレスに強い」という論文(ソース)が出ていて、面白い感じです。

この調査は、310人の男女を対象に「怖い映画は好きか?」と尋ねた上で、新型コロナに対するストレス耐性をチェック(PPRS:Pandemic Psychological Resilience Scale )しました。

これに加えて、

  • 「新型コロナのパンデミックに対して、映画や小説で得た知識を使っている」みたいな質問をぶつけて、どれだけ心構えができているかを調査
  • 「もしあなたが中世にタイムスリップしたら、公開処刑を見てみたいですか?」みたいな質問をぶつけて、もともとネガティブなことへの興味が強いかどうかを調査

といった点もふくめて、参加者の趣味嗜好とパンデミックへの対応レベルを調べました。

 この研究をした理由は、

人間が怖いものを好むのは、架空の恐怖体験によって現実世界のシミュレーションができるからでは?

という考え方からきています。

あらかじめ怖い映画を見ておくと、脳内で恐怖をモデル化できるんで、そのぶんだけ現実のマイナスな体験に強くなるのではないか?ということです。

要は、ホラー映画は恐怖の脳トレになっているのでは?という話ですね。

結果は、

  • 予想どおり、ホラーやパンデミック系の映画を見ている人や、ネガティブなことへの興味が強い人は新型コロナのストレスに強かった
  • なかでも「プレッパーもの」(ゾンビとかエイリアンの襲撃とか大災害とか人類の終末を描いた系統の映画)が好きな人は新型コロナへの心構えができていて、ストレスにも強い傾向があった

だったそうです。

やはり怖いフィクションを見ると、恐怖への耐性が高まるみたいです。

研究チームによれば、

” ホラー映画を長く見続けると感情コントロールスキルの育成に役立ち、不快な出来事にともなう心理的苦痛を改善しやすくなるかもしれない。”

ということから、ネガティブな状況に強くなりたければホラー映画を見て耐性を鍛えると良いという感じです。

ゾンビ系はいやですが、大災害や人類の終わりみたいな映画なら大丈夫なので、見て鍛えたいところです。