老けた見た目になるストレスはお金の悩みだ!

老化の原因はいろいろありますが、「見た目」へのダメージが大きいのが、紫外線とストレスです。
紫外線による光老化の問題については、アメリカ皮膚学会の見解(ソース)などが参考になりますが、ここではストレスの話です。

当然ながらメンタルと見た目は密接につながってまして、若作りをしたり、自分は若いと思うだけで、実際にカラダの老化が遅くなっていきます。(ソース

若作りはアンチエイジングである!

2016年に出た論文(ソース)では、「もっとも見た目が老けるストレスはお金の悩みである!」研究結果があります。

ストレスといっても、「仕事のストレス」や「対人ストレス」などいろいろありますが、果たしてどれがもっとも見た目によくないのかを調べています。

これはブランダイス大学の研究で、200人の男女を対象にしたものです。1995年と2005年に全員の顔写真を撮影して10年間の老け具合をチェックしたうえで、さらにストレスのタイプとレベルを調べました。

結果は、

  • 金がなくて悩んでいる人ほど見た目が老けやすい!
  • ほかのどのストレスよりも、お金のストレスがもっともダメージが大きい!
  • お金に困ると、実年齢よりも老けてみられがちである!

となっています。

どんなストレスも良くないものの、金銭面のストレスが群を抜いて悪影響が大きかったようです。

この理由としては、

  • 大半の人にとっては、お金に関するストレスがもっとも心理的な負担が大きいから
  • お金に困ってる人は自分の身なりに構わなくなりがちだから

の2つが考えられています。

研究者によれば、

” 経済的なストレスが大きい人は、自分のルックスを注意を払わなくなりがちである。さらに、ストレスそのものが老化を加速させる。

実年齢よりも老けて見られると行動やライフスタイルが変わり、健康にまで悪影響が出てしまう。”

ということです。

見た目が若いお金持ちが多いのは、たんに身なりに金をかけられるだけでなく、ストレスによる老化の影響を受けにくいのが理由なのですね。

やはり経済的な自由はアンチエイジングにも重要ということです。

8分でストレスに強い脳を作るテクニック

自分が体験したネガティブな経験を、感情や思考を包み隠さず書き記す」 という筆記開示という方法はメンタルにいいと多くの実証データがあります。(ソース1ソース2

具体的には「自分の悩みを包み隠さず書いていく」だけで、これを1日20分ずつ数週間ほど続けると幸福度が上がると考えられております。

ネガティブな感情を外に書き出すことで客観性が生まれ、自分のなかに溜め込むよりも対処がしやすくなるようです。

というわけで、かなり手軽で効果の高い方法ですが、2017年に出た論文(ソース)では「たった8分でも大幅にメンタルが改善する!」という結果がでています。

8分だけネガティブな感情を書く

これはミシガン州立大学の実験で、心配性に悩む学生44人を対象にしたものです。

PSWQという定番のテストで61点以上を取った人たちで、心配性レベルはかなり高いです。

で、実験では全体を2つのグループにわけて、

  1. 8分だけ筆記開示
  2. 8分だけ前日に起きたことを書く

という作業をしてもらいました。

筆記開示の方法はシンプルで、たんに自分のネガティブ感情をありのままに書いただけです。

「あいつがムカつく!」とか「自分は最低だ!」みたいなものを思うままに記すようなイメージです。

Woman’s hand writing on a notebook with a pen on a wooden desk.Background blur backlight

筆記開示グループは脳の利用効率があがる!

その後、みんなにはフランカータスクという脳トレ系のテスト(モニタに現れる矢印の向きを素早く答える)をやってもらい、同時に全員の脳の働きをEEG(脳内の電気活動を記録)で計測しました。

すると、両グループにははっきりした違いが出て、

  • 筆記開示をしたグループは
    • フランカータスクの成績が向上!
    • 脳のリソース利用効率が上昇!

という結果でした。

つまり筆記開示をすると、より脳が労力を使わずに認知の働きがよくなったということです。

心配性の脳はいつもマルチタスクをしている

研究者によれば、

” 心配事は認知のリソースを食ってしまう。要するに、心配事が多い人というのは、つねにマルチタスク作業をしているようなものだ。”

” 彼らはひとつの作業をしながらも、もういっぽうでは自分の心配事をモニタリングしつつ、その感情を抑えようとしている。

しかし、筆記開示で心配事をいったん外に吐き出せば、認知のリソースは解放され、もっと脳を効率よく使えるようになる。”

” 筆記開示は、ワーキングメモリ(記憶の一時貯蔵庫)から「心配」という荷を下ろす役割を果たす。

その結果、「心配」が認知機能の働きを低下させるのを防ぐことができるのだ。”

ということです。

マルチタスクが作業の効率を下げるのは良く知られていると思いますが(ソース)、心配事が多い人の脳は、ひとつの作業に集中してるつもりでも自然と複数の仕事をしてるということなのですね。

2016年にも「ワーキングメモリの性能が高い人ほどメンタルが健康で頭がいい!」(ソース)という論文があって、やはり記憶の容量に適度な空きを作ってあげないと、脳が一杯になってしまうんですね。

脳の仕組みを学ぶとストレスが18%も減る!

脳は変化する

2016年にテキサス大学が「凄く効くストレス対処法が見つかった」という論文(ソース)を出していて、脳は変えられるということが分かっています。

これは10代の学生205人を対象にしたもので、まずはそのうち半分の学生に、定期的に以下の3つの作業をやってもらいました。

1.最新の脳科学を学ぶ

現在の脳科学では、いくつになっても新しい経験で脳は変わることがわかっております。学生たちには、そのあたりについて書かれたテキストを読んでもらい、「人間の適応力のすごさ」について学習しました。

2.上級生が書いたエッセイを読む

続いて、年上の学生が「若い頃に味わったストレス」について書いたエッセイを読んでもらいました。具体的には、

” まだ新入生だったころ、自分だけが友人のホームパーティに誘われない事件があった。たんに自分のことを忘れていただけかもしれないし、もしかしたら自分をのことを、呼ぶ価値がないださい奴だと思っていたのかもしれない。

でも、その時の感情がどれほど最悪でも、心の痛みは永遠に続くわけじゃなかった。ボクは学校の外に友達を作ることに決めて、スポーツクラブに参加した。そのうち状況は良くなった。”

どんなにひどい状況でも、時が経てば必ず感情はおさまるし、状況を変えることも可能なのだというのが強調されています。

3.下級生へのアドバイスを書く

最後に学生たちが行ったのが、下級生へのアドバイスをエッセイに書いてもらうことです。

自分がもっとも辛かった体験を思い出し、そんなときにどう対策を取ればいいかを、もっと下の学年に向けて書くように指示されました。

以上の作業を行ったうえで、7カ月後に生徒たちの状況をチェックしたところ、

  • ストレスの対処能力がアップ!
  • ストレスホルモンが18%低下!
  • 最終的な成績もアップ!

という違いが出たそうです。

ストレスをやり過ごす能力があがったおかげで、成績にも影響が出たみたいですね。

人間は変われるという事実を知ることが重要

研究者によれば、

” もし子供たちが、脳は変えられないと信じていたら、何をやる気も起きなくなるだろう。しかし、脳が柔軟に変わる事実を知れば、テストの成績も改善するのだ。”

” ただし、これは生徒たちの自信を高めるためのテクニックではない。彼らの考え方を変えることで、自然と自信が増えていくのだ。”

ということです。成長マインドセットとほぼ同じ感じです。

「人は変われる」という事実を頭に叩き込むのが何よりも重要、ということです。

知識と感情の両面から「人間は変われる」という事実を知る

この実験がおもしろいのは、成長マインドセットの育て方を、体系だった方法に仕立て上げたところかと思います。具体的には、

  1. まずは脳が変われるということを本を読んで学習する
  2. 実際に困難に立ち向かった人の話を読んで、感情面からも「人は変われる」ということを納得する
  3. 他人へのアドバイスを書くことで客観的な視点を持つ

といったあたりがポイントでしょうか。

脳の可塑性(神経系が変化する能力)については「脳科学は人格を変えられるか? 」が詳しく説明してあります。

クレアチン+筋トレでストレスをなくす!

クレアチンはアミノ酸の一種で、体内でも1日2gほど合成されています。

クレアチンには、

1.筋収縮に必要な「ATP」をすばやく再生することで、エネルギー供給をスムーズに行なったり、

2.運動中に生じる酸性物質を合成しにくくしたりすることで疲労の原因とも言える筋肉が酸性に傾くのを防ぐ

など筋トレやHIITをする上でメリットがあります。肉体的疲労だけでなく、メンタルにも効くことも確認されています。

肉体的にもメンタルにも疲労回復に効くサプリ

さらに、クレアチンにはストレスホルモンであるコルチゾールの分泌を激しく下げる効果もあることが分かっています(ソース)。

これはパラナ大学の実験で、17名のプロスイマーを対象にしたもの。全員を以下の2グループにわけて、クレアチンの効果を確かめました。

  1. トレーニング後に20gのクレアチンと体重1kgあたり1gのマルトデキストリンを飲む
  2. トレーニング後にクレアチンは飲まず、体重1kgあたり1gのマルトデキストリンだけを飲む

 マルトデキストリンは糖質の一種で、今回の実験ではプラシーボ効果のために使用されています。

そのうえで、全員には6日間の以下のようなハードな水泳トレーニングをやってもらいました。

  • 100m水泳のベストタイムの65%の力で3セットを泳ぐ
  • 100m水泳のベストタイムの75%の力で2セットを泳ぐ
  • 100m水泳のベストタイムの85%の力で1セットを泳ぐ
  • 100m水泳のベストタイムの95%の力で1セットを泳ぐ
  • 100m水泳のベストタイムの力で1セットを泳ぐ

 といったトレーニングです。かなりハードですね。

トレーニングの前後に全員の血液をチェックしたところ、コルチゾールの値が、セット間休憩時には19.45あったのが、15.5に激減しています。クレアチンを飲んでいないグループはそれぞれ19.70、18.33と、ほぼ変わっていません。

単にプラシーボ効果よりも結果が良かっただけでなく、基準値よりも数値が下がったというのがすごいところです。

つまり、毎回のトレーニングごとにしっかりクレアチンを取ってれば、ストレスホルモンの上昇を抑えるどころか、コルチゾールを下げるための手段として使えるわけです。

筋トレの後はコルチゾールが減るという研究結果もあって(ソース)、筋トレとクレアチンの組み合わせはストレスホルモン対策にも最強ではないかと思われます。

最近のコロナウィルスの影響で自宅待機が続き、中々外に出られないので余分なストレスが溜まってる状況ではサプリを採るのもありと思います。

ちなみに、この実験では1日20gのクレアチンを飲んでますが、過去の実験(ソース)を見てると1日5gぐらいで効果は頭打ちになるので、一般的なサプリメントの用量を守ってれば十分です。

クレアチンは肉に多く含まれているので、普段肉食の人はサプリは必要ないかもしれません。とりあえず飲むなら、一日5gぐらいで大丈夫です。