メンタルの病が脳に及ぼす影響とは?

心理的ストレスが脳に悪い影響を及ぼすことは知られていますが(ソース)、具体的にどれぐらい脳の大きさに影響するのかを調べた研究(ソース)が出ています。

これは合計112件のデータを精査したメタ分析で、健康な成人4911人とうつ病と診断された5934人を比べて、メンタルと脳サイズの関係について精度が高めの結論を出しています。

その結果は、

  • うつ病のみで他の合併症には悩んでいない人は、海馬の大きさが6.8%減少していた(海馬は記憶力や認知能力にも関わる脳のエリア)
  • 遅発性うつ病患者と複数回のうつ病エピソードを持つ患者ほど、脳の大きさが小さくなる傾向があった
  • うつ病と不安障害を同時に患っていた人では、扁桃体の体積が逆に大きかった(扁桃体は感情のコントロールに関わるエリア)。このような人の扁桃体の体積は、健康な成人に比べて平均3.6%も大きかった

だったそうです。

うつ病だけだと脳のサイズが縮み、ここに不安障害が加わると扁桃体が大きくなる傾向が見られたということです。

なんだか不思議な結果ですが、不安ぎみな人は常に警戒心を抱いてるせいで脳の感情エリアがいつも活動しており、結果として扁桃体が大きくなるのかもというメカニズムなのかもしれません。負の脳トレとでも言えそうです。

研究チームによれば、

” 海馬のサイズ縮小はアルツハイマー病の危険因子であり、認知症の発症を加速させる可能性がある。この関係性は人生の後半でさらに強くなる。

ただし、うつ病は脳に多くの影響をおよぼすが、うつ病と不安が一緒になると、不安がその影響を覆い隠してしまうようだ。なぜそのようなことが起こるのか、あるいはどのようにして起こるのか、正確にはわからない。”

とのことです。

どうして不安障害とうつ病が一緒になると偏桃体が大きくなるかはについてはあくまで推論です。

とにかくメンタルの状態で脳サイズに違いが出るのは間違いはないようです。

週4以上のサウナで脳が健康になる!?

サウナが脳に効く?

サウナはアンチエイジングに効果がある

以前、サウナはアンチエイジングに良いという記事を書きましたが、今度は「サウナが脳に効く!」という別の研究(ソース)が出ています。

これは東フィンランド大学の研究で、42〜60才の男性2,315人を対象にしています。

80年代の時点で全員の認知レベルをチェックしたうえで、約20年のフォローアップを行ないました。

週4以上のサウナで認知症リスクが大幅に減少

そのうえで、酒、タバコ、運動の習慣やBMIなどの要素を調整して調査したところ、

  • 週に4〜7回の割合でサウナに入ると、
    • アルツハイマーのリスクが65%下がる!
    • 認知症のリスクが66%下がる!
  • 週に2〜3回のサウナだと、だいたい認知症リスクは20%ほど下がる!

という結果が出ています。

つまり、サウナに入れば入るほど脳が衰えにくくなるということです。

サウナが脳にいいのは血流アップのおかげ

サウナが脳に良い理由は明確には分かりませんが、遠赤外線で血流が上がるからではないか?という説が有力視されています。

ランニング後のサウナで血流があがって持久力があがるという論文(ソース)もありますし、

また、同じデータセットを使った2015年の研究(ソース)でも、「サウナは心疾患のリスクを大幅に下げる」という結論になっていて、どうも血流のアップがいろんなメリットをもたらしてるようです。

血流がよくなれば脳にも良さそうです。

研究者によれば、

” 循環器系の健康が脳にも良いのはよく知られている。さらに、サウナによるリラックス効果と幸福感の上昇も、脳へのメリットに一役買っているのかもしれない。”

とのことです。

これから寒くなってくる時期にサウナで血流をよくするのは健康的ということですね。

楽しく脳を鍛えるには音楽と語学だ!

ワーキングメモリは脳の一時保管庫で、記憶を数秒の短い時間で溜めておくところです。

この機能が高い人は、

頭の回転が速い
メンタルも強くなる
感情のコントロールもうまくなる
健康的なライフスタイルを取れる

などのメリットがあって、とにかく人生を楽しくすごせる役割があります。

ワーキングメモリを鍛える方法については、運動や緑茶やサプリなど様々な技法が確認されているのですが、

2018年に出た論文(ソース)は、「新たにワーキングメモリを鍛える方法を見つけた!」という内容になっていて、面白いです。

これはトロント大学の実験で、19〜35歳の男女41人が対象となっていて、以下の3パターンの条件で参加者を集めました。

  1. 英語だけを話せるミュージシャン
  2. 英語と第二外国語を話せるが、楽器はできない
  3. 英語を話せるだけで、楽器もできない

つまり研究チームは、「音楽と外国語はワーキングメモリに効くのではないか?」と仮説を立てたわけです。

実験では全員の脳をスキャンしつつ、3パターンの音声を聞いてもらいました。

  1. 人間が立てる音(足音や会話など)
  2. 環境音(風や雨の音など)
  3. 音楽(楽器がかなでるメロディなど)

そのあとに、全員に「どんな音が流れたか覚えてください」と「音が流れてくる方向を当ててください」という2つの指示を出したそうです。

どちらも非常にワーキングメモリをよく使う作業です。

そして、結果は、

  • ミュージシャンは音の種類を記憶する能力が他より高かった
  • ミュージシャンとバイリンガルは、音の方向を当てるタスクの成績が良かった
  • ミュージシャンとバイリンガルは、脳の学習と記憶をつかさどるエリアが活性化していた

ということで、基本的にはミュージシャンとバイリンガルのどちらも、一般的な人より成績が良かったようです。

つまり、音楽と語学学習はワーキングメモリを高めるのではないか、ということです。

音楽と語学が脳にいいかも?という話は昔からあるので、今回の結果にも非常に納得できるところです。

ちなみにこの実験では7年以上の音楽と語学歴がある人を対象にしてますが、どれぐらいからワーキングメモリに効いてくるのかは不明です。

ワーキングメモリ向上には楽器や語学の習得というのは、楽器や語学も身につく上にさらに脳の機能も良くなるので、一石二鳥と言えますね。

たった40秒の復習で記憶力は激しく改善する!

いつも使ってることばはすんなり出てきますが、しばらく見てなかった映画の俳優の名前とか、久々に見た有名人の名前など、出てこないことがあります。

が、2015年に出た論文(ソース)によれば、何かを覚えた直後に40秒の復習を行うだけでも記憶の残り方がまったく違うということが分かってるそうです。

これはサセックス大学の実験で、参加者に26本のYouTube動画を見せて、その際、以下の2パターンで動画の内容を覚えてもらいました。

  1. 復習パターン:動画を見たあと、内容の細部を思い描くか声に出して説明する
  2. 何もしないパターン:ただ動画を見るだけ

そして2週間後に全員に記憶テストを行ったところ、ただ見ただけの動画はほぼ何も思い出せず、いっぽうで40秒の復習を行った動画は、かなりのディテールと要点を思い出すことができたそうです。

また同時に行われたMRI検査では、40秒の復習を行った被験者は脳の後帯状皮質が活性化してたそうです。ここはアルツハイマーの患者がダメージを受けがちなエリアです。

研究者によれば、

” ご存じのとおり、長期記憶として保存されない限り新しい記憶はすぐに消えてしまいます。しかし今回の実験により、短時間の復習を行うだけでも1〜2週間にわたって複雑な情報を記憶できることがわかった。この効果は、脳の特定のエリアの情報処理機能に関わっている。”


ということです。

何かを覚えたいときは、面倒くさがらずに40秒だけ復習するのが良いということですね。勉強のために本を読んだりするときにも使えそうです。