水を飲むと注意力と記憶力が増す!

2017年の水で頭が良くなるという実験研究があり、面白い結果になっています(ソース)。

これは114人の男女を対象にした実験で、水分の摂取が脳の機能に与える影響をチェックしたものです。

水分が足りないと脳の働きが悪くなると考えられてますが、この研究は、とくにのどが渇いてないときに水を飲んだらどうなるか?ということを調べています。

最大で注意力が23%もアップ

実験では、参加者を以下の3グループにわけました。

  1. 25mlの水を飲む
  2. 300mlの水を飲む
  3. 水を飲まない

その後、20分ほどの休憩を置いて、全員の注意力と記憶力を計るテストをしたところ、

注意力

  • 水25ml=12%向上
  • 水300ml=23%向上
  • 水なし=1%低下

記憶力

  • 水25ml=2%向上
  • 水300ml=6%向上
  • 水なし=1%低下

のどの渇き

  • 水25ml=11%上昇
  • 水300ml=56%低下
  • 水なし=6%上昇

気分

  • 水25ml=15%改善
  • 水300ml=18%改善
  • 水なし=5%改善

みたいな結果でした。結構はっきりと違いが出てますね。

のどが渇いてなくても、水を飲めば脳の機能は良くなる

この論文の傾向は、

別に脱水状態じゃなくても、水を飲むほど注意力と記憶力が上がる

のどは乾いたままの状態でも、とりあえず少量の水さえ飲めば脳の機能は上がる

と言えそうです。

体内の水分が足りている状態でも水を飲むと頭が良くなるということですね。それも25mlという少量でも効果が出てるのが興味深いです。しかも気分まで改善するというのもすごいです。

ちなみに、水でここまで脳の働きが変わる理由は不明で、体内の水分が足りている以上は、脳が何らかの錯覚を起こしてるのではと考えられます。

砂糖水で口をゆすぐだけで意志力があがるという研究結果もある(ソース)ので、これに近いメカニズムなのかもしれません。

デスクに観葉植物を置くだけで15%も良いアイディアが浮かぶ!

以前観葉植物について健康改善や空気清浄効果などについて記事を書きました。

観葉植物や切り花って効果あるの?

今度は、家だけでなくオフィスにも観葉植物をデスクに置くと仕事の生産性が上がる効果について説明したいと思います。

リチャード・ワイズマンの「その科学が成功を決める」という本は、科学的な証拠にもとづいた生産性アップの方法が色々書いてあるのですが、その中で、「オフィスに植物を置け!」というアドバイスがあります。

ワイズマン氏によれば、以前私が記事に書いたように周囲に緑が多い病院に入った患者は病気の治りが早く、窓から緑が見える監獄で暮らす受刑者ほど病気にかかりにくいってデータがあります。

これは主に心理的な効果によるもので、原始時代の人間は植物に囲まれて暮らしていたため、自然と緑色を見ると安心感が起きるように進化したということです。

緑と創造性の関係を調べた研究もあり、テキサスA&M大学の実験では、オフィスに観葉植物を置いただけで、良いアイデアを思いつく確率が15%もアップという結果があります。

難しい問題にも柔軟に取り組めるようになったということです。

置くものは植物じゃなくても大丈夫で、たんに緑のペンや緑のカーテンを部屋にあしらっても創造性は上がるそうです。子供の勉強部屋にも応用できそうですね。

2014年のExeter大学の研究でも同様に職場に観葉植物を置いただけで、生産性が15%も上昇したことが確認されています。(ソース

研究者であるナイト博士によれば、1㎡につき1つの観葉植物を置いただけで記憶力がよくなり基本的なテストの成績が良くなったとのことです。

他にも、観葉植物の効果を調べた研究はいろいろあって、

オフィスに観葉植物を置いたら、従業員の疲労・ストレス・頭痛・咳・肌の乾燥が改善した。(ソース)

オフィスに観葉植物を置くほど、従業員が病気にかかる確率が減った。(ソース)

などです。

オフィス、デスク周りに観葉植物を置くと、植物が水分を空気中に出してくれるのでオフィスの乾燥が和らいだり、もちろん光合成によって酸素を作ってくれるので、頭痛などに効くのではないかと思います。

太陽の光だけでなく照明でも問題なく育ってくれる観葉植物がおすすめです。例えば、

ドラセナ

幸福の木と呼ばれ、種類も様々で小さいものから大きな木のようなものまであります。比較的暗くても十分生きてくれ、水やりも土が完璧に乾いてからあげると良いので、手入れが簡単です。

ポトス

有名なのでよく知っている人も多いですね。これもまた水やり、光と難しくないので、オフィスに向いています。葉に模様が入った綺麗なものや明るい緑色のものなど種類も豊富です。

サンセベリア

アメリカではその形状からスネークプラントとも呼ばれています。水やり、光最小限で済むのでとても簡単な観葉植物です。先日書いたように、夜も酸素を排出し続けるので寝室にも向いています。

フィロデンドロン

フィロデンドロンもまた種類が多いのですが、モンステラのように茎が四方に伸びるタイプの植物です。光はややある方が生育しますが、少なくても十分生きてくれます。水やりなども乾いたらやると良いので手入れも簡単なのでオフィスにも向いています。

今は自宅でお仕事している人も多いので、観葉植物も置きやすいですね。

ちなみに私はダイニングテーブルで仕事しているので、その日の気分で置いてます。

今日はフィロデンドロンのブラジルというポトスっぽい植物です。これも手入れは簡単で、葉に濃い緑と明るい緑が入っていてとてもきれいです。

是非皆さんもデスク周りに観葉植物を置いてみてはどうですか?

アボカドで集中力が上がる!

アボカドで集中力が上がるかも」というおもしろい論文(ソース)があります。これは太りぎみな人を対象にした実験で、

研究チームによれば、

” 過去の研究では、太りぎみな人たちは、高齢になるほど認知低下と認知症のリスクが高まることがわかっている。そのため、この研究では、食事療法を使って特に中年期の脳の健康が改善するかを調べるのが目的である。”

人間の脳ってのは体重が太るとどうしても機能が落ちていくので(ソース)、その対策としては、やはり痩せなきゃいけないのが一番です。ですが、次善の策として「食事を変えてもある程度まで脳機能は保てるのでは?」と考えたわけです。

これはイリノイ大学の研究で、肥満の男女84人を集めて、チームが用意した食事を12週間ほど続けて食べるように指示しました。その際、全員が口にした食事のカロリーと三大栄養素のバランスは同じなのですがが、ひとつだけ違うポイントは、

メニューに新鮮なアボカドが含まれているかどうか

でした。

全体の半分のグループには毎日アボカドを食べてもらい、残り半分にはアボカド抜きの食事を提供したわけです。

抗酸化物質を食べ物から摂ろう

アボカドはご存じのように健康的な食材で、以前食欲を抑える効果や抗酸化作用についての記事を書いているので参照してみてください。

アボカドが食べすぎを防いでくれる!

アボカドはおもにダイエット系の効果などが確認されていますが、実はアボカドは脳にもいいのではないか?と研究チームは考えた訳です。

で、12週間後に全員に3つの認知テストを指示して、脳の注意と抑制機能がどう変わったかをチェックしたところ、結果は、

アボカドを食べた参加者は、 「フランカー課題」 のパフォーマンスが改善した!

フランカー課題とは認知力テストの定番で、↓のリンク先みたいなやつです。こいつを使うと、「脳がどれだけ注意できているか?」ってのがわかるんですよ。

というわけで、アボカドは太りぎみな人の集中力を改善してくれるようですが、どうしてそんな現象が起きるのかは不明です。研究チームは「アボカドに入ってるルティンが効いているのでは?」と考えたのですが、血中のルテインレベルと認知機能は相関しなかったみたいです。

研究チームによれば、

” アボカドにふくまれる栄養素が脳内で特定の働きをして、認知機能をサポートしているのかもしれない。

アボカドには食物繊維や一価不飽和脂肪も多くふくまれている。これらの栄養素が認知効果に何らかの役割を果たしている可能性もある。”

” ここで私たちが学んだのは、アボガドには神経の保護作用があるかもしれないということである。”

ということで、太ってない人にとっても関係するかもなので、とりあえず積極的に食べるのがよさそうですね。

観葉植物の5つの効果

皆さんはお家に観葉植物置いていますか?

私は長持ちさせるのが得意ではないのですが、今年の初めころから少しずつ増やしています。今日は観葉植物の5つの効果について話したいと思います。

呼吸をしやすくしてくれる

ご存じのように観葉植物は光合成をして私たちが呼吸して排出した二酸化炭素で酸素を作ってくれます。

ということで住んでる部屋に観葉植物を置くだけで酸素のレベルが上がるということです。

夜は植物も人間と同様酸素を使って二酸化炭素を出すのですが、サーキュラントやスネークプラントなど夜もこの光合成をして酸素を作り続けてくれる植物もあって、こういう植物をベッドルームに置くと部屋の酸素レベルがさらに上がって、すっきりと睡眠に入りやすくなります。

湿度調整

光合成の一過程で、植物は水分を空気中に排出してくれます。乾燥した部屋の湿度を上げてくれるわけです。

植物は吸収した水分のほぼ97%は排出するので、呼吸器の問題を解決してくれます。

ノルウェーの農業大学の研究では部屋に観葉植物をおくことで皮膚の乾燥、風邪、のどの痛みや咳を減らしてくれることが確認されています。

空気清浄の効果

NASAの研究によれば、植物は空気中の有機化合物のほぼ87%をしめる有害物質を24時間除去してくれています。

有機化合物は じゅうたん、ビニール、たばこの煙、スーパーの袋などのホルムアルデヒド、ベンジンやトリクロロエチレン(天然素材でない布、インク、ペイントなど)、を含んでいます。

ベンジンは本や印刷物などに多く含まれています。

エアコンなどで空気調整された部屋ではこの有機化合物が多く存在して、NASAによれば植物がこの有機化合物を多く含む空気を取り込んで、植物の食べ物に変えて、部屋から除去してくれることが分かってます。

健康改善

カンサス大学の研究によれば、病室に観葉植物を置いた患者の回復のスピードがそうでない患者に比べて速いことが分かってます。

さらに観葉植物のある部屋の患者は薬による痛みも少なく、血圧や心拍数も悪くなく、退院も早かったそうです。

集中力が高まる

イギリスのロイヤル農業大学の研究によれば、観葉植物を置いた部屋で講義を受けた学生はそうでない学生に比べて70%も集中できたそうです。さらに出席率も高かったとのことです。

以上色々観葉植物の効果ですが、では部屋にどれくらいおけば実際効果が得られるのでしょうか?

ストレスや健康改善のためなら、12㎡ごとに8インチかそれ以上の大きい観葉植物を、
オフィスやクラスルームなら、皆の目に入る位置に置くと良いです。

空気清浄を目的ならば、83㎡の部屋に6インチから8インチの植物を7から9つ置くのがおすすめです。大きい植物なら9.3㎡につき1つおく(小さい植物なら2つ)という感じです。

ちなみに、私は、リビングに小さなポット(4インチくらい)を9つ、6インチを9つ、そして大きな10インチの植物を1つ置いてます。

ダイニングには4から6インチの植物を3つ置いてます。

ベッドルームはやや寒いのと日当たりがそう良くないので、4インチを2つ、8インチを1つ、そして大きい10インチの植物を1つ置いてます。

健康改善的にも空気清浄的にも十分なようです。今在宅勤務なので、空気清浄という点では窓も開けられるので満足ですね。多くの観葉植物に囲まれていると眺めてるだけでも気分がよくなってパーフォーマンスも上がってるのではと思います。