モノは基本、1イン1アウト

新しいモノを買う時はありますよね。

1.それはまず今使ってるモノが無くなった時、

2.そして、今着ている服や靴が古くなって捨て時だなと思った時、

3.今まで持ってなかったけれど自分にとって必要だと感じた時

1.無くなったモノを補充する。
トイレットペーパー
ティッシュぺーバー
毎日の料理に欠かさないモノ、ニンジン、玉ねぎ、ネギ、卵、牛乳、水、コーヒー等
これらのモノたちはほぼ無くなった後かあと一つだけの状態で買い足します。1イン1アウトです。不必要には買い足したりしません。例えばトイレットペーパーやティッシュが安売りしていても家に在庫があれば買う必要はないからです。

ちなみにアメリカでは食べ物やトイレットペーパーなどの生活必需品には税金がかかりません。生きていく上で必要なモノ達ですから当然のことだと思います。日本も10月から消費税が上がるようですが、食品や生活必需品は無税にしないとぎりぎりで生きている人にとっては苦しくなってしまいますよね。物価がこちらより安いよは言え、食べ物に税金かかるってどうなの?と思います。

2.今着ている服や靴が古くなって捨て時だなと思った時、
服の買い替えですが、お気に入りの服ってつい着すぎてしまいますがもう捨て時にはすっぱり捨てます。服に関しては出来るだけ1イン2アウトにするようにしています。クローゼットのハンガーとハンガーの隙間はあった方が見やすいし、取り出しやすいから。そしてまだ服は多いので減らしていきたいからです。靴は実は結構な量を所有していて思い入れもあるので中々捨てられないのですが、やはり1イン2アウトで頑張って捨てていくつもりです。

3.今まで持ってなかったけれど自分にとって必要なモノ
これは重要な決断ですよね。例えばYouTubeで発信するために必要なビデオカメラやそれをたてるスタンド、マイク等。でもはじめは普通にiPhoneとスタンドぐらいでいいと思いますが、最初から全部揃えたいという人もいるでしょう。ゴルフを始めるのに服から一式全て揃えてしまう人。

私は続けるかどうかやってみないと分からないので最初から一式は揃えないです。始めは最低限のモノからはじめて続けられそうなら買い足して行きます。でも原則の1イン1アウトからすると他に要らないモノを捨てることは必須です。でないとモノが増えてしまうので。

ミニマリストにはなれないですが、一旦片づけを終えたのでモノは増やしたくないです。以前片づけの心理と魔法で書きましたが、モノを探したり、増えたことで片づけが必要になったりするとそのために割く時間が無駄なので、モノを増やすことはしたくないです。モノを買うには考えて考えて捨てるモノを考えてからにします。最近は欲しいモノがないので、というかWebプログラミングやこのブログを書いたりするのに熱中しているので物欲がないのが素晴らしいです。物欲もないし、時間もないので暇つぶしにモールに行ったりすることもないです。昔休みの度にモールへ行っては何かしら買っていたのを思い出しますが、ストレスからくる買い物だったかもしれないです。その時何を買ったかほぼ覚えてないのがまさに要らない買い物だったのでしょうね。

まとめると、
消耗品は無くなった後かあと一つ残ってる程度の時に買い足す。セールだからと言って過剰には買わない。最近、3つ買うと5ドル買い物カードもらえるというセールに全く見向きしなくなりました。そのモノが頻繁に使い、すぐ無くなる場合は別です。

古くなった服や靴を買い足す時は1イン2アウトします。

持ってないモノを買う時はよく考えてセットの場合は少しづつ揃えます。それに投資することで自分の経験や知識につながるのなら問題ないと考えます。それでも何か別の不要なモノちょっといいけど、絶対必要でなくてはならないモノのなかから捨てるモノを探します。

つまり、基本は1イン1アウトで、服と靴のみ1イン2アウトです。ちなみにこれらは全て実行出来てる訳ではないので自分を鼓舞するためにもここに書いてます。物欲はほぼないのでそこそこうまくいっています。

片づけを今やっている人がいたら1イン1アウト参考にしてみてください。モノが多い状態だと1イン2アウトで。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *