有害な人材が会社にもたらすダメージは大きすぎる

優良な人材を雇うよりも有害な人材を雇わない方が重要である」という2015年の研究論文(ソース)があります。

有害な社員を雇い続けるのは優秀な社員を一人確保するコストに比べ2倍かかる!

これは、ハーバード・ビジネス・スクールが5万8542人の労働者をチェックしたもので、みんなに徹底的なアンケートを行ない、

  • どれぐらい仕事でパフォーマンスを発揮できているか?
  • 会社のルールをどれぐらい守っているか?

ということを調べました。そこでわかったことは、

害悪な社員がもたらす被害は優良な社員がもたらす利益の2倍である!

ということだったそうです。

すごく仕事ができる社員をひとり確保するコストと、有害な社員を雇い続けるコストを比べた場合、有害な社員を雇い続けるのは、2倍ぐらいの差が出てしまうということです。

「有害社員」によってもたらされる被害を詳しくまとめてると、

  • 有害社員を雇うと約1万2500ドルのコストがかかる(その人を首にして新しい人を雇うためのコスト)
  • 生産性が上位1%に入る超有能な人材を雇っても、会社の利益は約5300ドルしか上がらない

みたいになってます。とにかく有能な人材を雇うことを考える前に、雇うとやばい人材を避けることに気を付ける必要があるようです。

有害な社員ってどういう人たち?

「有害な社員」とはどういう人たちなのでしょうか?

  • まかされた仕事をまったくせず、ひたすらダラダラしてる
  • 他の社員に攻撃的な態度を取り、時にいじめに発展する
  • 陰で他人の悪口やゴシップをしゃべりまくる
  • 出社時間や会議のルールをまったく守らない

のような人たちのことを指しています。

実に嫌な社員って感じですけど、この調査では「有害な社員は意外と生産性が高い」という傾向も確認されています。

なんでも有害な社員は自信満々な人が多いので、迷わず仕事を進めることが多いんだそうです。


有害な社員の研究といえば「礼儀正しさこそ最強の生存戦略である」で有名な南カリフォルニア大学教授のクリスティーン・ポラスが1万4000人を調べたリサーチ(The Cost of Bad Behavior)もあって、これによると有害な社員と接した従業員たちは、

  • 80%が「また嫌なことが起きるんじゃないか?」という心配に悩み、仕事に使う時間が減った
  • 78%は会社への忠誠心が下がったと答えた
  • 66%は仕事のパフォーマンスが下がったと答えた
  • 63%は有害な社員を避けて行動するようになった
  • 48%がわざと仕事に費やす努力を減らした
  • 47%がわざと仕事に使う時間を減らした
  • 38% がわざと仕事の質を下げた
  • 25%が不満を顧客にぶつけた
  • 12%が仕事を辞めた

とさまざまなネガティブな反応を示したそうです。

仕事で嫌なことの大半は人間関係に集約されるので、納得の結果と言えそうです。

これを見ると、有害な社員がもたらす潜在的なコストはもっと大きいという感じですね。

ということで、経営者の方は、「採用の際は有害社員に気をつける!」、「採用の後で有害だと気づいたら、そいつがどんなに有能でも首にする!」ぐらい強く考えておくと良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *