プロバイオティクスとビタミンDで脳機能が改善する!

腸と脳はつながっている(腸内細菌がセロトニンのような神経伝達物質を作ってくれて、これが脳に作用する)という事を以前記事にしました。

腸の健康が認知機能に影響するのではないかということで、「プロバイオティクスが高齢者の脳機能の改善に役立つか?」ということを調べた論文(ソース)が出ています。

腸で作られたセロトニンは幸福感に影響する?!

プロバイオティクスで脳機能が改善

これは12週間のRCT(ランダム化比較試験)で、65歳以上の男女63人を集めて、

  1. ビフィズス菌系プロバイオティクスを飲む
  2. プラシーボ(偽物を飲む)

のいずれかを指示しました。そのうえで、みんなの腸内フローラ、BDNF(神経の細胞の成長を促進するタンパク質)、脳機能(様々な認知テストや感情テスト)を行ったところ、

プロバイオティクスを飲んだグループは、腸内フローラの改善だけでなく、BDNFのレベルと認知機能が有意に改善した!

という結果でした。小規模なテストですし、過去には「腸内が正常な人がいくらプロバイオティクスを飲んでも無駄」(ソース)という精度の高めな報告も出てるので、普通に健康な人でも同じ働きがあるかは不明です。

が、高齢になると腸内フローラも乱れがなので、加齢とともに必要かなと思います。

ビタミンDで高齢者の認知機能が改善

高齢者の認知機能にビタミンDが効くのではないかという話は昔からあるのですが、その点を調べたデータ(ソース)があります。

これは太りぎみな58才から64才の女性42人を1年にわたって調査したRCT(ランダム化比較試験)で、みんなに健康的なライフスタイルを実践するためのカウンセリングを受けてもらったあと、

  1. 600 IU
  2. 2000 IU
  3. 4000 IU

って3つのパターンでビタミンD3を毎日飲むように指示しました。そこで定期的に脳機能のテストを行ったところ、結果は、

  • 1日あたり2000IUのビタミンDを摂取したグループは、視覚およびワーキングメモリと学習テストで最高のパフォーマンスを示した
  • 逆に、1日4000 IUのビタミンDを摂取したグループは、もっとも認知の反応スピードが遅くなっていた

ということで、やはり歳をとるとビタミンDは大事なようです。ですが、一方で取りすぎもよくないってことですね。

実際、過去のデータ(ソース)でも大量のビタミンDを飲んだ高齢者は骨折のリスクが高まったという報告もあるので、上記の実験ように2000IUぐらいが良いようです。

ビタミンDの摂取でメンタルが37%も改善!

ビタミンDにはがんと診断された人の早期死亡率を低くしたり、免疫機能を正常に保つ重要な役割があることは知られています。

ビタミンDはがんに効果があるのか?

ビタミンDが不足するとコロナ感染リスクがあがる

2015年に出た論文(ソース)では、「ビタミンDの大量摂取でメンタルがとても改善し、アンチエイジング効果も高い」という結論が出ています。

これはカーシャーン大学の実験で、中程度のうつ病に苦しむ18〜65才の男女40名を対象にしたものです。全員を半分にわけて、

  1. 1週間で50,000IUのビタミンDを8週間飲む
  2. なにも飲まない

1週間で50000IUというと、1日に7000IUちょっとぐらいで、ビタミンDの最適レベルは1日に約3000〜4000IUぐらいと言われているので、なかなかの量です。

その後、全員にはさまざまなテストを行って、

  • うつ病レベル
  • インスリン抵抗性(糖尿病のリスクがわかる)
  • 体の抗酸化能力(活性酸素を処理する機能。これが高いほど老けにくい)
  • グルタチオンレベル(強い抗酸化作用を持つ成分。血中濃度が高いほどアンチエイジング力も高いと考えられる)

などをくわしくチェックしました。

結果は、全体的にビタミンDグループの成績が良くて、

  • うつ病レベルが37%減少!
  • インスリン抵抗性も28%改善!
  • 抗酸化能力とグルタチオンも24%アップ!

みたいな感じになっています。こういった現象が起きる理由はハッキリしてませんが、ビタミンDにはドーパミンやノルエピネフリンといった活力系のホルモンの効きを良くする作用があるのでそのおかげとも考えられます。

ほかにも、酸化ダメージもうつ病の大きな原因(ソース)のひとつなので、グルタチオンの量が増えると自然とメンタルも落ち着いていくと思います。

とにかくビタミンDは様々な作用を持っているので、原因ははっきりとはいえないのですが、ビタミンDがメンタルにもアンチエイジングにも必須なのは間違いないということです。

さすがに実験と同じレベルを飲むのは多すぎなので、1日に1000〜4000IUぐらいは補給しておきたいところです。

それ以上の量を摂る時は、一緒にビタミンK2を飲むと、ビタミンDの摂り過ぎによるカルシウムの急上昇を防げるかと思います。

ビタミンDはがんに効果があるのか?

ビタミンDはホルモンの一種で、細胞に増殖するよう命令したり、免疫システムを正常に保ったり、メンタルと脳の働きに必須な栄養素です。

ビタミンDが不足するとコロナ感染リスクがあがる

今回は「ビタミンDは癌に効果があるのか?」がテーマです。

2015年の観察研究(ソース)でもビタミンDが癌リスクに影響を与えるのではないかという傾向が確認されています。

2019年の論文(ソース)は、その最新版で、特に大腸癌と乳癌への影響が大きいようです。

この研究は過去のビタミンD研究から信頼度が高めな10件のRCT(ランダム化比較試験)をまとめたメタ分析になっていて、科学的な証拠としてのレベルは高く、ビタミンDが癌に効くのか問題については、良いデータと言えます。

データの内容は、

  • 10件中5件が癌の死亡率を報告
  • 8件が総死亡率を報告
  • 調査期間はだいたい5〜10年
  • ビタミンD3の使用量はだいたい1日400-2000 IU

みたいになってます。長期間のテストが多くて結果が期待できそうです。
では、分析の結果は、

  • ビタミンDを飲んでも発癌率には影響がなかった
  • が、癌にかかった人の死亡率は、プラシーボに比べて13%ほど下がる!

となっています。

つまり、ビタミンDを飲んでも癌の予防にはならないけど、癌治療のサポートには使えるのではないかということです。

今回の結果は2014年に出た観察研究のメタ分析(ソース)と似ていて、こちらは、

  • 癌と診断された人が血中のビタミンDレベルが高かった場合、早期の死亡率が低くなる

ということで、やはりビタミンDにはがんに対して何かの作用がありそうです。

さらに2019年のメタ分析を見ても(ソース)、ビタミンDは全死亡率の低下と相関がある!って結論です。

以上のことから、ビタミンDはがんの予防にはならないけれど、がんと診断された後の治療でサプリメントとしては効果がありそうです。

ビタミンDが不足するとコロナ感染リスクがあがる

ビタミンDはホルモンの一種で、とても大事なわりに無視されがちな栄養素のひとつです。

具体的な働きとしては、

  • 細胞に増殖するよう命令を出す:細胞の入れ替えに使うので、美肌をキープするためにも欠かせません。
  • 免疫システムを正常に保つ:ビタミンDが足りないと風邪は引くし、アレルギーも悪化することになります。
  • メンタルと脳の働きに必須:記憶力や意思力アップなどにも欠かせず、ビタミンD不足はうつ病やアルツハイマーと関連しています。

などがあります。以前書いた記事では脳の働きの大きな影響があることを伝えています。

不足すると脳の働きが悪くなるサプリって?

人間がまともに動くために欠かせない機能を持ってるわけで、美容やアンチエイジングにも必須です。

ですが、現代人は陽の光を浴びる量が少ないので、ビタミンDが慢性的に不足しているケースが多めです。ビタミンDのサプリで原因不明の不調が治ってしまう人も多いはずです。

ビタミンDが不足すると、コロナウィルスはもちろん、他の感染症にかかりやすくなります。

トリニティ・カレッジ・ダブリンから最近出たレポート(ソース)は、

ビタミンDが足りない人は新型コロナの感染に弱くなる!

という結論になっています。

ビタミンDは免疫システムにとって重要な働きをしているので、感染症に対する身体の防御メカニズムを改善したり、抗生物質の必要量を減らしてくれたりと、有効な結果がいろいろ出ています。

この研究では、アイルランドに住む50歳以上の男女8172人を対象にしています。ポイントは、

  • アイルランドで50歳以上の成人の8人に1人は1年中にわたってビタミンDが不足している
  • ずっと家にいて太陽の光を浴びない人は、ビタミンD欠乏症のリスクが大いにある
  • ビタミンDレベルが低い高齢者の胸部感染症をサポートするには、サプリが有効だと考えるにたるエビデンスがある(ある研究では、ビタミンDサプリで胸部感染症のリスクが半分に減った)
  • COVID-19(新型コロナ)対策で自宅で自粛している人には、ビタミンDのサプリを推奨する

などです。

気候が良くなってきたとは言え、新型コロナで自粛が続いてるので、外に出る機会はかなり減っていると思います。

毎日一定時間太陽の光を浴びてないなあと感じているならサプリで摂ったほうがいいのではないでしょうか。

免疫系に重要な役割を果たしてるので、普段よりビタミンDの摂取を気にしておいたほうがいいと思います。

以前書いた記事にどれくらい摂取したらいいか説明してあるので参考にしてください。(ビタミンDが不足すると脳の働きが悪くなる)