世界一血管が綺麗な人達はどんな生活をしてるの?

ボリビア、チマネ族の血管が凄い!」という研究(ソース)は、ボリビアの狩猟民族の健康状態を調査したもので、とても興味深いです。

これはニューメキシコ大学の論文で、ボリビアのアマゾン盆地で暮らす700人のチマネ族を調べたものです。昔から心疾患の発症率が異常に少ないことが知られています。

今回の実験では、研究者がボリビアの奥地に出向いて、チマネ族にCTスキャンをお願いしました。

世界一血管がキレイな部族

そこで分かったことは、

  • チマネ族の10人中9人は完全に血管がクリアで、心疾患のリスクは限りなくゼロに近かった
  • チマネ族が75才になっても、65%は心疾患リスクがゼロのままだった
  • 心拍数、血圧、コレステロール、血糖もすべて先進国より低かった

となっています。

この時点で、チマネ族こそが「世界でもっとも血管がキレイな民族」の暫定1位だとわかったわけです。

なにせ、80才を過ぎたチマネ族の血管年齢は、だいたい先進国における50才と同じだったということで、素晴らしいです。

体内の炎症は先進国よりも高い

また、このデータで面白いのが、

チマネ族の体内は先進国の人間よりも炎症していた

という結果も出てることです。

やはりボリビアの暮らしは感染症リスクが高いので、どうしても先進国より炎症レベルが高くなるようです。

チマネ族の平均年齢が70才ぐらいなのも、感染症が大きな原因のひとつになっています。

体内の炎症は老化の元であることは記事にも書いてますが、炎症レベルがあがるほど血管ダメージが増えていくことが、多くの研究で分かっています。

あらゆる不調を引き起こす「慢性炎症」とは?

ですが、チマネ族はキレイな血管をキープしてるわけで、研究者も驚いています。

” 普通に考えれば、炎症は心疾患のリスクを増やすはずである。ところが、チマネ族の炎症は心疾患リスクの上昇とは関係がない。”

これは、チマネ族のライフスタイルが炎症の害を相殺しているのかもしれないし、たんに炎症がなければ100才以上まで生きられるかもしれませんが、それは謎ですね。

血管をキレイにする暮らしとは?

チマネ族の暮らしは、

  • 三大栄養素のバランスは、タンパク質14%、脂質14%、炭水化物72%
  • おもな炭水化物はイモ、米、グリーンバナナ、キャッサバ、コーン、フルーツなど
  • 脂肪とタンパク源は魚、猿、ピラニア、野ブタ、ナッツなど
  • タバコはほぼ吸わない
  • 1日に男性は17,000歩、女性は16,000歩を歩く。老人も同様。
  • 1日の狩猟時間は平均で8時間以上。歩行距離はおよそ18キロ。
  • 1日にまったりする時間は全体の10%ほど。

という感じです。

エセックス大学のギャビン・サンダーコック博士が指摘するポイント(ソース)によれば、

” チマネ族の人々は、「高エネルギー流束ライフスタイル」と呼ばれる暮らしをしている。つまり、たくさん動いてたくさん食べる暮らしだ。もちろん炭水化物も大量に食べないといけない。”

” そもそも人類は、そのような暮らしを送るように進化してきた。だが、現代人は、そういう自然な活動の多くを暮らしから取り除いてしまった。”

ポイントはエネルギー流束?

この「エネルギー流束」というのは、

  • 低エネルギー流束=1,500kcalを食べて2,000kcal消費する
  • 高エネルギー流束=2,500kcalを食べて3,000kcal消費する

という感じです。

どちらも1日にー500kcalという点は同じですが、多くの研究で「高エネルギー流束のほうが健康になる」という結果が出ています。

以上が血管が世界一綺麗なチマネ族の暮らしについてでした。健康的な食事はもちろん、日々の活動が重要なのですね。

グルテンフリー食事法って普通の人にも有効なの?

普通の人がグルテンを抜く意味はあるのか?

グルテンフリーは、そのままで、「グルテンは食べない!」という食事法のことです。

グルテンは小麦にふくまれるタンパク質で、 これが体の老化や不調を引き起こすと言われています。

そもそもはセリアック病(グルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患)みたいな難病のためにできたメソッドですが、ここ数年で「普通の人でもグルテンは抜くべき!」みたいな風潮が出てきています。

普通の人がグルテンを抜く意味はあるのか?」という点については、まだ決着がついていない感じです。グルテンに弱い人には効果が大きいだろうけど、万人にメリットがあるのかどうかは明確ではないです。

この点は研究データもばらついていて、特定のアレルギーがなければ小麦を食べても問題ない!という論文があったり(ソース)、「やっぱ普通の人でもグルテンは良くない!」みたいな話も出てきたりとか(ソース)しています。

2014年に、「グルテンで体調を崩す人って、実はグルテンじゃなくて特定の食物繊維に弱いだけは?」という説(ソース)も出たりして、まとまりがつかない状態ですね。

とにかく、

  • 科学的には、「グルテンフリーが普通の人も有効かどうか?」は誰にも断言できない
  • つまり、「グルテンが老化の原因」という説はちょっと胡散臭い
  • いっぽうで、「グルテンフリーは無意味」とも言い切れない

という感じです。

グルテン過敏症はリーキーガットが原因では?

そこで2016年に「リーキーガットがグルテンフリー問題の真相では?」という論文(ソース)が出ています。

これはコロンビア大学の実験で、グルテンで悪影響が出やすい人と出にくい人の違いはなにか?という疑問を調べたものです。160人の参加者を対象にして、その内訳は、

  • 80人=健康体なのにグルテンに弱い人
  • 40人=セリアック病にかかっている人
  • 40人=グルテンをとっても不調が出ない健康な人

となっています。それぞれにグルテンをとってもらい、みんなの炎症反応をチェックしました。

そこで起きた現象は、

グルテンに弱い人たちがグルテンをとると

    • 腸内のダメージを示す数値があがった
    • 体内の毒素の量が一気に増えた
    • 悪いバクテリアへの抗体も増えた
    • 全身の慢性炎症のレベルがあがった

グルテンと体内の毒素の量が連動しています。

ここから推測できるのは、実は「グルテン過敏症ってリーキーガットが引き起こす症状のひとつではないのか?」ということです。リーキーガットは腸に細かな穴が開いてしまう状態です。

万病の元リーキーガットって何?

実際、この実験では、グルテンに弱い人にグルテンフリーを続けてもらったら、半年でリーキーガットと炎症が同じように改善していったということです。

つまりは、

  • リーキーガットさえなければ、うどんやパンを食べても何の悪影響も出なさそう
  • いったんリーキーガットが起きると、グルテンで腸ダメージがさらに悪化する可能性が大きい

という感じです。

そう考えると、腸が健康な人がグルテンフリーを試す意味はあまりなさそうです。

たとえば「地中海式ダイエット」(野菜をたくさん食べて加工食品や精製穀物を避ける、全粒粉はOK)は、日常的に大量のグルテンをとるにも関わらず、健康にはすばらしく良いわけですから。

普段から腸に優しい暮らしをしていれば、全粒粉にふくまれる食物繊維のメリットのほうが大きいということなのでしょう。

以上のことから、「自分の腸に自信がなければグルテンフリーをやろう!」というのが結論です。

自分の体内でどれだけ炎症を起こしているのか知るには?

慢性炎症は万病の元

慢性炎症は体を老化させるので、炎症が多い人ほど癌の発症リスクが高かったり(ソース)、糖尿病が悪化したり(ソース)と、万病の元と言えます。

さらに炎症で脳の働きが下がる記事を昨日書きましたし、炎症を起こさせない体であることは重要です。

すると、自分の体内に炎症を起こしているのか?をどうやって知るのかチェックしたいですよね。

血液検査で炎症レベルを調べるのは意外と難しい

続きを読む

炎症で脳の働きが下がる!

炎症は万病のもと

炎症は、体に異変が起きたときに、免疫が自分を守ろうとする働きのことです。

火傷をしたところ腫れ上がったり、切り傷が赤くなったりするのは、体が治療のためにがんばっている現象です。

ただし、火傷や切り傷のような短時間の炎症ならいいのですが、これが長期にわたる慢性的な炎症になると話が変わってきます。

その代表的な例が内臓脂肪で、小腸に脂肪がたまると、体は懸命になって免疫細胞を動かしはじめ、これが全身に炎症を引き起こす原因になります。

つまり、内臓脂肪はつねに山火事のような状態ということです。

軽度の炎症で脳の働きがスローになる!

続きを読む