うつは心だけでなく体の病である!

うつになると体調が崩れるのはなぜ?

「心と体は一つである」と言われるように、メンタルの低下が体にも悪影響をおよぼすケースはよくあるわけです。

気分が沈んだら、なんとなく風邪を引きやすくなったとかの経験は誰にでもあるかと思います。

そこで、「なんで鬱になると体を壊すの?」という問題を調査した論文(ソース)があります。

これはグラナダ大学の研究で、うつと病気の関係を調べた29件の論文から、3900人分のデータをまとめたものです。

鬱は体にどんな影響をおよぼすのか?」という問題を徹底的に調べたメタ分析になってます。

うつは早期死亡率をあげる

まずは鬱にともなって発症しがちな病気については、

  • 発がん率がアップ
  • 心疾患にもかかりやすくなる
  • うつじゃないグループと比べて早期死亡率もアップ

となっています。

これは従来の研究でも言われてきたとおりですが、なにが引き金となって病気が発生するのかという点をチェックしたのが、今回のデータのポイントです。

うつは体内の酸化ストレスをあげる

そこで分かったことは、

  • うつの人はとにかく細胞の酸化ダメージが大きい
  • 酸化ストレスは、体が有害な物質を排出する能力が低下するせいで起きる
  • うつになると、体内の亜鉛や尿酸のレベルがやたら下がる(どちらも重要な抗酸化物質なので、細胞の酸化を防ぐために消費されたと思われる)
  • しかし、一般的なうつ治療(認知行動療法とか抗うつ剤とか)を行うと、細胞の酸化ストレスは明らかに低下していく

などとなっています。

研究者によれば、

”うつ病の悪影響には、酸化ストレスが重要な役割を果たしている。うつ病の治療が効くのは、酸化ストレスを改善しているからかもしれない。”

とのことです。 「鬱病の人は体内の炎症が進んでいる」ってデータ(ソース)と、かなり近い結論になってます。

まとめ

ポイントをまとめると、

抗酸化作用はアンチエイジングに重要

  • うつ病はたんなるメンタルの不調ではなく、全身性の疾患として考えたほうがいい
  • 一般的な治療と並行して「炎症対策」と「酸化対策」もするのがうつ病対策になる

という感じになります。

あらゆる不調を引き起こす「慢性炎症」とは?

世界一血管が綺麗な人達はどんな生活をしてるの?

ボリビア、チマネ族の血管が凄い!」という研究(ソース)は、ボリビアの狩猟民族の健康状態を調査したもので、とても興味深いです。

これはニューメキシコ大学の論文で、ボリビアのアマゾン盆地で暮らす700人のチマネ族を調べたものです。昔から心疾患の発症率が異常に少ないことが知られています。

今回の実験では、研究者がボリビアの奥地に出向いて、チマネ族にCTスキャンをお願いしました。

世界一血管がキレイな部族

そこで分かったことは、

  • チマネ族の10人中9人は完全に血管がクリアで、心疾患のリスクは限りなくゼロに近かった
  • チマネ族が75才になっても、65%は心疾患リスクがゼロのままだった
  • 心拍数、血圧、コレステロール、血糖もすべて先進国より低かった

となっています。

この時点で、チマネ族こそが「世界でもっとも血管がキレイな民族」の暫定1位だとわかったわけです。

なにせ、80才を過ぎたチマネ族の血管年齢は、だいたい先進国における50才と同じだったということで、素晴らしいです。

体内の炎症は先進国よりも高い

また、このデータで面白いのが、

チマネ族の体内は先進国の人間よりも炎症していた

という結果も出てることです。

やはりボリビアの暮らしは感染症リスクが高いので、どうしても先進国より炎症レベルが高くなるようです。

チマネ族の平均年齢が70才ぐらいなのも、感染症が大きな原因のひとつになっています。

体内の炎症は老化の元であることは記事にも書いてますが、炎症レベルがあがるほど血管ダメージが増えていくことが、多くの研究で分かっています。

あらゆる不調を引き起こす「慢性炎症」とは?

ですが、チマネ族はキレイな血管をキープしてるわけで、研究者も驚いています。

” 普通に考えれば、炎症は心疾患のリスクを増やすはずである。ところが、チマネ族の炎症は心疾患リスクの上昇とは関係がない。”

これは、チマネ族のライフスタイルが炎症の害を相殺しているのかもしれないし、たんに炎症がなければ100才以上まで生きられるかもしれませんが、それは謎ですね。

血管をキレイにする暮らしとは?

チマネ族の暮らしは、

  • 三大栄養素のバランスは、タンパク質14%、脂質14%、炭水化物72%
  • おもな炭水化物はイモ、米、グリーンバナナ、キャッサバ、コーン、フルーツなど
  • 脂肪とタンパク源は魚、猿、ピラニア、野ブタ、ナッツなど
  • タバコはほぼ吸わない
  • 1日に男性は17,000歩、女性は16,000歩を歩く。老人も同様。
  • 1日の狩猟時間は平均で8時間以上。歩行距離はおよそ18キロ。
  • 1日にまったりする時間は全体の10%ほど。

という感じです。

エセックス大学のギャビン・サンダーコック博士が指摘するポイント(ソース)によれば、

” チマネ族の人々は、「高エネルギー流束ライフスタイル」と呼ばれる暮らしをしている。つまり、たくさん動いてたくさん食べる暮らしだ。もちろん炭水化物も大量に食べないといけない。”

” そもそも人類は、そのような暮らしを送るように進化してきた。だが、現代人は、そういう自然な活動の多くを暮らしから取り除いてしまった。”

ポイントはエネルギー流束?

この「エネルギー流束」というのは、

  • 低エネルギー流束=1,500kcalを食べて2,000kcal消費する
  • 高エネルギー流束=2,500kcalを食べて3,000kcal消費する

という感じです。

どちらも1日にー500kcalという点は同じですが、多くの研究で「高エネルギー流束のほうが健康になる」という結果が出ています。

以上が血管が世界一綺麗なチマネ族の暮らしについてでした。健康的な食事はもちろん、日々の活動が重要なのですね。

グルテンフリー食事法って普通の人にも有効なの?

普通の人がグルテンを抜く意味はあるのか?

グルテンフリーは、そのままで、「グルテンは食べない!」という食事法のことです。

グルテンは小麦にふくまれるタンパク質で、 これが体の老化や不調を引き起こすと言われています。

そもそもはセリアック病(グルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患)みたいな難病のためにできたメソッドですが、ここ数年で「普通の人でもグルテンは抜くべき!」みたいな風潮が出てきています。

普通の人がグルテンを抜く意味はあるのか?」という点については、まだ決着がついていない感じです。グルテンに弱い人には効果が大きいだろうけど、万人にメリットがあるのかどうかは明確ではないです。

この点は研究データもばらついていて、特定のアレルギーがなければ小麦を食べても問題ない!という論文があったり(ソース)、「やっぱ普通の人でもグルテンは良くない!」みたいな話も出てきたりとか(ソース)しています。

2014年に、「グルテンで体調を崩す人って、実はグルテンじゃなくて特定の食物繊維に弱いだけは?」という説(ソース)も出たりして、まとまりがつかない状態ですね。

とにかく、

  • 科学的には、「グルテンフリーが普通の人も有効かどうか?」は誰にも断言できない
  • つまり、「グルテンが老化の原因」という説はちょっと胡散臭い
  • いっぽうで、「グルテンフリーは無意味」とも言い切れない

という感じです。

グルテン過敏症はリーキーガットが原因では?

そこで2016年に「リーキーガットがグルテンフリー問題の真相では?」という論文(ソース)が出ています。

これはコロンビア大学の実験で、グルテンで悪影響が出やすい人と出にくい人の違いはなにか?という疑問を調べたものです。160人の参加者を対象にして、その内訳は、

  • 80人=健康体なのにグルテンに弱い人
  • 40人=セリアック病にかかっている人
  • 40人=グルテンをとっても不調が出ない健康な人

となっています。それぞれにグルテンをとってもらい、みんなの炎症反応をチェックしました。

そこで起きた現象は、

グルテンに弱い人たちがグルテンをとると

    • 腸内のダメージを示す数値があがった
    • 体内の毒素の量が一気に増えた
    • 悪いバクテリアへの抗体も増えた
    • 全身の慢性炎症のレベルがあがった

グルテンと体内の毒素の量が連動しています。

ここから推測できるのは、実は「グルテン過敏症ってリーキーガットが引き起こす症状のひとつではないのか?」ということです。リーキーガットは腸に細かな穴が開いてしまう状態です。

万病の元リーキーガットって何?

実際、この実験では、グルテンに弱い人にグルテンフリーを続けてもらったら、半年でリーキーガットと炎症が同じように改善していったということです。

つまりは、

  • リーキーガットさえなければ、うどんやパンを食べても何の悪影響も出なさそう
  • いったんリーキーガットが起きると、グルテンで腸ダメージがさらに悪化する可能性が大きい

という感じです。

そう考えると、腸が健康な人がグルテンフリーを試す意味はあまりなさそうです。

たとえば「地中海式ダイエット」(野菜をたくさん食べて加工食品や精製穀物を避ける、全粒粉はOK)は、日常的に大量のグルテンをとるにも関わらず、健康にはすばらしく良いわけですから。

普段から腸に優しい暮らしをしていれば、全粒粉にふくまれる食物繊維のメリットのほうが大きいということなのでしょう。

以上のことから、「自分の腸に自信がなければグルテンフリーをやろう!」というのが結論です。

コロナウィルスに抵抗できる免疫力を付けよう!

コロナウイルスの影響でマスクしたり、手洗い、うがいなど普段より熱心にしている方も多いと思います。

この季節はインフルエンザも流行っていることが多いので、体の中から免疫力をつけることも重要です。

ポリフェノールで炎症が減る!

感染症に関するデータがメインの論文で、やはり「免疫力アップに効くのはポリフェノール」(ソース)ということが確認されています。

もともとポリフェノールに炎症を抑える作用があるのは分かっていたのですが、具体的に「どれぐらい効くのか?」と「何を食べればいいのか?」というのは不明瞭だったのでこの論文で明確になったと思います。

老化の大きな原因は炎症なので、アンチエイジング的にも気になるところです。

これはオークランド大学の調査で、質の高い14件のデータを精査したメタ分析になっています。

つまり、科学的な信頼性はかなり高いと言えます。

データは上気道感染への影響をチェックしていて、簡単に言うと「ポリフェノールで風邪の症状は減るのか?」ということに注目したわけです。結論は、

ポリフェノールで風邪の症状は33%減る! 続きを読む