平均的アメリカ人が行う投資の種類は?

引退後の為にいくら貯めているかはともかく、普通のアメリカ人はどんな投資をしているでしょうか? 私ことも例にあげて説明します。

投資は概ね以下の種類に分けられます。

1.持ち家

2.401K

3.IRA

4.Roth IRA

5.ペンション

6.株

7.債権

1.持ち家

このNYやNJ界隈では家、コンドの値段が上がりすぎて買うのは大変ですが、比較的若いうちから不動産に投資するのは結構普通です。

私も働き始めて4年後に今住んでいるコンド買いました。長く持ったままなので値段は2倍以上にはなっています。バブリーなころは3倍ぐらいで売買されていました。

まずアメリカは不動産の売買が盛んなので買っても売りやすいこと、
ローンを組んで買うと節税になること(今は税法が変わってそうでもないです)。

家をある一定期間保有しているとよほどバブリーな時に買った家でない限り値段は上昇します。借金してでも買うメリットはアメリカでは比較的多いということですね。

2.401K

会社が提供している引退後のための確定拠出型の個人年金です。給料の何%まで最大限積立て出来て、会社がそれに対してマッチングしてくれます。例えば月600ドル積み立ててそのうち会社が300ドルプラスしてくれるという仕組みです。

何に投資するかは会社が契約している投資会社の提供するミューチュアルファンドがほとんどです。ミューチュアルファンドは投資信託と日本では呼ばれ、
複数の株や債券などの銘柄を1つにパッケージ化された金融商品です。

ファンドマネジャーの裁量にってどの銘柄を組み入れるか決定され、市場の平均 を上回ることを目指して積極的に運用されるアクティブ ファンドとある特定の指数(インデックス)に連動するように運用される インデックス ファンド の2種類があります。

ミューチュアルファンドには種類が多くて安定した会社の株から小さな会社の株、テクノロジー専門の株や、不動産関係の株、社債、公債、海外の株、海外の債券、とにかく幅広いので会社の提供するものから選ぶだけで一苦労です。

私はFidelityにGrowth and Incomeファンドというのをもっているのですが、成長する会社で配当とかの収入のある株に投資するファンドです。

働いている会社に少なくとも5年くらいいるのであれば401Kはとても効率のいい投資です。やはり会社がマッチングしてくれるというのは大きいですから。ただ最低5年はいないとマッチングした分貰えないはずです。

それに月々積立ていくので給料から差し引かれるので勝手にたまっていくので個人で色々やるのが面倒な人には最適です。

3.IRA

Individual Retirement Account(個人引退用アカウント)は給与の税金前から一定金額までアカウントに投資できます。税金前に投資できるのでその分税金が減るというメリットがあります。でも引退後に引き出す際には税金を払う必要があります。

これは個人で開くのでどこの会社の何にするかは全く自由に選べます。私はお気に入りのVanguardとFidelityにアカウントを持っています。

Vanguardは手数料が安く買ったり売ったりするのにお金がかからないので大好きなファンド会社です。ここのPrimecapというテクノロジー関係に投資しているファンドとRetirementファンドを持っています。

4.Roth IRA

Roth IRAは3のIRAとほぼ同じですが、これは税金を引いた後の給料から投資します。3は税金前です。ですので引き出す時期が来た時は課税されません。今課税されるのがいいかあとでされるのがいいかの違いです。どちらがいいかは税率と引退用のアカウントの金額次第でしょう。

5.ペンション プラン

これは会社が引退用に積み立ててくれるお金です。日本でいう退職金に似ていると思います。大きな違いは投資に関しては会社行うので(自社株とか)個人ではコントロールはできないですが、引退後貰える月々の金額は保証されています。最近の傾向としてはペンションプランは減りつつありますし、貰える金額も保証されていないこともあるようです。

6.株

株に投資している人は案外多いと思います。オフィスでもたまに株の話などしたりすることもあります。エンジニアはやはりテクノロジー系の株に投資していることが多いですね。

私もかつて、Microsoft, Intel や MicroStrategy等に投資してました。今は一切やってないです。株の売買を短期(1年以内)で行うと税率が高いので給料が高くすでに高い税率を払っている人はなるべく長期で行った方が税金を考えたら得策かもしれません。

7.債権

社債、国債(Treasury bond)、あとMunincipal bondという公債もあります。公債などに投資すると利率は高くないですが、税金は払わなくていいので(州税や国税などが免除)、社債に投資して税金を払っても高い利率で得策かどうか考える必要があります。

私個人は単体で債権は買ったことはないです。ミューチュアルファンドには債権専門のがあってしかも海外のも投資できるので、ミューチュアルファンドが便利かなと思います。

まとめると、アメリカ人にとって投資は持ち家や401k、IRAなど考えるとごく普通で当たり前の感覚だと思います。上記以外にも不動産に投資して家主になっている人もいたりします。つまり投資は特別なことではないってことですね。