自然が多い場所で暮らすと、病死が減少する!

自然の中を歩くと幸福になる(ソース)とか自然の写真を見るだけでもストレスが減る(ソース)というデータもありますが、あります2016年に「自然のなかで暮らすと長生きに!がんの死亡率も下がる!」という論文(ソース)が出ていて、興味深いです。

これはハーバードのブリガム病院による研究で、2000年から2008年のあいだに10万8630人の女性を調べた健康データを使ったものです。

全員の住居を「周囲に自然が多いかどうか」で分類して、病気の発症率とくらべました。

その結果、自然が多いエリアに住んでいる人たちは、都市部に住んでいる人にくらべて、

  • 呼吸器系の病気で死ぬ確率が34%減少!
  • がんで死ぬ確率が13%減少!

といった差が出ました。がんの死亡率まで下がるとは、自然の中で暮らす重要さが分かりますね。

研究者によれば、

” 自然と触れ合える環境と死亡率の低下には明確な相関がある。ここまではっきりした関連性が出てくるとは思わなかった。”

ということで、予想を超える効果だったみたいです。

こういった現象が起きる理由としては、

  • 都会よりもコミュニティの関係性が良いことが多い
  • 周囲に自然が多いと日常の活動量も多くなる
  • 大気汚染のレベルが低い

といった原因があるわけですが、なによりも影響が大きいのがメンタルヘルスの改善効果です。

” さらに驚いたのは、自然の多い環境で健康が改善する理由は、メンタルヘルスの改善によるところが非常に大きかったことだ。”

今回の研究結果によれば、自然がもたらすメリットの30%はメンタルの改善が原因だったそうです。

メンタルが改善され自然と病気になる確率も減ったということですね。

自然の効果ってすごいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *