抗酸化力最強と言われてるアスタキサンチンの効果とは?

アスタキサンチンはベータカロチンなどと同じカロテノイドの一種で、サーモンとかえびの赤色を形作る色素です。

かなり抗酸化作用が高いことで知られていて、そのパワーはビタミンCの数千倍と言われてます。それで、アンチエイジングに効くのではないかと考えられています。

実際はどんな効果があるのか見ていきます。

抗酸化パワー

アスタキサンチンの抗酸化パワーを調べたデータの代表的なものは、

  • 過体重の成人が1日20㎎のアスタキサンチンを毎日12週間ほど続けたところ、脂質の酸化が減り、血液中の総抗酸化能が上がった。同時にLDLコレステロールの低下も見られた(ソース)
  • 健康なサッカー選手にアスタキサンチン4㎎を1日4回、90日間投与したところ、ベースラインの酸化パラメータと運動による酸化には影響を与えなかったが、クレアチンキナーゼとALT(筋肉ダメージのバイオマーカー)はプラセボと比較して減少した。(ソース)
  • 過体重または肥満の人にアスタキサンチン5㎎または20㎎を3週間飲んでもらったら、脂質の酸化が減少し、血中の総抗酸化能がベースラインと比較して121~125%向上した(ソース)

などがあります。

こうして見ると、肥満の人みたいに体内の酸化が進んでいる人には1日4〜20mgで効果が出るようです。ですが、普通体重の人への効果はよくわからないかもしれません。

中性脂肪とかへの影響

アスタキサンチンは中性脂肪にもいいかも?と言われるのですが、

  • 30人の男女にアスタキサンチン6㎎〜12㎎を摂取した試験では、特に中性脂肪への影響は認められなかった(ソース)
  • 20㎎のアスタキサンチンを毎日過体重の成人に投与したところ、12週間ではプラセボと比較して中性脂肪を低下させることはできなかった(ソース)

などの報告が出ています。

血中脂質に異常がある人には意味があるかもしれませんが、中性脂肪へは効果なさそうです。

美肌への影響

Beautiful senior woman checking her face skin and looking for blemishes. Portrait of mature woman massaging her face while checking wrinkled eyes in the mirror. Wrinkled lady with grey hair checking wrinkles around eyes, aging process. (Beautiful seni

アスタキサンチンは美肌にも良いと言われるのですが、

  • 65人の参加者にアスタキサンチンを毎日0㎎、6㎎、12㎎ずつ摂取してもらったところ、16週間後にはアスタキサンチン群はプラセボより肌の弾力がほんの少し改善したが、シワの量には差はなかった(ソース)

  • アスタキサンチン5%のクリームを健康な女性に1回1mLを1日2回ずつ、8週間にわたって使ってもらったところ、「カラスの足跡」が減少した(ソース)
  • また、健康な男性に3mgのアスタキサンチンを経口摂取してもらったら、8週間でしわの総面積と体積の減少が見られ、乾燥肌の人にのみ水分量の改善も見られた(ソース)

ということで、ほんの少し美肌に効くと言っていい感じですね。

まとめると、アンチエイジングに役立つ見込みはありそうですが、わざわざサプリとしてアスタキサンチンを摂取する意味はそうなさそうです(太り気味の人にはいいかもしれません)。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *