お酒を飲むと腸内環境が悪化する!

腸内細菌とアルコールの関係について調べた研究(2008年,ソース) によると、どうもアルコールは腸内細菌にダメージをあたえてしまうようです。

ざっくりとした流れは、

  1. アルコールで腸内に悪い細菌が増える
  2. その結果、腸に細かな穴が空く
  3. 穴から毒素が体内に入り込む
  4. 全身に炎症が起きる

という感じです。炎症はあらゆる不調のもととなるので、なかなか酒とのつきあい方は難しいと感じです。

研究チームによれば、

” アルコールには、毒性の強いバクテリアを腸内で増やす働きがあり、その結果、毒素が体内にたまっていく。

さらに、バクテリアと腸内細胞によってアルコールが代謝されると、アセトアルデヒド(二日酔いの原因)の増加を引き起こす。

これは、腸の細胞にすき間を作り、リーキーガットを悪化させてしまいます。

また、アルコールが作る一酸化窒素もリーキーガットを引き起こし、毒素が細胞にダメージをあたえた結果、腸のバリア機能をおかしくしてしまい、その結果、体内に入り込んだ毒素は腸から肝臓へ向かい、さまざまな臓器に炎症を起こすことになる。”

酒で腸内環境がおかしくなるという研究は多くあり、たとえば、

2004年の実験(ソース)では、25人の男女に酒を飲んでもらったところ、ほんの4時間後にはリーキーガットが悪化し、体内の毒素レベルがかなりアップした

という結果が出ています。

意外とアルコールの害はすぐに出てしまうようです。

どのレベルを超したら「飲み過ぎ」になるのかははっきりとは言いにくいのですが、目安としては、だいたい2時間の間に男性ならグラス5杯、女性ならグラス4杯分の酒を飲むと腸内細菌たちにダメージが出てくる感じです。

ちなみに、人類がエタノールを代謝できるようになったのは1千万年前ぐらいで、(ソース)人類の歴史から見れば、やや時間の浅い進化だとは言えるかもしれません。

お酒の分解能力は、自然に発酵した果物を飲むために発達した機能なので、少なくとも現代の精製されたアルコールに対しては、まだまだ人間の体が適応していない可能性は高そうです。

もちろん、一方ではお酒が体にいいという研究も多くあるので(ソース)、 結局は「飲み過ぎるたら害になる」という普通の結論になってしまいそうです。

アレルギーがある方や、つねにお腹の具合が悪いような方には、禁酒はしたほうがいいかもしれません。

お酒はたった一杯でも寿命を縮めるかも!

酒は体にいいのか悪いのかは難しい問題で、「1日2杯ぐらいなら心臓病のリスクを下げてくれる」という話は聞いたことがあると思います。

でも最近ではどちらかというと反対の意見が強くなってきて、例えば、2016年のメタ分析(ソース)「酒の健康効果は実際はなくて、あったとしても超少ない」という結論が出ています。

お酒は一杯だけでも寿命に影響がでる

そして2016年に新たに出たメタ分析(ソース)では、「酒は1杯でも寿命を縮める!」という結論になってて、驚きです。

これはワシントン大学の研究で、1990年から2016年のあいだに行われた694のデータを分析したものです。

世界195の地域から集めたサンプルを使っていて、心疾患のリスクや、酒と癌の発症率や事故死の可能性まで含む内容です。酒の健康調査というと、だいたい心疾患との関係だけをチェックしたものが多いので、質量ともにとても良い内容になっています。

結論ですが、

” 酒による健康への悪影響を最小化するためには、1週間の酒量をゼロユニットにしなければならない。”

だったのです。

つまり、週に1杯の酒を飲むだけでも、なんらかの悪影響が出る可能性があるということです。

酒の1ユニットはアルコール10g分で、具体的には、週にビール1缶、グラスワイン1杯、ウイスキーのワンショットぐらいなので、まさにほんの一杯でも悪影響が出るということです。怖いですね。

酒の健康効果はデメリットをカバーできない

その他の研究結果としては、

50歳以上になると、酒は癌リスクの大きな原因になる。あとは事故、自傷、肺結核などとも関連がある

全年齢において、酒によるダメージは、おもに心疾患か癌の形で現れる

「1日2杯の酒」で心疾患と糖尿病リスクの低下も見られたが、その他の健康リスクをカバーできるほどのインパクトはない

ということになっています。

確かにアルコールが健康に良い側面もなくはないんだけど、あまりにも影響が小さすぎて意味がないということです。ちょっと悲しいですね。

では、酒を止めるとどうなるかと言いますと、

酒を長期にわたって止めると、40歳までに寿命が1〜2年増える

みたいな感じです。結構長くなる感じがします。

研究者によれば、

” この研究から得られる教訓は、「健康に良い」と思って酒を飲んではいけないということである。そして、酒を飲むことを選んだら、今後の寿命と幸福のためにアルコール量を最低限に減らすようにすべきだ。”

ということです。

結局お酒は思ったより健康に良くないし、どちらかといえばデメリットが多いという結論になってしまいましたね。

酒飲みのための肝臓に効くサプリ5選

お酒でダメージを受けた肝臓に効くサプリを選んでみました。前に書いたように二日酔い解消にはなりませんが、ダメージを和らげる目的のサプリです。

コリン

コリンは肝臓の活性メチオニンのレベルを助ける働きがあります。活性メチオニンのレベルが下がると脂肪肝になってしまうのですが、コリンはそれを予防してくれる効果があります。(ソース

ちなみに、活性メチオニン自体も「SAMe」ってサプリとして売られてますが、成分あたりの価格が高いので、コリンのようなサポート成分を使ったほうがお得です。用法としては、1日に250〜500mgを飲めば大丈夫です。卵の黄身を1日4個食べることとほぼ同じです。 続きを読む

年を取るとお酒に弱くなる5つの理由は?

皆さんも経験していると思いますが、年齢が増えるとともに、飲酒量が減ってきてませんか?あるいは前だったら二日酔いにならなかった量で二日酔いになりやすくなるとか。

私もそうです。二日酔いはほとんどないですが、頭痛の原因になりやすくなっている気がします。

年を取るとお酒に弱くなる5つの理由

アメリカ国立衛生研究所(NIH)によると年を取るとお酒に弱くなる理由は、大きく5つに分けられます。(NIH) (参考ソース

これはほぼすべての人に起きる現象で、だいたい30代の前半から酒に弱くなり始めていくということです。 続きを読む