お酒はたった一杯でも寿命を縮めるかも!

酒は体にいいのか悪いのかは難しい問題で、「1日2杯ぐらいなら心臓病のリスクを下げてくれる」という話は聞いたことがあると思います。

でも最近ではどちらかというと反対の意見が強くなってきて、例えば、2016年のメタ分析(ソース)「酒の健康効果は実際はなくて、あったとしても超少ない」という結論が出ています。

お酒は一杯だけでも寿命に影響がでる

そして2016年に新たに出たメタ分析(ソース)では、「酒は1杯でも寿命を縮める!」という結論になってて、驚きです。

これはワシントン大学の研究で、1990年から2016年のあいだに行われた694のデータを分析したものです。

世界195の地域から集めたサンプルを使っていて、心疾患のリスクや、酒と癌の発症率や事故死の可能性まで含む内容です。酒の健康調査というと、だいたい心疾患との関係だけをチェックしたものが多いので、質量ともにとても良い内容になっています。

結論ですが、

” 酒による健康への悪影響を最小化するためには、1週間の酒量をゼロユニットにしなければならない。”

だったのです。

つまり、週に1杯の酒を飲むだけでも、なんらかの悪影響が出る可能性があるということです。

酒の1ユニットはアルコール10g分で、具体的には、週にビール1缶、グラスワイン1杯、ウイスキーのワンショットぐらいなので、まさにほんの一杯でも悪影響が出るということです。怖いですね。

酒の健康効果はデメリットをカバーできない

その他の研究結果としては、

50歳以上になると、酒は癌リスクの大きな原因になる。あとは事故、自傷、肺結核などとも関連がある

全年齢において、酒によるダメージは、おもに心疾患か癌の形で現れる

「1日2杯の酒」で心疾患と糖尿病リスクの低下も見られたが、その他の健康リスクをカバーできるほどのインパクトはない

ということになっています。

確かにアルコールが健康に良い側面もなくはないんだけど、あまりにも影響が小さすぎて意味がないということです。ちょっと悲しいですね。

では、酒を止めるとどうなるかと言いますと、

酒を長期にわたって止めると、40歳までに寿命が1〜2年増える

みたいな感じです。結構長くなる感じがします。

研究者によれば、

” この研究から得られる教訓は、「健康に良い」と思って酒を飲んではいけないということである。そして、酒を飲むことを選んだら、今後の寿命と幸福のためにアルコール量を最低限に減らすようにすべきだ。”

ということです。

結局お酒は思ったより健康に良くないし、どちらかといえばデメリットが多いという結論になってしまいましたね。

酒飲みのための肝臓に効くサプリ5選

お酒でダメージを受けた肝臓に効くサプリを選んでみました。前に書いたように二日酔い解消にはなりませんが、ダメージを和らげる目的のサプリです。

コリン

コリンは肝臓の活性メチオニンのレベルを助ける働きがあります。活性メチオニンのレベルが下がると脂肪肝になってしまうのですが、コリンはそれを予防してくれる効果があります。(ソース

ちなみに、活性メチオニン自体も「SAMe」ってサプリとして売られてますが、成分あたりの価格が高いので、コリンのようなサポート成分を使ったほうがお得です。用法としては、1日に250〜500mgを飲めば大丈夫です。卵の黄身を1日4個食べることとほぼ同じです。 続きを読む

年を取るとお酒に弱くなる5つの理由は?

皆さんも経験していると思いますが、年齢が増えるとともに、飲酒量が減ってきてませんか?あるいは前だったら二日酔いにならなかった量で二日酔いになりやすくなるとか。

私もそうです。二日酔いはほとんどないですが、頭痛の原因になりやすくなっている気がします。

年を取るとお酒に弱くなる5つの理由

アメリカ国立衛生研究所(NIH)によると年を取るとお酒に弱くなる理由は、大きく5つに分けられます。(NIH) (参考ソース

これはほぼすべての人に起きる現象で、だいたい30代の前半から酒に弱くなり始めていくということです。 続きを読む

二日酔いの科学的対策はあるの?

二日酔いの原因は何?

二日酔いが起こる原因は、大きく2つあると言われてます。

1つ目はアセトアルデヒドです。アルコールは、体内に入ると肝臓で分解され、アセトアルデヒドという成分に変化します。

アルコールを摂取しすぎると、アセトアルデヒドが全身にまわって神経細胞に影響を与え、二日酔い特有の頭痛や全身のだるさを引き起こしていると考えられます。

2つ目は、逆流性食道炎です。ふだん、胃と食道は逆流を防ぐために細く締まっていますが、お酒を飲むとアルコールの作用で緩んでしまいます。

そうなると胃液が食道に流れてしまい、吐き気・胸焼け・胃のムカムカといった二日酔いの症状を発症します。

しかし、他にも原因があると言われていますが、詳細はまだ解明されてません。

二日酔いに効くサプリなどがありますが、科学的に効果はあるのでしょうか?

ヘパリーゼやウコンなど色々ありますが、二日酔いに効くという科学的根拠はありません。

効果的な二日酔いの対策はあるの?

お酒を飲む時に水を交互に飲むといいとか、お酒を飲む順番によって二日酔いになりやすいとか、言われてますが、残念ながら二日酔いにこれは効く!という対策はないのです。

水を飲むことはその分お腹が一杯になって飲酒量が減るので飲みすぎを防ぐという意味はあります。

2015年にユトレヒト大学で二日酔いに関する実験を行いました。790人ほどの学生を対象に1つはお酒と水を交互に飲むグループ、もう一つはお酒だけを飲むグループに分けてアルコール摂取量と二日酔いの程度を調査しました。

その結果、

水を飲んでも二日酔いの程度に差はなく、二日酔いしない人は摂取量が少なかった。

血中アルコール濃度が0.2%を超えるまで飲むと全員二日酔いになった。

でした。

お酒と水を交互に飲むと統計的にお酒を飲んでいる間の気分は良くなるということがわかりましたが、二日酔いの対策にはならなかったのです。

二日酔いには、水分不足やアルコール摂取量の問題だけではなく、免疫の問題もあります
残念ながら二日酔いの原因自体がはっきりと分かってないため、効果的な対策はないとしか言えないです。

水と交互に飲んだりしてアルコールの摂取量を減らすしかないということですね。

お酒をちゃんぽんにすると酔いやすくなるの?

ケンブリッジ大学の研究で90人の男女を対象に行った実験で、

1400mlのビールを飲んだ後に、グラス4杯のワインを飲んだグループ

グラス4杯のワインを飲んだ後に、1400mlのビールを飲んだグループ

ビールかワインのどちらかを飲んだグループ

のグループに分けて、お酒を飲む順番と種類を変えて差はあるのかどうかを調査しました。

その結果、主観的な二日酔いの辛さを採点してもらったところ、どのグループにも差は見られませんでした。

結局お酒の種類、順番など関係なくある一定のアルコール量を取ると二日酔いになると言うことです。

まとめると、二日酔い対策にはこれというものはないので、自分の限界を知って飲み過ぎないようにすること、

食事をちゃんととること、水分をとることぐらいしかないようです。