美肌に効く植物由来成分5つ

美肌に効く成分としては、いまのところビタミンAとビタミンCの研究例がずば抜けて多いですが、まともな実験データが増えてきたのが「植物系」です。

おもにオーガニック系のコスメでよく見かけるフレーズで、イソフラボンや植物性ヒアルロン酸とかが有名なところです。

その中から科学的根拠のあるものを5つ選んでみました。

ティーツリーオイル

アロマオイルとして有名なティーツリーオイルですが、実は美肌の効果も確認されています。2002年の論文によると(ソース) 、

  • アルファテルピネオールによる活性酸素とバクテリアの除去
  • テルピネン-4-オールによる炎症性分の抑制(インターロイキン10とか)
  • シネオールによる抗菌効果

というメカニズムが判明しています。

なかでも信頼できそうなのが2004年のデータ(ソース)で、123人を対象に5%のティーツリーオイルを使ってもらったところ、何もしなかった参加者より5.75倍もニキビが治ったということです。

ほかにもティーツリーオイルシャンプーでふけが減った(ソース)という実験データもあって、抗菌と抗炎症の効果が認められています。

グリーンコーヒー豆

グリーンコーヒー豆は、コーヒーの生豆のことで、光老化やシワに効く可能性が指摘されております(ソース)。

有名なのは2010年の試験(ソース)で、40人の女性に2週間ほどグリーンコーヒーを使ってもらったところ、

  • シワ
  • 肌の硬さ
  • 色素沈着
  • 肌荒れ
  • 光老化

などが有意に改善したそうです。

ピクノジェノール

ピクノジェノールは松の樹皮からエキスを抽出したもので、紀元前400年前にはソクラテスが「最強の薬」と呼んだ、由緒正しい成分です。

2010年のレビュー論文 (ソース)によると、

  • 抗アレルギー効果(ヒスタミンの反応をやわらげる)(ソース)
  • 抗炎症作用(炎症性の物質をおさえる)
  • 抗酸化作用(グルタチオンの劣化をおさえる)

などがメインの効能です。

なかでも良い感じなのが光老化を防ぐ効果で、2001年の実験(ソース)でもピクノジェノールで紫外線の肌ダメージが格段に減ったことが確認されています。

ザクロ

ザクロはフルーツとして食べる方が多いと思いますが、お肌にもよいことが確認されています。

2008年のレビュー論文(ソース)によると、抗菌と光老化対策への効果が高い感じです。

ほかにも体内の抗酸化物質(グルタチオン)の量を上げてくれたり、全身のむくみを取る作用もあるようです。

ある実験では、ザクロの抽出液を経口で摂取してもらったところ、紫外線による肌荒れと色素沈着が減ったということもわかっています。まだ研究データが少ないのが難点ですが、可能性はありそうです。

グレープシードエクストラクト

グレープシードは、ブドウの種子からエキスを抽出したもので、ビタミンE、リノール酸、レスベラトロールといった成分が豊富にふくまれています。

赤ワインのレスベラトロールはアンチエイジング?

2008年のレビュー論文(ソース)によると、

  • 活性酸素の除去
  • 抗炎症作用(TNFアルファの抑制)
  • 皮膚細胞の修復(ケラチノサイトを刺激する)

という効果が期待されています。

まだ人間を対象にした実験がないのが難点ですが、2007年の生体外実験(2)では、ビタミンCやEよりも肌の老化を防ぐ効果がみられたとのことです。

以上が、 美肌に効く植物系の成分でした。ティーツリーオイルとグリーンコーヒー豆は試してみたい感じですね。

ピクノジェノールはアレルギー肌の人にはいいかもしれません。

「本当に美肌に効く」食事とサプリメントとは?

昨日に引き続いて、美肌に関する話です。基本サプリはサプリでしかないということで、何を食べたら綺麗な肌になるのでしょうか?

ネットには美容に効く食事やサプリの情報があふれてますが、本当にどれが大事なのかはわかりにくいですね。

が、2014年に美肌に効く食事とサプリついて大きな結論を出した論文(ソース)が出ていて、美肌と食事に関するまとまった研究ってほとんど無かったので、参考になると思います。

野菜と果物は神。特にビタミンCは最重要

これはニューカッスル大学の研究で、過去に行われた27件のデータをまとめた系統的レビューになっています。参加者は4741人で、科学的に信頼できる内容になってるかと思います。

まず、食事と美肌に関する結論は、

  • 野菜とフルーツの摂取量が増えるほど顔のシワは減る。すべてのポリフェノールとビタミンは肌に有効。
  • なかでもビタミンCをふくむフルーツとオリーブオイルはシワ取りの効き目が高い。
  • 特にビタミンCはシワのほかにも肌の乾燥や退化を防ぐ効果が高い。できればサプリではなく食事から摂ったほうがよい。

といった感じです。

野菜とフルーツが良いのは想像がつきますが、あらためてビタミンCの重要性を痛感しました。

先日ビタミンCの運動の酸化ダメ―ジには効果は少ないという記事を書いたのですが、肌にはやはりビタミンCなのですね。

ビタミンCは変化しやすい成分なので、サプリよりも食事から摂るのがベストです。

本当に美肌に効くサプリはどれ?

続いて美肌に効くサプリについては、

美肌の効果が確認されたもの

高麗紅蔘

スクワレン

イチョウ葉(Ginkgo Biloba)

ナギイカダ(Butcher’s Broom)

美肌効果が証明されてないもの

    • 緑茶成分をふくむ化粧品。サプリも同様
    • カカオフラボノイド系
    • 乳酸菌系のプロバイオティクス

といった感じです。

さらに1日に4410μg以上のベータカロチンを飲むと肌が黄ばむので注意が必要です。

もっとも、サプリの効果は野菜やフルーツにくらべれば控えめなので、あくまで食事から抗酸化物質を摂るのが基本だと思います。

最低でも一食につき手のひら2つ分の量は野菜を食べたいものです。

以上のことから、やはりサプリに頼るより、ビタミンやポリフェノールを多く含むブルーベリーなどのフルーツや緑黄色野菜を多く摂る食事を心がけたいと思いました。

お肌の保湿には水はやっぱり欠かせないの?

モデルさんなどは「1日に4リットルは水を飲みます!」みたいな方もいるのですが、目的は「水を飲むと美肌になる」って考え方だと思います。

確かに美肌をたもつには水分は必要ですが、本当に水を飲めば飲むほどいいのでしょうか?

お肌の保湿に関する過去の論文を調査しました」というレビュー論文(ソース)があって参考になると思います。

これはベルリン大学の研究チームによるもので、「水をいっぱい飲んだらお肌の水分は増えるか?」という問題を23件の論文をもとにまとめた論文です。ただし、この23件を精査したところバイアスが強すぎて使えず、最終的に残ったデータは6つだけだったということです。こんな基本的なテーマでも、意外と研究例って少ない感じです。

被験者の年齢は24〜56歳のあいだで、これぐらいの年齢の方には参考になるデータです。

結論から言うと、

ほんの少しの差ではあるものの、1日に1〜2リットルの水を飲むと、確かに有意に上皮角質層 の水分量は上がる 続きを読む

美肌の良いお茶とは?

お茶が肌だけでなく体にいいという研究は多くあります。
お茶が体にいいということは皆に良く知られていますよね。
でもお茶の中でも美肌効果が高いと言えるものはあるのでしょうか?

美肌に必要なことは?

まず十分な水分補給です。朝起きて水分を取る、日中も十分にとることが大切です。喉が渇くのを感じる前に水を飲むようにして体内の水分が足りていることです。

質の良い睡眠が得られていることも重要です。

さらに、ストレスが少ないこと、これも質の良い睡眠が得られる条件です。

抗酸化作用の強い食品、ブロッコリーやブルーベリーなどを意識して採っていることなどです。

これに加えてお茶を飲むことでさらに美肌効果が得られると思います。 続きを読む