お肌の保湿には水はやっぱり欠かせないの?

モデルさんなどは「1日に4リットルは水を飲みます!」みたいな方もいるのですが、目的は「水を飲むと美肌になる」って考え方だと思います。

確かに美肌をたもつには水分は必要ですが、本当に水を飲めば飲むほどいいのでしょうか?

お肌の保湿に関する過去の論文を調査しました」というレビュー論文(ソース)があって参考になると思います。

これはベルリン大学の研究チームによるもので、「水をいっぱい飲んだらお肌の水分は増えるか?」という問題を23件の論文をもとにまとめた論文です。ただし、この23件を精査したところバイアスが強すぎて使えず、最終的に残ったデータは6つだけだったということです。こんな基本的なテーマでも、意外と研究例って少ない感じです。

被験者の年齢は24〜56歳のあいだで、これぐらいの年齢の方には参考になるデータです。

結論から言うと、

ほんの少しの差ではあるものの、1日に1〜2リットルの水を飲むと、確かに有意に上皮角質層 の水分量は上がる

ということです。とりあえず表皮の水分量はアップするようです。

ただし、その他のポイントについては、

肌の滑らかさや弾力性については、ほとんどの実験でなんの変化もなかった(一部の実験では「ミネラルウォーターで肌がなめらかに!」って報告もあることはあります)

100mlの水を飲むと肌のペーハーレベルは下がる。さらに2リットル以上を飲むと、もっとペーハーが下がる

そもそも、人間の肌の水分量は細胞内の脂質や角質細胞層の構造によるところも大きいので、果たして水を飲んだおかげで上皮角質層 の水分量が上がったかは判断しにくい

みたいな感じになってます。

つまりは、水を飲んで表皮の水分が増える可能性はあるのだけど、科学的な証拠としてはかなり弱いぐらいのレベルです。

ただ、全体的なデータによれば、

1日に1〜2リットルの水を飲んでも別に美肌にはなれない

という結論に落ち着きそうな感じです。というのも「効果がある」と報告してるデータを見ても、あまりにも差が小さすぎるんで、ほとんど意味があるとは思えないレベルになっています。

では一日どれくらいの水で十分なのでしょうか?

オタゴ大学から出た論文(ソース)が暫定的な結論を出しています。

一般的に、エクササイズの世界には「喉が渇く前に水を飲め!」という意見と、「喉が渇いてから飲めば十分だ!」という意見の2つがあって、この論文は、それぞれの効果について過去の論文を調べ直したものです。

168の文献を集めまして、あらためてデータを洗いなおしたところ、以下のような結論が出ました。

ほとんどの条件下では、環境の違いに関係なく「喉が渇いてから水を飲めば十分」 だと思われる。ただし、特殊な条件下では喉が渇く前に水を飲む必要がある。

そういうことで、異常に熱い日とか高度で運動をしてるような場合は別として、一般人は、体のサインに従って水を飲んでいれば、なんの問題もないようです。
研究者によれば、「平均的な人にとって、『水を飲む量』に関する特別なアドバイスに従う科学的な根拠はない」とのことです。

別に美肌を目指して必要以上の水を飲む理由はありませんということですね。飲みたくないのに4リットルも飲むことは必要じゃないということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *