ダイエット中のお酒による影響はあるのか?

お酒はたった一杯でも寿命を縮めるという記事を書いたように悪い影響がありますが、ダイエット中のお酒の影響はどうなのでしょうか。

お酒はたった一杯でも寿命を縮めるかも!

2020年に「ダイエット中の酒は良いのか悪いのか」というポイントを調べたデータ(ソース)が出ています。

これは12人の女性を対象にした研究で、みんなに体重をキープするための維持カロリーから30%を減らした制限食を8週間ほど続けるように指示しました。

続きを読む

食後の運動って体にいいの悪いの?

食べたあとに運動するのはどうなのでしょうか?

食べた後にHIITやランニングをするのは無理だと思いますが、ウォーキングぐらいなら逆に体に良いのではと思います。

ということで、食後の運動はNGだとしても、軽い運動はどうなのか?って問題です。

全体的なところを見てみると、「軽い運動なら食後のメリットもあるかもだけど、デメリットもあるから注意して」という感じでしょうか。

結論をまとめると、以下のようになります。

食後の運動の良い点

まずは、あり得るメリットを簡単にまとめると、

血糖値の改善に役立つ

  • オタゴ大学など2016年の試験(ソース)では、2型糖尿病の成人41人に「食後に10分歩いてください」と指示したところ、30分間のウォーキングよりも血糖のコントロールがうまくいった
  • 352人のデータをまとめた系統的レビュー(ソース)では、時間帯に関係なく食後に行う運動は血糖値のコントロールに有益だと結論づけている

胃腸(GI)の保護効果

  • いくつかのレビュー(ソース1,ソース2)などでは、食後の低~中程度のエクササイズは胃腸の保護に役立ち、胸焼けや便秘、大腸がんなどの予防に役立つかもという結論になっている(ただし、食べてすぐとは言えない)

というデータがあって、特に血糖値への影響については良い報告が多いと思います。

ただ、ここでいう食後は、食べ終わった直後にという話ではなく、少なくとも30分は待ったほうが安全だと思います。

続きを読む

頭をすぐよくするにはどれくらいの運動をすればいいの?

運動で頭がよくなるという記事は以前書いていますが、

頭を良くする物質BDNFの量を増やすためにどんな運動が必要なの?

他にも色々なデータがあります(ソース1ソース2

運動を続けると長期的に頭が良くなるだけでなく、ランニングやサイクリングをした直後から脳のパフォーマンスが上がるという証拠は多くあります。

必ずしも実感できるレベルではないかもしれませんが、再現性はとても高いです。

ですが、未解決の問題も多くあって、

  • どのくらいの運動量でこの効果を引き出すことができるのか?
  • 逆に脳の機能が下がってしまう運動量はないのか?
  • 個人の体格は関係あるのか?
  • どのような種類の認知が改善するのか?

などのポイントはまだよくわかっていません。

特に「運動しすぎたら逆効果ではないのか?」問題はあまり検証が進んでないので、気になるところです。

シドニー大学などの2021年のテスト(ソース)では、上記の問題にある程度の答えを出そうとしてくれています。

この研究では、トレーニングを受けた21名のサイクリストまたはトライアスリート(男性11人、女性10人)を集めて、以下のトレーニングを2日に分けて行ってます。

  1. 中程度のサイクリングを15分間+約4分間の認知機能テスト
  2. 1に続けて中程度のサイクリングを30分間+約4分間の認知機能テスト
  3. 2に続けて疲労困憊するまでのサイクリングを平均11~12分間+約4分間の認知機能テスト

中程度のサイクリングはピークパワーの50〜55%でスタートし、15分後には最大心拍数の平均75%、45分後には80%になるように設定しました。

つまり、少しずつ運動の負荷と長さを上げていって、それぞれの認知レベルをみたわけです。かなりハードなテストです。

続きを読む

偏頭痛を和らげるには運動が良い!

よく頭痛の原因と言われてるのは、

1.フードアレルギー(ソース

2.寝不足(ソース

3.低気圧 (ソース

気圧の関係で頭痛がすることは本当にあるの?

4.栄養不足 (ソース

などがあり、なかなか明確な対策は難しいとされています。

そんな中、2021年に「片頭痛なら運動が良い!」と主張する論文(ソース)が出ています。

続きを読む