運動と食事どちらが頭よくなるの?

頭が良くなるには食事と運動が必須なのは間違いないと思います。

頭を良くする物質BDNFの量を増やすためにどんな運動が必要なの?

食事と運動は、体力をあげてくれるだけでなく、脳の働きも改善することがわかっています。

脳の機能を劣化させるホモシステインとは?

2018年に食事と運動をちゃんと組み合わせて実践したらどうなるのか?という問題を調べたデータ(ソース)が出ていて、面白いです。

続きを読む

「本当に美肌に効く」食事とサプリメントとは?

昨日に引き続いて、美肌に関する話です。基本サプリはサプリでしかないということで、何を食べたら綺麗な肌になるのでしょうか?

ネットには美容に効く食事やサプリの情報があふれてますが、本当にどれが大事なのかはわかりにくいですね。

が、2014年に美肌に効く食事とサプリついて大きな結論を出した論文(ソース)が出ていて、美肌と食事に関するまとまった研究ってほとんど無かったので、参考になると思います。

野菜と果物は神。特にビタミンCは最重要

これはニューカッスル大学の研究で、過去に行われた27件のデータをまとめた系統的レビューになっています。参加者は4741人で、科学的に信頼できる内容になってるかと思います。

まず、食事と美肌に関する結論は、

  • 野菜とフルーツの摂取量が増えるほど顔のシワは減る。すべてのポリフェノールとビタミンは肌に有効。
  • なかでもビタミンCをふくむフルーツとオリーブオイルはシワ取りの効き目が高い。
  • 特にビタミンCはシワのほかにも肌の乾燥や退化を防ぐ効果が高い。できればサプリではなく食事から摂ったほうがよい。

といった感じです。

続きを読む

脳を劣化させないために大事なのは一緒に何を食べるかが重要!

お菓子やファストフードが体に悪いのは周知のことで、そのためには野菜を増やそうとかナッツを食べようとか魚が大事だとか色々なことが言われるわけですが、新しい研究データ(ソース)は、

大事なのは「何を食べるか」よりも「一緒に何を食べるか」である

という結論になっていて、ちょっと観点が違います。

これはボルドー大学の実験で、

  1. 認知症の高齢者209人と健康な高齢者418人、平均年齢78歳を参加者として集める
  2. 全員の食事を5年間ほど追跡する
  3. 認知症が悪化した人としなかった人の違いをチェックする

みたいになってます。

参加者は1年ごとにアンケートに答えて、 どのような種類の食物をどのくらいの頻度で食べたかを記録しました。

実はここでは新しい試みをしてまして、研究チームはこうコメントしておられます。

” 食事の改善は認知症を予防する有効な方法である。

人の食事には複雑な相互関連性があり、そのつながりが脳に与える影響を理解するのは重要だろう。

これは「食品ネットワーク」と呼ばれる観点である。

続きを読む

12週間でメンタルを改善する食事法とは?

食事とメンタルが関係しているのは有名な話です。

アミノ酸は、やる気や幸福感のもとになるセロトニンノルアドレナリンの材料なので不足するとうつになりやすいし、普通に考えても、ジャンクフードばっか食べてるよりは野菜たっぷりなほうが精神は安定しそうなイメージです。

ほとんどのリサーチは観察結果が中心で、例えば「地中海式ダイエットをしている人はメンタルも健やかだ」とかとか推測してた感じです。

2017年に出た論文(ソース)では、「食事だけでメンタルは改善するの?」という問題をしっかり調べてくれています。

食事だけでメンタルはどれぐらい改善するのか?

実験の参加者は67人の男女で、うつ病の診断を受けた患者さんのみです。

みんなセラピーや抗うつ剤の治療を受けています。

実験期間は12週間で、全員を2つのグループにわけました。

  • メンタル改善用の食事
  • 特に食事は改善しない

運動や瞑想などの指示はあたえず、あくまで食事だけを変えたらどうなるかだけをチェックしたわけです。

続きを読む