食べても太らない方法はあるの?

痩せの大食いというくらい、どんなに食べても太らない人っていますよね。基本体質や遺伝子によるところは大きいのですが、食べても太らない人達がする行動パターンがあります。

九州大学が行った6年間にわたる観察研究で59717人の日本人で40歳以上の糖尿病の診断をされた人が対象です。(ソース)

被験者の食べるスピード、寝る何時間前までに夕食を食べ終えているのか、夕食後に間食をしているか、朝食の有無等を調べて、被験者のBMI,ウエストサイズなどを比較して肥満体系の人とそうでない人の間にどのような食に関する行動の違いがあるかを調査したものです。

太らない人達がとってる行動には3つあります。

1.  ゆっくり食べる。

常識的に分かってますが、食べるスピードが遅いということが太りにくいのですね。

肥満体型の人の内44.8%が早食い
肥満体型の人の内29.6%は普通のスピード
肥満体型の人の内21.5%が遅食い

早食いの人は肥満になりやすいですが、普通のスピードで食べている人は29%ほど肥満になりにくく、ゆっくり食べている人は42%も肥満になりにくいのです。

2.  寝る2時間前までに夕食を終える。

寝る2時間前までに夕食を終わらせる人達はそうでない人より10%肥満になりにくかったという結果です。

これも食べてすぐ寝ると太るということが証明された訳ですね。

2.  夕食の後に間食をしない。

夕食の後に間食をしない人はそうでない人に比べて15%も肥満になりにくいということがわかってます。

間食の内容にもよりますが、甘い菓子や、スナック菓子はだめで、どうしても小腹がすいたら、キーウィ、りんご、などの果物が良いということですよね。そしてその間食も寝る2時間前までに終わらせるのが理想です。

まとめると、常識的なことですが、ゆっくり食べる、寝る2時間前までに夕食を終える、夕食後の間食は控える(健康的なものを選択して、寝る2時間前までに終了すること)が太らない体をつくることだと言えます。

研究者によれば食習慣をこのように変えるだけでBMIやウエストサイズに影響がでて食事の速度を遅くするだけで肥満を解決する効果がでてくるそうです。肥満であることの健康リスクも減らすことが出来る訳です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *