脳が11才若返る野菜の摂取量とは?

脳の衰えを防ぐために必要な野菜の量はどれくらい?

葉物野菜は、ホウレン草やケールみたいに緑色の葉っぱタイプのことで、低カロリーで栄養が豊富です。

毎日どの程度食べるといいのかということですが、

ラッシュ大学の研究で、「脳をシャープに保つために最適な葉物野菜の量は?」ってデータがあります。(ソース)。というのも、葉物野菜には脳に欠かせない栄養素が多く入ってるので、頭を衰えさせたくないないなら必ず食べておくのがよいです。

一日1.3食分で脳の衰えが防げる

この研究は、1997年に始まった「記憶と老化プロジェクト」の参加者1,068人を対象にしたものです。2004〜2013年にかけて「普段どんなものを食べてるのか?」というアンケートに答えてもらい、そのうえで認知テストを毎年したそうです。

ちなみに、この研究の参加者は、スタート時の平均年齢が81才で、特に痴呆症にはかかっていない人だけを選んだとのことです。そこでどんな結果が出たかというと、

1日に1.3食分の葉物野菜を食べる人は、1日0.1食の人にくらべて脳が11才若い!

って感じです。11才の差ってのは凄いですね。

一日320mlの野菜

ここでいう「1食分」ってのは欧米の計算法で、日本式に直すと、

生の葉物野菜 =1カップ(240ml)
加熱した葉物野菜 =1/2カップ(360ml)

のようになります。つまり、1日に320mlぐらい葉物野菜を食べれば脳をシャープに保てるわけですから、意外と難しくない感じです。

また、このアンケートで名前が出ていた野菜は、

ホウレン草
ケール
コラード(ケールの一種)
レタス

などです。ケールやコラードは日本だとなじみがうすいので、ホウレン草のほかには春菊、小松菜、チンゲンサイ、ルッコラなど取り入れてみるのがよさそうです。

野菜をとにかく食べるのが良い

データを見ていると、一般的な人の思考力と記憶力テストの成績は1年間に0.08ポイントずつ下がっていきます。ところが葉物野菜をたくさん食べる人は、この低下が年に0.05ポイントになります。

微々たる差のようですが、10年のスパンでとらえた場合は、この差が11才の脳の若さに落ち着くわけです。1年ではちょっとの差でも10年たつと大きな差になるってことですね。

詳細を言えば、この実験では、魚の摂取量(オメガ3など)、アルコールの量、喫煙習慣、高血圧かどうか、肥満、学習レベル、普段の運動量、普段どれだけ頭を使ってるか?などの要素はすべて調整されています。これらの要素を取り除いたうえでも、葉物野菜には脳を11才若返らせる能力があったという訳です。

研究チームによれば、

この研究は、葉物野菜を食べれば脳の老化が遅くなることを証明したわけではない。あくまで関係性があっただけで、他にも可能性があったのかもしれない。

と、ちゃんと釘を刺してあります。

といっても、緑の野菜が体にいいのは間違いないし、近年では「厚労省が勧める野菜量は少なすぎる」(1日350gでは少なく、野菜の適量は800g)という見解もあるので、これからも葉物野菜を多く食べていきたいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *