自分の体内でどれだけ炎症を起こしているのか知るには?

慢性炎症は万病の元

慢性炎症は体を老化させるので、炎症が多い人ほど癌の発症リスクが高かったり(ソース)、糖尿病が悪化したり(ソース)と、万病の元と言えます。

さらに炎症で脳の働きが下がる記事を昨日書きましたし、炎症を起こさせない体であることは重要です。

すると、自分の体内に炎症を起こしているのか?をどうやって知るのかチェックしたいですよね。

血液検査で炎症レベルを調べるのは意外と難しい

でも炎症レベルを知る手軽な診断法はあまりないのです。一般的に炎症レベルを調べるときは、

  • CRP
  • インターロイキン
  • TNAアルファ
  • 赤血球沈降速度

というチェックすることが多いのですが、

  • 血液検査が必須だし、アンチエイジングドックなどで大金を払う必要があります(10〜15万円ぐらい)
  • 状況によって数値の変動が大きい(ストレスとかでも結構変動します)

などの問題点があって、意外と判断が難しいのです。

体内の炎症レベルは主観で判断して大丈夫

参考になるのが、有名医学誌BMJに掲載された調査(ソース)です。これによると、「体内の炎症は主観でわかる!」ようです。

具体的にどうすればいいかと言うと、以下の質問に答えるだけです。

全体的に見て、いまの時点で自分の「健康」は次のどれに当てはまりますか?

とても良い、

良い、

普通、

悪い、とても悪い

答えが「悪い」か「とても悪い」のいずれかだったら、体内の炎症は結構よくないレベルです。「普通」より上であれば、予防に徹していけば大丈夫です。
簡単すぎるくらいですね。

体調が悪い人は実際に炎症レベルも高い

これはスウェーデンで行われた研究で、4万9321人の若い男性を対象にしたものです。みんなに上記の質問をしたうえで、赤血球沈降速度という定番の炎症マーカーと比べました。

その結果、

健康が「悪い」と答えた人ほど、赤血球沈降速度の数字も悪かった
体重や喫煙、酒、運動、経済状況といった要素を調整しても、相関の強さに影響はなかった

ということです。つまり、

「なんか体調が悪い」と感じている人は実際に体内が炎症を起こしているのです。

運動しててもしてなくても、太っていてもが痩せていても、酒を飲んでも飲まなくても、とりあえず「体調が悪い」と感じれば体内で炎症が起きている可能性が高い

というわけです。お金もかからず、自分で判断するだけなので簡単ですね。

感情のコントロールも主観的な健康に関係

この研究では、さらに炎症のほかに「体調が悪い」と思わせる要素もリストアップされていて、

子供の頃の経済状況が悪かった人
痩せすぎ、または太りすぎの人
感情のコントロールが効かない人(怒りを我慢できないとか)


喫煙者
運動をしない人

などがあげられています。タバコや運動は当たり前ですが、感情のコントロールと主観的な健康が関係してるのは面白いところです。

まとめると、

自分の炎症レベルが気になる人は、まずは自分の健康レベルを5段階で採点してみてはどうでしょう。

今回の研究だけでなく、2012年にも「主観的に健康な人は体内の炎症性サイトカイン(細胞から分泌される低分子のタンパク質)が少ない」というデータ(ソース)が出てるので、自分でなんか調子悪いなと思ったら炎症がある可能性が高いということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *