1日1個のリンゴで医者いらずはどこまで真実なの?

りんごを丸ごと食べると食欲が抑えられて、満腹感が続くのでダイエットに効果的と考えられています。でもりんごはダイエットに役立つだけではなく、健康にも色々メリットがあって、「一日一個のリンゴで医者いらず」って言葉は正しいと言えます。

心臓の健康にいい

英国栄養協会が2010年にまとめたレビュー論(ソース)は、過去に出たリンゴの研究から信頼に足る9件を選んで、どれぐらいの効果があるかを確認したもので参考になると思います。

このレビューでは、おもに「リンゴのポリフェノールが心疾患に効くのか?」を調べていて、全体的に大きな結論を出ています。そのポイントは、

コレステロールを下げる効果は高い
高血圧を改善する作用もある

ということで、とりあえず心疾患のリスクファクターを改善する働きは高いです。だからといって長期的に心疾患の死亡リスクまで減るかは分かりませんが、リンゴのメリットは疑いないと言えます。

注意することは、

● アップルジュースを飲んでも意味はない

● リンゴの皮には、果実の57倍もポリフェノールがふくまれている

● ドライアップルには効果がある

ということです。リンゴを食べるなら、ジュースでもカット版でもなく丸ごと食べるのが一番です。

悪玉コレステロールを下げる

さらに、2012年にオハイオ州立大学が行った実験(ソース)では、1日1個のリンゴを食べた参加者は、月にリンゴを2個しか食べないグループにくらべて悪玉コレステロールが40%も下がったという結果があります。

これだけ見ると、確かに「 1日1個のりんごで医者いらず」って話に真実味がでてきます。

ダイエットに効果的

ハーバード大学の論文(ソース)によると、りんごのフラボノイドは体重維持に効果的です。
一日一個のリンゴで体重増加を防げるということです。

2013年ナバーラ大学がどうしてリンゴが体重維持にいいのかというメカニズムを調査したところ(ソース)、

リンゴのポリフェノールは、腸が糖を取り込む能力を上げる

リンゴのポリフェノールは脂肪細胞の成長を妨げる働きがあり、そのせいで体重の増加が抑えられる

さらには脂肪の分解も促進する作用がある

ということで、研究者は「リンゴは肥満に対処する機能性食品として役に立つ」と絶賛しています。リンゴをどれだけ食べると、体重の管理に役立つか分からないのですが、毎日1個食べるだけでも変わってくるのではと思います。

リンゴはがんに効果的?

2008年に、ドイツ癌リサーチセンターから「リンゴって癌にも効くのではないか?」というレビュー論文(ソース)まで出ています。こちらの結果は、、

リンゴには、遺伝子レベルで発癌を抑制するメカニズムがある

1日1個のリンゴで、皮膚がん、乳がん、大腸がんの予防になる可能性がある

ということでした。このレビューは生体外研究がメインなので確証はないのですが、心疾患リスクの減少や体重の増加防止に役立つ可能性はかなり高いので、がん予防もあるかもしれません。

まとめると、リンゴにはダイエット効果(体重増加を抑制)、心疾患のリスク減少、悪玉コレステロール低下、高血圧改善、さらにガンの予防にも効く可能性もあって、一日一個のりんごで医者いらずはまさに真実かなと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *