いくら食べても食欲がおさまらないのはなぜ?

なぜ人間の食欲は暴走するのでしょうか?

人間の脳には自動でスリムな体型を保とうとする「セットポイント」という仕組みが備わっているのですが、いったんこの機能が狂い出すと、どんなに頑張っても痩せない体になってしまいます。

その原因として大きいのが脳の混乱で、もう1つが細胞レベルの不調です。

前提として、セットポイントがきちんと動いていると、人間の体は一杯食べると空腹感が下がり、代謝が上がって消費する、あるいは、あまり食べないと空腹感が上がり代謝がさがり消費をひかえて、一定の体重をキープしようとがんばります。

ところが、いったん肥満になってしまった方のなかには、いくら食べても空腹感がおさまらず、逆に代謝は下がって脂肪が燃えないって状態になったりします。

これは「レプチン抵抗性」と呼ばれる現象で、ホルモンのバランスが崩れた状態です。

痩せるホルモン、レプチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンで、脳に「もう満腹です」と伝える役目を持ってます。

そのため、本当なら脂肪が多いほど簡単に満腹感を得られるはずなのですが、「レプチン抵抗性」がアップすると事態は大きく変わってしまいます。

脳がレプチンに反応しにくくなるので、どれだけ食べても食欲がおさまらなくなるのです(ソース)。肥満の人の中には、見ためはいくら太っていても脳のなかは飢餓状態と同じという人がいるということです。

では、なぜ「レプチン抵抗性」は起きるんでしょうか?

レプチン抵抗性の原因 1: ダメージ食品

脳がレプチンに反応しなくなる原因のひとつは、細胞にダメージを与える食品です。

具体的には、

  • オメガ6の摂り過ぎ昨日記事に書きましたが、オメガ6は不飽和脂肪酸の一種で、大豆油やキャノーラ油などに多くふくまれる成分です。西洋式の食事が多い人ほどオメガ6の摂取量も多い傾向があって、細胞のダメージ増えてしまいます。

    オメガ6の量が増えると、インシュリン抵抗性が高まったり(糖尿病のリスク)、甲状腺ホルモンが減ったり(慢性疲労や鬱病の原因)とさまざまな害が指摘されています(ソース1,ソース2,ソース3,ソース4,ソース5,ソース6)。

  • グルテンの摂り過ぎグルテンは小麦にふくまれるタンパク質の一種です。もちろん、生まれつきグルテンに強い人もいるので、いちがいには言えないですが、パンやパスタを食べて飢餓感やアレルギーなどが起きた場合は、なるべく摂取をひかえるのが良いかと思います。
  • 抗栄養素の摂り過ぎ
    抗栄養素とは、ビタミンやミネラルなどの吸収をブロックする成分です。
    これには様々な種類があって、主に小麦系の食品、豆類、玄米などにふくまれていて、リーキーガットを引き起こす原因になります。人によっては、ナッツ類でも問題が起きるケースがあるので、腸が弱い方は避けたほうが無難かもしれません。
  • トランス脂肪酸:
    市販のドレッシングやマーガリンにふくまれる成分で、細胞へのダメージはかなりの極悪レベルです。
    心臓病やアルツハイマーの原因とも言われていて、とりあえずは徹底的に食卓から排除すべき食品です。
  • アレルゲン:
    これはアレルギー体質の方に限定ですが、アレルギー反応は体に炎症や酸化が起きている証拠なので、細胞には大きなダメージが起きてしまいます。
    食品アレルギーのように、すぐには反応が出ないタイプの症状もあるので要注意です。

これらの食品は、摂り過ぎた場合に問題になるので、少量であれば、トランス脂肪酸以外はそこまで肥満の原因にはならないかとは思います。

ただし、毎日のようにベジタブルオイルで料理しつつパンを食べ続ければ、やがて蓄積されたダメージが自分の体にはね返ってくるので、なるべく量を減らしていくのがいいかと思います。

レプチン抵抗性の原因 2: 慢性的な過食

レプチン抵抗性が起きる原因の2つめは、慢性的な食べ過ぎです。

カロリーオーバーな食事が続くと、細胞は大きなダメージを受けることが知られていて(ソース1,ソース2)、血液にあふれだした栄養素が上手く吸収されなくなり、インシュリン抵抗性がどんどんあがってしまいます(糖尿病になりやすくなる)。

これはオメガ6やグルテンの摂り過ぎなどよりも深刻なので、つねに食べ過ぎの自覚がある人は、プチ断食を使って、定期的にカロリーを減らす日を作ってみたほうがよいかと思います。

レプチン抵抗性の原因 3: 慢性的なカロリー制限

慢性的な過食が良くないように、慢性的なカロリー制限も細胞はダメージを受けます。確かに一瞬だけ体重は減るんですが、すぐに筋肉量が減って代謝が落ちるのでリバウンドしやすくなります。

レプチン抵抗性の原因 4: 栄養不足

意外なほど多いのが、カロリーは足りているのに、栄養素が足りなくて太ってしまうことです。

たとえば極端な低脂肪ダイエットは細胞膜の再生をさまたげて代謝を落とすし、糖質制限ダイエットも行き過ぎると甲状腺ホルモンが減って脂肪が燃えにくくなることが分かっています。

同じく、 ビタミンやミネラルなどの微量栄養素の不足も、激しく体の代謝を落とす原因になりますのでちゃんと野菜を摂ることが必要です。

レプチン抵抗性の原因 4: 座りすぎ

椅子に座ると足の電気信号がストップして消費カロリーがどんどん減っていくうえに、脂肪を燃やす効果のある酵素の量も少なくなってしまいます。

実際、座り仕事が多い人は格段に肥満率が高いという論文(ソース)が多くあったり、

ガンや糖尿病の発症率が2倍にはね上がったり(ソース1,ソース2)、

遺伝子に異変が起きたり(ソース)、

食欲のコントロールが効かなくなったりと(ソース1,ソース2,ソース3)、良くないデータが一杯です。
可能ならスタンディングデスクを使うか、仕事の都合でどうにもならない人は、できる限り歩数を増やすように意識した方がいいです。

まとめると、上記にあげた原因でレプチン抵抗性がおきホルモンのバランスがくずれ食欲が暴走してしまうということです。

そうならないためにはダメージを与える食品をやめたり、過食、極端なカロリー制限など避けていきたいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *