老けた見た目になるストレスはお金の悩みだ!

老化の原因はいろいろありますが、「見た目」へのダメージが大きいのが、紫外線とストレスです。
紫外線による光老化の問題については、アメリカ皮膚学会の見解(ソース)などが参考になりますが、ここではストレスの話です。

当然ながらメンタルと見た目は密接につながってまして、若作りをしたり、自分は若いと思うだけで、実際にカラダの老化が遅くなっていきます。(ソース

若作りはアンチエイジングである!

2016年に出た論文(ソース)では、「もっとも見た目が老けるストレスはお金の悩みである!」研究結果があります。

ストレスといっても、「仕事のストレス」や「対人ストレス」などいろいろありますが、果たしてどれがもっとも見た目によくないのかを調べています。

これはブランダイス大学の研究で、200人の男女を対象にしたものです。1995年と2005年に全員の顔写真を撮影して10年間の老け具合をチェックしたうえで、さらにストレスのタイプとレベルを調べました。

結果は、

  • 金がなくて悩んでいる人ほど見た目が老けやすい!
  • ほかのどのストレスよりも、お金のストレスがもっともダメージが大きい!
  • お金に困ると、実年齢よりも老けてみられがちである!

となっています。

どんなストレスも良くないものの、金銭面のストレスが群を抜いて悪影響が大きかったようです。

この理由としては、

  • 大半の人にとっては、お金に関するストレスがもっとも心理的な負担が大きいから
  • お金に困ってる人は自分の身なりに構わなくなりがちだから

の2つが考えられています。

研究者によれば、

” 経済的なストレスが大きい人は、自分のルックスを注意を払わなくなりがちである。さらに、ストレスそのものが老化を加速させる。

実年齢よりも老けて見られると行動やライフスタイルが変わり、健康にまで悪影響が出てしまう。”

ということです。

見た目が若いお金持ちが多いのは、たんに身なりに金をかけられるだけでなく、ストレスによる老化の影響を受けにくいのが理由なのですね。

やはり経済的な自由はアンチエイジングにも重要ということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *