抗酸化力最強と言われてるアスタキサンチンの効果とは?

アスタキサンチンはベータカロチンなどと同じカロテノイドの一種で、サーモンとかえびの赤色を形作る色素です。

かなり抗酸化作用が高いことで知られていて、そのパワーはビタミンCの数千倍と言われてます。それで、アンチエイジングに効くのではないかと考えられています。

実際はどんな効果があるのか見ていきます。

抗酸化パワー

アスタキサンチンの抗酸化パワーを調べたデータの代表的なものは、

  • 過体重の成人が1日20㎎のアスタキサンチンを毎日12週間ほど続けたところ、脂質の酸化が減り、血液中の総抗酸化能が上がった。同時にLDLコレステロールの低下も見られた(ソース)
  • 健康なサッカー選手にアスタキサンチン4㎎を1日4回、90日間投与したところ、ベースラインの酸化パラメータと運動による酸化には影響を与えなかったが、クレアチンキナーゼとALT(筋肉ダメージのバイオマーカー)はプラセボと比較して減少した。(ソース)
  • 過体重または肥満の人にアスタキサンチン5㎎または20㎎を3週間飲んでもらったら、脂質の酸化が減少し、血中の総抗酸化能がベースラインと比較して121~125%向上した(ソース)

などがあります。

こうして見ると、肥満の人みたいに体内の酸化が進んでいる人には1日4〜20mgで効果が出るようです。ですが、普通体重の人への効果はよくわからないかもしれません。

中性脂肪とかへの影響

アスタキサンチンは中性脂肪にもいいかも?と言われるのですが、

  • 30人の男女にアスタキサンチン6㎎〜12㎎を摂取した試験では、特に中性脂肪への影響は認められなかった(ソース)
  • 20㎎のアスタキサンチンを毎日過体重の成人に投与したところ、12週間ではプラセボと比較して中性脂肪を低下させることはできなかった(ソース)

などの報告が出ています。

血中脂質に異常がある人には意味があるかもしれませんが、中性脂肪へは効果なさそうです。

美肌への影響

Beautiful senior woman checking her face skin and looking for blemishes. Portrait of mature woman massaging her face while checking wrinkled eyes in the mirror. Wrinkled lady with grey hair checking wrinkles around eyes, aging process. (Beautiful seni

アスタキサンチンは美肌にも良いと言われるのですが、

  • 65人の参加者にアスタキサンチンを毎日0㎎、6㎎、12㎎ずつ摂取してもらったところ、16週間後にはアスタキサンチン群はプラセボより肌の弾力がほんの少し改善したが、シワの量には差はなかった(ソース)

  • アスタキサンチン5%のクリームを健康な女性に1回1mLを1日2回ずつ、8週間にわたって使ってもらったところ、「カラスの足跡」が減少した(ソース)
  • また、健康な男性に3mgのアスタキサンチンを経口摂取してもらったら、8週間でしわの総面積と体積の減少が見られ、乾燥肌の人にのみ水分量の改善も見られた(ソース)

ということで、ほんの少し美肌に効くと言っていい感じですね。

まとめると、アンチエイジングに役立つ見込みはありそうですが、わざわざサプリとしてアスタキサンチンを摂取する意味はそうなさそうです(太り気味の人にはいいかもしれません)。

美肌に効く植物由来成分5つ

美肌に効く成分としては、いまのところビタミンAとビタミンCの研究例がずば抜けて多いですが、まともな実験データが増えてきたのが「植物系」です。

おもにオーガニック系のコスメでよく見かけるフレーズで、イソフラボンや植物性ヒアルロン酸とかが有名なところです。

その中から科学的根拠のあるものを5つ選んでみました。

ティーツリーオイル

アロマオイルとして有名なティーツリーオイルですが、実は美肌の効果も確認されています。2002年の論文によると(ソース) 、

  • アルファテルピネオールによる活性酸素とバクテリアの除去
  • テルピネン-4-オールによる炎症性分の抑制(インターロイキン10とか)
  • シネオールによる抗菌効果

というメカニズムが判明しています。

なかでも信頼できそうなのが2004年のデータ(ソース)で、123人を対象に5%のティーツリーオイルを使ってもらったところ、何もしなかった参加者より5.75倍もニキビが治ったということです。

ほかにもティーツリーオイルシャンプーでふけが減った(ソース)という実験データもあって、抗菌と抗炎症の効果が認められています。

グリーンコーヒー豆

グリーンコーヒー豆は、コーヒーの生豆のことで、光老化やシワに効く可能性が指摘されております(ソース)。

有名なのは2010年の試験(ソース)で、40人の女性に2週間ほどグリーンコーヒーを使ってもらったところ、

  • シワ
  • 肌の硬さ
  • 色素沈着
  • 肌荒れ
  • 光老化

などが有意に改善したそうです。

ピクノジェノール

ピクノジェノールは松の樹皮からエキスを抽出したもので、紀元前400年前にはソクラテスが「最強の薬」と呼んだ、由緒正しい成分です。

2010年のレビュー論文 (ソース)によると、

  • 抗アレルギー効果(ヒスタミンの反応をやわらげる)(ソース)
  • 抗炎症作用(炎症性の物質をおさえる)
  • 抗酸化作用(グルタチオンの劣化をおさえる)

などがメインの効能です。

なかでも良い感じなのが光老化を防ぐ効果で、2001年の実験(ソース)でもピクノジェノールで紫外線の肌ダメージが格段に減ったことが確認されています。

ザクロ

ザクロはフルーツとして食べる方が多いと思いますが、お肌にもよいことが確認されています。

2008年のレビュー論文(ソース)によると、抗菌と光老化対策への効果が高い感じです。

ほかにも体内の抗酸化物質(グルタチオン)の量を上げてくれたり、全身のむくみを取る作用もあるようです。

ある実験では、ザクロの抽出液を経口で摂取してもらったところ、紫外線による肌荒れと色素沈着が減ったということもわかっています。まだ研究データが少ないのが難点ですが、可能性はありそうです。

グレープシードエクストラクト

グレープシードは、ブドウの種子からエキスを抽出したもので、ビタミンE、リノール酸、レスベラトロールといった成分が豊富にふくまれています。

赤ワインのレスベラトロールはアンチエイジング?

2008年のレビュー論文(ソース)によると、

  • 活性酸素の除去
  • 抗炎症作用(TNFアルファの抑制)
  • 皮膚細胞の修復(ケラチノサイトを刺激する)

という効果が期待されています。

まだ人間を対象にした実験がないのが難点ですが、2007年の生体外実験(2)では、ビタミンCやEよりも肌の老化を防ぐ効果がみられたとのことです。

以上が、 美肌に効く植物系の成分でした。ティーツリーオイルとグリーンコーヒー豆は試してみたい感じですね。

ピクノジェノールはアレルギー肌の人にはいいかもしれません。

ローズマリーとグレープフルーツで目尻のシワが15%も減る!

アメリカ皮膚学会によれば、本当に必要なコスメは日焼け止めと保湿剤(ソース)だけです。

この2つさえちゃんと使えば、お肌の手入れは万全です。

最強のスキンケアはどれ?

紫外線が肌に悪いのは間違いないですが、いっぽうでは太陽の光を避けすぎるのも問題です。(ソース)なぜなら太陽光を浴びずにビタミンDが不足すれば、それはそれで肌が衰える原因になったりするからです。

抗酸化物質で内側から肌の劣化を防ぐ

というわけで、良く言われるのが「紫外線対策は内側から!」という考え方です。

太陽光で肌が劣化するのはUVAによる活性酸素がおもな原因なので、この悪影響を、抗酸化物質(活性酸素を安定させて酸化を防止する)で体内からリセットすればいいのではないか?という発想です。

抗酸化と美肌の関係はすでに何度か確認されていて、たとえば「ココアでシワが減った!」というデータが出ています。(ソース

これも、ポリフェノール(植物の色素などの成分で多くの抗酸化成分を含みます)による抗酸化のおかげだと考えられています。

ローズマリーとグレープフルーツの美肌効果が凄い

2016年に出た、ローズマリーとグレープフルーツによる美肌効果の研究(ソース)が参考になります。

2つの成分を抽出したサプリを使ったら、光老化によるシワが激減したという結果がでています。

実験の参加者は90人の女性で、平均年齢は52才です。全員を以下の3グループにわけて、2カ月ほど様子を観測しました。

  • ローズマリーとグレープフルーツサプリを1日100mg飲む
  • ローズマリーとグレープフルーツサプリを1日250mg飲む
  • 効果のないニセサプリを飲む

そのうえで、みんなの肌の酸化ダメージと目尻のシワの深さを計測したところ、

肌のダメージ
  • 100mgグループ:20%減
  • 250mgグループ:22%減
  • プラシーボ:変化なし
目尻シワの深さ
  • 100mgグループ:17%改善
  • 250mgグループ:15%改善
  • プラシーボ:変化なし

という結果でした。

また、サプリを飲んだグループは、肌の弾力性も4〜5%ほど良くなっていたということです。

この結果、かなり素晴らしいかと思います。なにせ、ココアが半年で最大6%の改善だった(ソース)のに対して、こちらは2カ月で15%もシワが減っています。

以上のことから、グレープフルーツとローズマリーのサプリは、なかなか有望な美容サプリと言えそうです。


抗酸化サプリに関しては抗酸化サプリは効かないどころか悪影響すらあるという考え方もあるので(ソース)、注意が必要です。

化粧品に入ってるアルコールは肌に悪いの?!

基礎化粧品には、アルコール(エタノール)を含むものがありますよね。

特に理由はないですがエタノールのツンとする感じが好きではないのでアルコールフリーを主に使ってますが、このエタノールは肌にとって乾燥などを引き起こすなどで良くないのでしょうか?

このエタノールは酒に入ってるるアルコールとほぼ同じもので、一部では、このエタノールが「肌を乾燥させる」とか「肌荒れになる」みたいに言われているようです。

化粧品にエタノールを入れる理由は、

  • フレグランスオイルなど水で分解できない物質を分解させるため
  • 皮膚から脂質、油分、ワックスを取り除くため
  • 保存剤として使うため
  • 成分を肌に浸透させるため

などです。

では、どうしてエタノールが良くないと言われるケースが多いのでしょうか?

  • なんかアルコールを使うと肌が炎症を起こしている感じがする(赤くなったりとか)
  • アルコールを肌に塗ると逆に乾燥するような気がする

といった証言が多かったりするからです。実際、いくつかの”生体外”研究(ソース1,ソース2)では、「エタノールが皮脂の分泌を乱す」といった結果もでていて、可能性としてはあるかもしれません。

これらの結果はあくまで人間の細胞を使ったもので、実際に生きた人間の肌で同じことが起きるかどうかは別の話です。

人間を対象にしたテストの結果は、

アルコールで肌は乾燥しやすくなるか?

  • 80%エタノールを5分間に50回ほど肌に塗りつける作業を1日に2回ずつ7日間続けたところ、水を塗った場合と肌の水分量の変化は変わらなかった(R)
  • 60〜80%エタノールを1日20回ぐらい手にすり込んでも、特に肌の水分量に有意な変化はなかった(R)

といった結果が大半で、どうも大量のアルコールをつけまくっても、水とくらべて特に乾燥しやすくなるわけではないということです。アルコールは肌につけてもすぐに揮発するので、そこまで影響がないのかもしれません。

アルコールで肌は炎症するか?

  • 70%のエタノールは、1日に20〜100回ずつ14日間続けて塗ったが、特に肌の赤みは水と変わらなかった(ソース)
  • 80%エタノールを塗りまくっても、やっぱり肌の赤みに変化はみられなかった(ソース)

というわけで、肌の赤みにつていも、やはり水と比べて特に大差はないってのが大方の結論のようです。

以上の話を見てると「アルコールは心配しなくて大丈夫」と判断できそうですが、なかには「でもアルコールを肌に塗ると嫌な感じがする」と私みたいに感じる人もいると思います。

この現象は、

  1. アルコールが肌の微細な傷から入り込む
  2. アルコールが神経の末端を刺激する
  3. 嫌な感じが起きる

という結果のようです、決してアルコールのせいで肌にダメージが起きてるわけでもないいということですね。

私みたいになんか嫌な感じがする人はアルコールフリーの化粧水などを使うといいと思いますが、基本的にアルコールは肌に乾燥や肌荒れなどの害はないということです。