抗酸化力最強と言われてるアスタキサンチンの効果とは?

アスタキサンチンはベータカロチンなどと同じカロテノイドの一種で、サーモンとかえびの赤色を形作る色素です。

かなり抗酸化作用が高いことで知られていて、そのパワーはビタミンCの数千倍と言われてます。それで、アンチエイジングに効くのではないかと考えられています。

実際はどんな効果があるのか見ていきます。

抗酸化パワー

アスタキサンチンの抗酸化パワーを調べたデータの代表的なものは、

  • 過体重の成人が1日20㎎のアスタキサンチンを毎日12週間ほど続けたところ、脂質の酸化が減り、血液中の総抗酸化能が上がった。同時にLDLコレステロールの低下も見られた(ソース)
  • 健康なサッカー選手にアスタキサンチン4㎎を1日4回、90日間投与したところ、ベースラインの酸化パラメータと運動による酸化には影響を与えなかったが、クレアチンキナーゼとALT(筋肉ダメージのバイオマーカー)はプラセボと比較して減少した。(ソース)
  • 過体重または肥満の人にアスタキサンチン5㎎または20㎎を3週間飲んでもらったら、脂質の酸化が減少し、血中の総抗酸化能がベースラインと比較して121~125%向上した(ソース)

などがあります。

続きを読む

美肌に効く植物由来成分5つ

美肌に効く成分としては、いまのところビタミンAとビタミンCの研究例がずば抜けて多いですが、まともな実験データが増えてきたのが「植物系」です。

おもにオーガニック系のコスメでよく見かけるフレーズで、イソフラボンや植物性ヒアルロン酸とかが有名なところです。

その中から科学的根拠のあるものを5つ選んでみました。

ティーツリーオイル

アロマオイルとして有名なティーツリーオイルですが、実は美肌の効果も確認されています。2002年の論文によると(ソース) 、

  • アルファテルピネオールによる活性酸素とバクテリアの除去
  • テルピネン-4-オールによる炎症性分の抑制(インターロイキン10とか)
  • シネオールによる抗菌効果

というメカニズムが判明しています。

なかでも信頼できそうなのが2004年のデータ(ソース)で、123人を対象に5%のティーツリーオイルを使ってもらったところ、何もしなかった参加者より5.75倍もニキビが治ったということです。

続きを読む

ローズマリーとグレープフルーツで目尻のシワが15%も減る!

アメリカ皮膚学会によれば、本当に必要なコスメは日焼け止めと保湿剤(ソース)だけです。

この2つさえちゃんと使えば、お肌の手入れは万全です。

最強のスキンケアはどれ?

紫外線が肌に悪いのは間違いないですが、いっぽうでは太陽の光を避けすぎるのも問題です。(ソース)なぜなら太陽光を浴びずにビタミンDが不足すれば、それはそれで肌が衰える原因になったりするからです。

抗酸化物質で内側から肌の劣化を防ぐ

というわけで、良く言われるのが「紫外線対策は内側から!」という考え方です。

太陽光で肌が劣化するのはUVAによる活性酸素がおもな原因なので、この悪影響を、抗酸化物質(活性酸素を安定させて酸化を防止する)で体内からリセットすればいいのではないか?という発想です。

続きを読む

化粧品に入ってるアルコールは肌に悪いの?!

基礎化粧品には、アルコール(エタノール)を含むものがありますよね。

特に理由はないですがエタノールのツンとする感じが好きではないのでアルコールフリーを主に使ってますが、このエタノールは肌にとって乾燥などを引き起こすなどで良くないのでしょうか?

このエタノールは酒に入ってるるアルコールとほぼ同じもので、一部では、このエタノールが「肌を乾燥させる」とか「肌荒れになる」みたいに言われているようです。

化粧品にエタノールを入れる理由は、

  • フレグランスオイルなど水で分解できない物質を分解させるため
  • 皮膚から脂質、油分、ワックスを取り除くため
  • 保存剤として使うため
  • 成分を肌に浸透させるため

などです。

続きを読む