化粧品に入ってるアルコールは肌に悪いの?!

基礎化粧品には、アルコール(エタノール)を含むものがありますよね。

特に理由はないですがエタノールのツンとする感じが好きではないのでアルコールフリーを主に使ってますが、このエタノールは肌にとって乾燥などを引き起こすなどで良くないのでしょうか?

このエタノールは酒に入ってるるアルコールとほぼ同じもので、一部では、このエタノールが「肌を乾燥させる」とか「肌荒れになる」みたいに言われているようです。

化粧品にエタノールを入れる理由は、

  • フレグランスオイルなど水で分解できない物質を分解させるため
  • 皮膚から脂質、油分、ワックスを取り除くため
  • 保存剤として使うため
  • 成分を肌に浸透させるため

などです。

では、どうしてエタノールが良くないと言われるケースが多いのでしょうか?

  • なんかアルコールを使うと肌が炎症を起こしている感じがする(赤くなったりとか)
  • アルコールを肌に塗ると逆に乾燥するような気がする

といった証言が多かったりするからです。実際、いくつかの”生体外”研究(ソース1,ソース2)では、「エタノールが皮脂の分泌を乱す」といった結果もでていて、可能性としてはあるかもしれません。

これらの結果はあくまで人間の細胞を使ったもので、実際に生きた人間の肌で同じことが起きるかどうかは別の話です。

人間を対象にしたテストの結果は、

アルコールで肌は乾燥しやすくなるか?

  • 80%エタノールを5分間に50回ほど肌に塗りつける作業を1日に2回ずつ7日間続けたところ、水を塗った場合と肌の水分量の変化は変わらなかった(R)
  • 60〜80%エタノールを1日20回ぐらい手にすり込んでも、特に肌の水分量に有意な変化はなかった(R)

といった結果が大半で、どうも大量のアルコールをつけまくっても、水とくらべて特に乾燥しやすくなるわけではないということです。アルコールは肌につけてもすぐに揮発するので、そこまで影響がないのかもしれません。

アルコールで肌は炎症するか?

  • 70%のエタノールは、1日に20〜100回ずつ14日間続けて塗ったが、特に肌の赤みは水と変わらなかった(ソース)
  • 80%エタノールを塗りまくっても、やっぱり肌の赤みに変化はみられなかった(ソース)

というわけで、肌の赤みにつていも、やはり水と比べて特に大差はないってのが大方の結論のようです。

以上の話を見てると「アルコールは心配しなくて大丈夫」と判断できそうですが、なかには「でもアルコールを肌に塗ると嫌な感じがする」と私みたいに感じる人もいると思います。

この現象は、

  1. アルコールが肌の微細な傷から入り込む
  2. アルコールが神経の末端を刺激する
  3. 嫌な感じが起きる

という結果のようです、決してアルコールのせいで肌にダメージが起きてるわけでもないいということですね。

私みたいになんか嫌な感じがする人はアルコールフリーの化粧水などを使うといいと思いますが、基本的にアルコールは肌に乾燥や肌荒れなどの害はないということです。

最強のスキンケアはどれ?

ちまたにはありとあらゆる化粧品があって、どれを使えば良いのか、高いからいいのか?迷いますよね。今は、高級なブランドの化粧品はほぼ使用せず極めて簡単にしています。

アメリカ皮膚科学会(ソース)によれば、

皮膚科医が認める有効なアンチエイジング商品は、日焼け止めと保湿剤です。この2つを毎日使うだけでも大きな違いが出ます。多くのアンチエイジング商品が効くのは、要するに保湿剤が入っているおかでです。

日焼け止め!ワセリン!レチノール!

JCIの2012年論文はエビデンスのレベルは低いのですが、結論にいたるまでの参照文献はちゃんとしていて、フェイシャルマッサージや高級スキンケア商品などの効果をチェックしていき、その大半を「無駄!」とバッサリ切り捨てていった結果、残ったのは、

日焼け止め、ワセリン、レチノールを使おう!

です。 続きを読む